326

新型Cat® 326次世代油圧ショベルは、高効率で、高性能の掘削およびリフト能力を実現しています

シンプルで使いやすい標準的なCaterpillarテクノロジにより、オペレータの効率が最大45 %向上

新型Cat® 326油圧ショベルは、シンプルで使いやすい統合テクノロジにより優れた性能を発揮し、従来のモデルに比べて効率が最大45 %向上しています。この26トンクラスのモデルは、燃費の向上、メンテナンスコストの削減、および新型キャブ設計によるオペレータの快適性の向上を実現しています。1時間当たりの性能を低コストで提供し、高い信頼性を誇ります。

新型Cat 326の設計上の核心は、操作の簡潔さです。Bluetooth®キーフォブや独自のオペレータID機能を使用したリモート始動から、オペレータに合わせてプログラムできるパワーモードやジョイスティック設定に至るまでのさまざまな機能により、この油圧ショベルはこれまで以上に操作がしやすくなっています。203 mm(8 in)高解像度タッチスクリーンモニタにより、メニューを直感的に操作できるほか、デジタル版の取扱説明書などを閲覧できます。

最も厳格な排出ガス基準に適合し、現場での実績を誇るCat 7.1エンジンは、新型326油圧ショベルをさらに効率的に動かすことができるため、Fシリーズに比べて燃料消費量を最大15 %低減しています。このCatの新型モデルは、選択可能な3つのパワーモードと、オートマチックエンジンスピードコントロールによるワンタッチローアイドルが特長です。また、52 °C(125 °F)での標準高外気温運転能力と、-18 °C(0 °F)での標準寒冷始動能力を備えています。

高い掘削およびリフト性能

新型Cat 326油圧ショベルの先進的な油圧システムにより、パワーと効率の最適なバランスが実現されるとともに、オペレータは掘削精度を完全に制御できます。機械のスイングトルクが12 %向上したことで、特に傾斜地で満量積載中のバケットを使用する場合に、機械を旋回しやすくなりました。スマートモード操作によりエンジン回転数と油圧出力を掘削条件に自動的に適合させながら、生産性に影響を与えることなく5 %の燃料節約を実現します。  

オプションのSmartboomは、ポンプ流量を利用せずにブームを自由に下げることができるため、燃料の節約になります。また、ハンマリングの際にSmartboomを使用すれば、下向きの力を適正な量だけかけることができます。

 Advansys™バケットチップは、ハンマーや特殊なツールの代わりにボックスレンチを使用してすばやく交換できるため、安全性が向上しています。この油圧ショベルは汎用性が高く、さまざまなCatアタッチメントを使用できるように補助油圧オプションが用意されています。

テクノロジが効率を高める

新型326油圧ショベルに統合されたシンプルで使いやすい標準的なCaterpillarテクノロジにより作業効率が向上したことで、オペレータの疲労が軽減され、機械の生産性が改善されました。標準装備のCat Grade with 2Dシステムのガイドにより、勾配の深さ、傾斜、水平距離を確認でき、オペレータは迅速かつ正確に目標勾配に達することができます。建設業者は、標準装備の2DシステムをアップグレードしてCat Grade with Advanced 2Dまたは3Dシステムを利用できるため、用途に合わせたニーズに対応できます。

標準装備のGrade Assistにより、オペレータはレバー1本の操作で勾配上に簡単に留まることができる一方、バケットアシストにより、斜面成形、整地、細かな表面仕上げ、溝堀りにおいて角度を自動的に維持できます。革新的なスイングアシストは、トラックへの積込みや溝堀りに際して、油圧ショベルの旋回を所定の設定値に基づいて自動的に停止し、労力と燃料消費量を低減します。

標準装備のCat Payload車載計量システムにより、従来よりも正確な荷重目標を達成しやすくなりました。稼働中の計量やバケット積載質量のリアルタイム予測により、積込みの効率が向上し、オペレータはトラックの過少積載/過積載を予防することができます。VisionLink®では、このシステムによって収集されたデータを利用して生産目標をリモート管理できます。生産データはUSBスティックにダウンロードできます。 

