建設業界において競争力をつけるための7つの方法

ほとんどの建設会社が右肩上がりの成長を遂げていたのは、さほど昔のことではありません。企業の拡大に伴い、競争が激しくなり、利益率が減少しました。過去3年間においては、国内の多くの地域で建設の仕事が一定した減少傾向にあり、より多くの企業が少なくなった仕事をめぐり競い合っています。競争し続けるためには、競合他社とは違う何かをすることによって差をつけ、入札合戦で優勢に立つ必要があります。

より効果的に競争を展開するための7つの方法

  1. 強みを新たなセグメントで活かす
    お客様の会社が得意とするプロジェクトを精査します。同様の強みが有効活用できる他の仕事を探します。ホーム・リモデリングは、ほとんどの地域で急増しています。一部の地域では、医療施設の建設は200 %以上の増加となっています。お客様の安心領域外の新分野の入札に最低3度参加してみてください。
  2. 新規顧客を開拓する
    ビジネスを増やすためにあらゆる場所を模索します。ホームセンターは多くの独立請負業者と提携しています。これらのリストに加わることを検討します。お客様の作業員に注目してください。特別なスキルを持つ作業員がいる場合、何か新しい仕事に入札しこれらのスキルを活用します。
  3. もう少しリスクを負うことで、報酬もその分増加する
    チャンスは至るところにあります。ただし、これらの獲得を目指すことが必要です。好条件の不動産を見つけ、修繕してみてはどうでしょう?これを賃貸しすることもできますし、 転売することもできます。すべてお客様の最終的な利益と会社の成長につながります。
  4. 従業員による収益の確保とコスト削減への取組みを図る
    達成可能な収益およびコスト削減目標を設定します。お客様の現在の状況、またどこまで改善する必要があるのかについて、チームに正直に説明します。チームの助けを求めます。利益をチームで分配できるようにし、動機付けします。従業員は多くの良いアイデアを持っています。皆で集まりアイデアを出し合うことを習慣にします。
  5. 新たなテクノロジを探求する
    テレマチックが業界に旋風を巻き起こしています。リサーチを行い、より多くのデータを使用することが、より効率的で効果的な運営にどのようにつながるのかを理解します。コストの追跡、プロジェクトの管理、建物のモデル作成に役立つ多数のソフトウェア・アプリケーションが市場に出ています。自動化および組織化が、どのようにお客様の提案や入札に新たなインテリジェンスをもたらすのかを調査します。 
  6. ネットワークを拡大する
    今までとは異なる新しいプロジェクトを確保したい場合、新たな窓口との接触を図る必要があります。お客様の既存の顧客、サプライヤ、エンジニア、整地業者、建築家など、すべての人脈を利用して情報を集めます。職業的なネットワーキング・サイトに登録していない場合は、何か1つのサイトに登録します。既にメンバーになっている場合は、情報を更新し、そこで頻繁に掲載や交流を行います。
  7. 自社のブランドを客観的に見てみる
    請求や書類作成からトラックや現場の状況まで、あらゆる段階でのお客様の会社の印象について、一歩離れて考えてみます。新たなマーケティングは必要か?スポンサーになって投資すべきか?何らかの方法でコミュニティをサポートすることができるか?お客様が高く評価する慈善事業または基金で、援助できるものはあるか?これらのいずれもが、お客様の露出機会や肯定的な認知度を向上させる可能性を持っています。