Cat® 824Kホイール・ドーザは優れた生産性を発揮するだけでなく、長期にわたる耐久性のため、再販時も高値で販売可能

世界リリース向け: 2014年9月
リリース番号: 285PR14

新型Cat® 824Kホイール・ドーザは、従来モデルの確かな性能に加え、技術改善により、パワー・トレーン、運転室、構造、安全性、整備性、機械の管理などがさらに向上しました。804Kの出力定格は405 hp(302 kW)、最大運転質量は74,966 lb(34 004 kg)です。また、使用できるブレードには、容量6.6~21.1 yd3 (5.0~16.2 m3)の6種類があり、成形、積上げ、片付けなどの作業に合わせて使い分けることができます。

The Cat C15 ACERT™エンジンには、電子制御燃料供給システム、エンジン・アイドリング停止システムが採用されており、アイドリング時間を制限することで燃料を節約します。また、遅延エンジン・シャットダウンの働きにより、作動温度が安定するまではエンジンが停止しないようになっています。Catトルク・コンバータのロックアップ・クラッチは、ドライブ・トレーンの動力損失とシステムから発生する熱の両方を削減することで、ドライブ・トレーン効率、燃料経済性、走行速度をさらに向上させています。エンジンには、 EPA Tier 4 Final/EU Stage IV排出ガス基準またはU.S.EPA Tier 3/EU Stage IIIAと同等の排出ガス基準に適合した2つのオプションがあります。

ドライブ・トレーン効率をさらに高めたい場合には、シフトがスムーズな電子制御Catパワー・シフト・トランスミッション(前進4速/後進4速)を作動させてください。これにより、機械は走行速度に応じてシフトアップ、シフトダウンを自動的に行います。さらに、シングル・クラッチ・スピード・シフティング・コントロールのおかげで、824Kはどの速度段でも駆動力を発揮するので、高い生産性と優れた燃費を実現できます。

エンジン・デセラレータ、トランスミッション・ニュートラライザ、ブレーキというように、作業の程度によって違った役目をする左フット・ペダルのおかげで、運転効率とオペレータの利便性の両方が向上しました。障害物周りでの操縦ではデセラレータとして使用でき、オペレータが左ペダルを踏むとスロットル・ロックが解除され、一時的にエンジン・スピードを緩めることができます。さらに、新しいフュエル・タンクのおかげで、最低でも12時間(用途による)の運転が可能になりました。オプションのタイヤ圧力モニタリング・システムを使用すると、オペレータはキャブ内でリアル・タイム情報を知ることができます。その結果、タイヤの空気圧を適正に保つことができ、タイヤの寿命を最大限伸ばすことができます。

STIC™(Steering and Transmission Integrated Control、ステアリング/トランスミッション統合コントロール)システムにより、1本のレバーだけでステアリング操作とトランスミッション制御を行うことができます。STICレバーを左右に動かすだけで、左右どちらにも43 °までの屈曲旋回を正確に行うことができます。また、レバーに配置されたボタンを指先で操作することで、方向転換やシフト変更ができます。

オペレータ環境
824Kはオペレータの利便性と安全性を最重視して設計されています。例えば、傾斜が緩くなったライト付き階段を使えば、キャブへの乗り降りが安全にできます。STICアームレストは折りたたむとスペースができるので、シートへの乗り降りが楽にできます。また、Cat Comfortシリーズのエア・サスペンション・シートには、非常に厚みのあるクッションが装備されており、シートを調節するときには、付属の電気 - 油圧式STICコントロール・ポッドと電気 - 油圧式作業装置コントロール・ポッドがシートに連動して移動します。

キャブはアイソレーション・マウント式でフレームに固定され、空気清浄機能を装備した加圧式です。設定温度に自動的に維持されます。コントロール・パネルには、LEDインジケータを採用したバックライト付きの大型スイッチが装備されており、2ポジション・ロッカ・スイッチでパーキング・ブレーキを簡単に操作できます。オプションのリアビュー・カメラは、画像をキャブ内のモニタに映すことができ、オペレータは状況をより確実に把握できます。

