新型Cat® 311F RR油圧ショベルは燃料を節約し、優れた性能を発揮

北米、日本 向けリリース: 2014年3月
リリース番号: 36PR14

新型Cat® 311F RR油圧ショベルは、さまざまな作業をこなし、オペレーティング・コストを低減でき、ビジネス・ニーズに適合するハイパワーの機械をお求めの請負業者に最適です。 正味馬力70 hp(52 kW)のC3.4Bエンジン駆動で、米国 EPA Tier 4 Final排出ガス基準に適合するほか、新型機械は側面からのテール・スイングをわずか20 in(508 mm)に制限する小さい旋回半径を特徴とし、狭い作業現場に理想的です。 大きな5,400 lb(2,450 kg)のカウンタウエイトにより、従来機と変わらぬ安定性と作業能力を備える一方、独自の設計により、フルサイズの転倒時運転者保護構造(ROPS、Roll-Over Protective Structure)キャブを実現しました。 サイズはコンパクトでも、過酷な掘削に動力を提供し、さまざまなワーク・ツールに容易に対応するハイドロリック・システムと燃料節約機能によって、完璧な仕上がりになっています。

排出ガス制御の状況は、311F RRのオペレータが自分で操作したり、作業サイクルを中断したりすることなく、一目瞭然で把握できます。 エンジン・アイドリング停止機能は、あらかじめ設定したアイドリング時間が経過すると自動的にエンジンを停止し、ECOモードは、その時点の作業に合わせて機械性能を調整します。 お客様にとっては、燃料消費量の低減や整備間隔の延長などのメリットがあります。 さらに、最大B20のバイオディーゼル混合燃料を使用できるため、燃料節約の可能性がさらに広がります。

311F RRのパワフルなハイドロリック・システムは、主要コンポーネントを近くに配置しているため、摩擦損失や圧力低下を抑えることができます。 このシステムは制御レバーの動きに比例して応答し、必要な場所に適切なタイミングで正確に流量を供給するため、ポンプの負荷を低減し、燃料を節約できます。 また、ブームとスティック・シリンダのオイルを再生することによって燃料をさらに節約でき、無駄にタンクへ戻すことなく、シリンダのヘッド・エンドからロッド・エンドへ送達できます。 オプションの補助ハイドロリック・システムとカプラはワーク・ツールに幅広く対応するため、機械の汎用性が向上しました。

311F RRの主要構造は長期の耐久性を考慮して設計されています。 上部フレームには、頑丈なキャブに対応できるように特殊なマウントが組み込まれていて、標準ロング・アンダキャリッジには幅広い用途で長い耐用年数が得られるように高抗張力鋼製のコンポーネントが採用されています。 リーチ・ブームおよびスティックには、強度を高めるために内部バッフル・プレートが使用されており、超音波検査により溶接品質を確認済みです。 さらに、多数の厚板で構成される箱型断面構造では、ブーム・フット、ブーム・ノーズ、シリンダ・マウント、スティック・フットなどの強い応力を受ける部分に高強度の鋳造鋼と鍛造鋼を採用しました。

キャブ内には、多数の通気口の付いた自動空調制御システムがフィルタに通した空気を供給します。シートについては、エア・サスペンション式、ヒータ付、クーラ付などから選択できます。 ジョイスティック・コントロール・コンソールはオペレータの好みに合わせて調節でき、右側のコントローラには"ワン・タッチ"ボタンが組み込まれており、簡単にエンジン・スピードを下げたり、元に戻したりすることができます。 オプションの"クイック・チェンジ"パターン・チェンジャにより、オペレータは最適な動作パターンを選択できます。 42ヵ国語でプログラムできるLEDモニタには、重要な操作情報とオプションのリアビュー・カメラからの画像が表示されます。

キャブの広々としたガラスからは全周を見渡すことができます。 分割構造のウインドシールドの上部は屋根に収納でき、下部はキャブの内壁に収納できます。 大きなスカイライトは良好な視界を確保するほか、緊急用の避難口としても使えます。 ハロゲン・ライトは、十分な照度を確保するほか、エンジン停止後最長90秒間点灯するようプログラムすることもできます。

大きなサービス・ドアを開いた状態でしっかりとラッチすることによって、フィルタやフルード・タップなどの定期サービス・ポイントに地上からアクセスできます。また、給脂ポイントにも地上から楽に手が届きます。 ラジエータとエア・コンディショナ・コンデンサ間のスクリーンによって清掃が楽になり、換気フィルタにはキャブの外側から容易に手が届きます。 定期メンテナンス時には、燃料タンクのドレーン・コックから水と沈殿物を簡単に排出でき、フュエル・レベル・インジケータがタンクの過充填リスクを低減します。

Cat Connect技術は、お客様がCatの機械をご利用いただくことで価値を高め、作業現場の効率を改善するお手伝いをします。 オプションのProduct Link™システムを始めとするLINKテクノロジのおかげで、所有者は機器にワイヤレスで接続でき、オンラインのVisionLink®ユーザ・インターフェイスを介して、位置、時間、燃料消費量、アイドル時間、イベント、診断コードなどの、分析と報告に重要な機械データにアクセスできるようになりました。 LINKの情報は、事実に基づく意思決定を支援し、効率の向上、所有コストと運転コストの削減に役立ちます。 詳しくは、お近くのCatディーラにお問い合わせください。 www.cat.comでお近くのディーラを検索してください。

機械仕様

運転質量(最大)

30,600 lb(13,900 kg)

定格出力(SAE)

70 PS(52 kW)

走行速度(最高)

3.4 mph(5.4 km/h)

けん引力

25,696 lbs(114.3 kN)

掘削深さ

18' 4"(5,590 mm)

リーチ

26' 7"(8,100 mm)

バケット容量

0.27 yd3~1.0 yd3

 

http://conexpo.cat.com/

画像1

画像2

# # #

編集担当者様へのお願い: Caterpillar社の新しい製品およびサービスの発売時期は、地域ごとに異なっています。製品情報の公開は、Caterpillar社がディーラ・ネットワーク、工場、マーケティング子会社に、製品およびサービスがその地域において提供可能になったことを確認してから行うよう最大限に努力していますが、製品の入手可否および仕様については、編集担当者様から地域のディーラへご確認くださるようお願いいたします。

プレスお問い合わせ先

Catトレード・プレス・メディア担当者

南北アメリカ
Sharon Holling: Holling_Sharon_L@cat.com

ヨーロッパ、アフリカ、中東地域
Francine Shore: Shore_Francine_M@cat.com

代表メール・アドレス: Cat_Trade_Press@cat.com

このリリースについてのご意見・ご要望はこちらへ
www.cat.com/requestCatinfo