出力密度、燃費、信頼性、柔軟な取付けコンフィギュレーションに高い基準を定めたCaterpillar EU Stage Vエンジン

出力密度、燃費、信頼性、柔軟な取付けコンフィギュレーションに高い基準を定めたCaterpillar EU Stage Vエンジン

世界リリース向け: 2018年4月
リリース番号: 284PR18

Caterpillar社は現在、2シリンダのC0.5から12シリンダ、32リットルのC32までの産業用製品ライン全域にわたって、優れた生産性、燃料効率、出力密度を実現するEU Stage V準拠エンジンを開発しています。Cat ® Stage Vエンジンが目指しているのは、高められた生産性と燃料効率、および極めて高い信頼性によって、より高効率のアフタートリートメントシステムの開発、OEMメーカー製品への簡単な取付け、OEM製品を使用するエンドユーザーへの付加価値提供などを可能にすることです。

一例として、Cat C9.3Bエンジンは、業界最新の最も厳しいEU Stage V排出ガス規制の要求事項に、10ヶ月以上も先駆けて認証を受けており、現在生産に入っています。

"7.2~18リットルエンジンの研究開発を担当する製品ディレクターのJeff Mooreは、C9.3Bの認証取得をCaterpillar社でも特筆すべきマイルストーン""であると述べています。このエンジンはシンプルな軽量パッケージながら、出力とトルクが改善されており、信頼性と耐久性に対するお客様の期待に沿うものと確信しています。Caterpillar社は、ラボ環境とお客様の現場のいずれでもエンジンを限界までテストして、C9.3Bの利点を実証しています。"

6シリンダ、9.3リットルのC9.3Bエンジンは、2011年より生産されているコアエンジンをベースに設計されています。ベースとしたエンジンは、実際のダンプ用途で2億時間を超える運転時間を記録しています。Caterpillar社は、定評ある高い信頼性を誇るコアエンジンをもとに、ディーゼルパーティキュレートフィルタ(DPF)で蓄積された豊富な経験を駆使して、シンプルな設計、性能の向上、設置の複雑さの低減に注力してEU Stage Vエンジンを開発しています。

C9.3Bには高圧/コモンレール燃料システムが新たに採用されており、空気系、電気系、アフタートリートメントシステムが簡便化され、最大340 kW(456 hp)の出力と2,088 Nm(1,540 lb-ft)のトルクを発揮します。先行機に比べて、出力が18 %、トルクが21 %向上しており、質量は12 %軽減されています。

""以上の改善によって、性能の向上、燃料消費量の最大3 %削減、寒冷時の優れた始動性能などの利点がエンドユーザーにもたらされると、Mooreは語っています。

"特許取得済みのアフタートリートメントテクノロジによりコンパクトで軽量の設計が実現し、EU Stage IV/Tier 4 Finalコンフィギュレーション比で39 %小型化、55 %軽量化されました。さらに、新設計では特別の操作なく再生が可能で、確実に車両性能とアップタイムが最適化されます。"

9~18リットルのCatエンジンと同様、C9.3Bには工場取付けのエンジン搭載型アフタートリートメントシステムとラジエータなど、各種コンフィギュレーションをご用意しています。全部で2,000を超える独自のコンフィギュレーションが、C9.3B用にご利用いただけます。

"Caterpillar社は、すべてのお客様が設計、製造、検証のリソースを同じ規模で用意できるわけではないことを理解している"と、Mooreは述べています。"そのため、Caterpillar社はOEMの各種要件に対応できるよう製品を柔軟に設計しているので、設置コストを低く抑えることができます。"

C9.3Bエンジンのほかにも、Cat EU Stage Vエンジンラインアップには、12.5リットルのC13B大型エンジンも取り揃えています。C13BにはC9.3Bと同様のテクノロジが採用されており、定格出力は430 kW(577 hp)になります。

Caterpillar社は、既存のC13、C15、C18 EU Stage IV/U.S. EPA Tier 4-Finalエンジンでも、EU Stage V排出ガス基準認証を進めています。既存のエンジンがStage V認証を受けた後も、お客様とのインターフェイスポイントに変更はなく、DPFに若干の変更が生じる程度ですので、製品の全体的な改善のみを享受できます。このシリーズのCatエンジンとDPFソリューションは、現場で約1億7,000万時間を達成しています。

Caterpillar社では、5月よりEU Stage V適合のC13からC18エンジンの受注を開始する予定です。受注したエンジンの出荷は、10月を予定しています。C13Bは2019年に発売予定です。

C9.3Bおよび出力250~597 kW(335~800 hp)の全Cat製品は、2ラベル認証 - EU Stage V/U.S. EPA Tier 4-Final(およびオフロード法2014年/韓国Tier 4-Final) - を取得する予定です。この柔軟性により、お客様は多くの地域で共通の製品、部品、サービスを開発できるようになります。規制の緩い国向けの製品にも共通のコアエンジン部品、マシンインターフェイス、制御構造が採用され、同等の性能を発揮するため、Cat製品シリーズは、Catディーラネットワークでサポートされる世界各地のお客様に最適です。

Stage Vエンジンの詳細は、www.cat.com/stagevをご覧ください。 Catエンジン各シリーズの詳細については、www.cat.com/industrial-oemをご覧ください。最寄りのCatディーラは、www.cat.com/dealer-locatorで検索してください。

 

# # #

編集担当者様へのお願い: Caterpillar社の新しい製品およびサービスの発売時期は地域により異なります。Caterpillar社では、製品やサービスが当該地域で入手可能になったかを、ディーラネットワーク、工場およびマーケティング子会社に確認してから製品情報を発表するよう最善を尽くしていますが、編集担当者様におかれましても、お近くのディーラで製品の販売状況や仕様をご確認いただきますようお願い申し上げます。

CAT、CATERPILLAR、それらの各ロゴ、"Caterpillar Yellow"および"Power Edge"のトレードドレスは、ここに記載されている企業および製品と同様に、Caterpillar社の商標であり、許可なく使用することはできません。

©2018 Caterpillar All Rights Reserved

 

プレス向けお問い合わせ先

Caterpillarトレードプレスメディア担当者

南北アメリカ

Sharon Holling: Holling_Sharon_L@cat.com

Johanna Kelly: Kelly_Johanna_L@cat.com

ヨーロッパ、アフリカ、中東地域

Francine Shore: Shore_Francine_M@cat.com

このリリースについてのご意見やご要望はこちらへwww.cat.com/requestCatinfo