整備性と機械管理
824Kでは、整備時の安全性を高めるために、手すり付きで滑り止め処理をした通路または地上面から届きやすい場所に、定期メンテナンス・ポイントをまとめました。エンジン・コンパートメントの両側に設置されたスイング式ドアから、日常点検ポイントに容易にアクセスできる他、エコロジー・ドレーンによって整備が簡素化され、流出を防止します。さらに、地上作業用サービス・センタには、電気系統ディスコネクト、緊急エンジン・シャットダウン、階段の照明の各スイッチが装備されています。

整備性をさらに強化するために、Cat重要情報管理システム(VIMS™ 3G, Vital Information Management System 3G)が内蔵され、オペレータは、タッチスクリーン・インターフェースの付いた見やすいグラフィック・ディスプレイによって、機械稼働状況を常時把握することができるようになりました。機械監視機能も拡張され、Cat Product Link™システムから、イベント・コードや診断コードの他、作業時間、燃料レベル、アイドル時間などのデータを得ることができます。このような情報は安全が確保されたウェブベース・アプリケーションのVisionLink®に転送され、機械の所有者とディーラに稼働時間とアイドル時間の対比、マップ機能などの情報を伝達します。

耐久性に優れた構造
824Kは特定用途向けに頑丈な設計になっているだけでなく、ヘビーデューティ仕様のコンポーネントも採用しており、そのおかげで複数回にわたる再生も可能です。また、リア・フレームは全体が箱型断面構造となっており、過酷な押土作業で受ける、ねじれ力や衝撃に耐えることができます。ステアリング・シリンダ・マウントは、ステアリングの負荷を効率的にフレームに逃すよう設計されています。アクスル・マウントはヘビーデューティ仕様のコンポーネントで、構造全体の健全性に貢献しています。この頑強な設計のおかげで、824Kは大幅なコスト削減をすると同時に、製品の寿命が来るまでずっと最高の性能を発揮できるのです。

824K Wheel Dozer Specifications

   
Engine Cat C15 ACERT
Net power, hp (kW) 405 (302)
Torque, net, lbf-ft (N∙m) 1,479 (2 005)
Emissions rating Tier 3/Stage IIIA equivalent or
Tier 4 Final/Stage IV
Operating weight, lb (kg) 74,966  (34 004)
Blade capacities, yd³ (m³) 6.6-21.1 (5.0-16.2)
Transmission type 4F/4R planetary PS
Travel speed, mph (km/h) 21.6 (34.8)

製品情報の詳細

製品情報の詳細は以下のリンクからご覧いただけます。

印刷媒体

プレースホルダ画像
土を積み上げるCat 824Kホイール・ドーザ。

高解像度画像のダウンロード

プレースホルダ画像
地面を整えるCat 824Kホイール・ドーザ。

高解像度画像のダウンロード

プレースホルダ画像
岩を移動させるCat 824Kホイール・ドーザ。

高解像度画像のダウンロード

###

編集担当者様へのお願い: Caterpillar社の新しい製品およびサービスの発売時期は、地域により異なります。Caterpillar社は製品やサービスが当該地域で入手可能か、ディーラネットワーク、工場およびマーケティング子会社に確認してから製品情報を発表するよう最善を尽くしていますが、編集者の方々にもお近くのディーラで製品の販売状況や仕様を確認いただくようお願いいたします。

プレスお問い合わせ先

Catトレード・プレス・メディア担当者

南北アメリカ
Sharon Holling: Holling_Sharon_L@cat.com
Johanna Kelly: Kelly_Johanna_L@cat.com

ヨーロッパ、アフリカ、中東地域
Francine Shore: Shore_Francine_M@cat.com

代表メールアドレス
Cat_Trade_Press@cat.com

このリリースについてのご意見・ご要望はこちらへ
http://www.caterpillar.com/en/contact.html