最高の快適性と安全性

Cat 326次世代油圧ショベルの新型キャブ設計は、先進的なビスカスマウントにより、キャブの振動を従来のモデルに比べて最大50 %削減しました。これにより、オペレータの疲労を大幅に軽減できます。キャブは、コンフォート、デラックス、プレミアムから選択できます(すべてに自動室温制御機能を搭載)。デラックスおよびプレミアム設計のチルトアップコンソール標準は、キャブの入退出を45 %改善します。標準無線とBluetoothの互換性を備えているため、個人用機器を接続したり、ハンズフリー通話を行ったりすることができます。

小型のキャブピラーと大型のパノラマウィンドウ、目立たなくなった新しい右側燃料タンクにより、溝内、各旋回方向、および機械の後部にわたり並外れた視認性を発揮します。標準装備のリアビューカメラおよびライトビューカメラは、326油圧ショベル運転時の視界と安全性をさらに高め、アップグレードにより360度の視界を得ることもできます。

滑止めプレートは、機械右側にある新しいサービスプラットフォームにアクセスする際のスリップを防ぎます。グラウンドレベルから使用できる遮断スイッチにより、機械整備中の偶発的な再始動を防止できます。

同期メンテナンス間隔

Cat 326次世代油圧ショベルは、326Fに比べてメンテナンスコストを最大20 %削減しています。日々のメンテナンス点検はすべて、エンジンオイルを簡単に点検できるグラウンドレベルオイルゲージなどを使用して、地上面ですばやく安全に実施できます。オペレータは、キャブ内のモニタを使用して、フィルタの寿命とメンテナンス間隔を簡単に監視することができます。

すべての燃料フィルタは、同期された1,000時間の交換間隔を持ち、326Fに比べてそのフィルタ寿命は倍になりました。プレクリーナを使用した326次世代エアインテイクフィルタは、最大1,000時間の寿命を実現しています。これは、以前のフィルタに比べて100 %の増加に相当します。逆流防止弁と組み合わせて油圧フィルタの性能を向上させ、フィルタの交換中にオイルを清浄に保てるようにしたことで、従来の設計よりも50 %長い、3,000時間のフィルタ交換間隔を実現しました。

新型Cat 326次世代油圧ショベルの詳細については、最寄りのCatディーラにお問い合わせいただくか、www.cat.comをご覧ください。

 

326 Next Gen Excavator Product Specifications

エンジン

CAT C7.1

定格出力(グロス)、hp(kW)

202 (151)

運転質量、lb(kg)
[24 in(600 mm)トリプルグローサシュー]

57 100 (25 900)

最大掘削深さ、ft/in(mm)

[19 ft 4 in(5.9 m)ブーム、9 ft 8 in(2.95 m)アーム]

22’ 4” (6 820)

最大床面掘削半径、ft/in(mm)

[19 ft 4 in(5.9 m)ブーム、9 ft 8 in(2.95 m)アーム]

33’ 2” (10 120)

最大ダンプ高さ、ft/in(mm)

[19 ft 4 in(5.9 m)ブーム、9 ft 8 in(2.95 m)アーム]

21’ 7” (6 620)

新型Cat 326次世代油圧ショベルの詳細については、最寄りのCatディーラにお問い合わせいただくか、www.cat.comをご覧ください。

# # #

編集担当者様へのお願い: Caterpillar社の新しい製品およびサービスの発売時期は、地域により異なります。Caterpillar社は製品やサービスが当該地域で入手可能か、ディーラネットワーク、工場およびマーケティング子会社に確認してから製品情報を発表するよう最善を尽くしていますが、編集者の方々にもお近くのディーラで製品の販売状況や仕様を確認いただくようお願いいたします。

CAT、CATERPILLAR、LET’S DO THE WORK、それらの各ロゴ、"Caterpillar Yellow"、"Power Edge"およびCAT "Modern Hex"のトレードドレスは、ここに記載されている企業および製品と同様に、Caterpillar社の商標であり、許可なく使用することはできません。

VisionLinkはTrimble Navigation Limitedの商標であり、米国およびその他の国で登録されています。

©2019 Caterpillar. All Rights Reserved.

プレスお問合わせ先

Caterpillarトレードプレスメディア担当者

南北アメリカ

Sharon Holling: Holling_Sharon_L@cat.com

Johanna Kelly: Kelly_Johanna_L@cat.com

ヨーロッパ、アフリカ、中東地域

Francine Shore: Shore_Francine_M@cat.com

このリリースについてのご意見・ご要望はこちらへ
www.cat.com/requestCatinfo

製品とサービスのニュース

Caterpillar社からの製品およびエンジンの最新情報をご覧ください。

最新情報を見る