アーティキュレートトラックラインアップに新製品Cat® 740 GC追加

アーティキュレートトラックラインアップに新製品Cat® 740 GC追加

世界リリース向け: 2018年9月
リリース番号: 516PR18  

Cat® 740 GCアーティキュレートダンプトラック(ADT)は、Cat ADTシリーズに40トン(36.3 mt)クラスを再導入します。この新製品は、新しいコントロール、トランスミッション保護機能、アシスト付きホイストシステム、先進的なトラクションコントロールシステム、スタビリティアシストシステム、および省燃費のECOモードなど、ADTラインアップの従来モデルの定評ある機能と性能を取り込んで設計されています。

さらに、740 GCには最新のリターダ自動制御システムが取り込まれており、オペレータの入力は不要なため、操作効率が大幅に向上します。制御性と利便性をさらに高めるため、新モデルには"待機ブレーキ"も装備されており、作業サイクルが停止されると、一時的にサービスブレーキをかけるため、オペレータの労力と疲労が軽減されます。さらに、坂道発進アシスト機能が登坂路で車両を自動的に止めるため、オペレータは車両を後退させることなくサービスブレーキからスロットルに踏み替えることができます。

740 GCキャブは、このシリーズの他のCat ADTにも装備される新型の「外部スパイン補強ROPS」"を採用しています。このキャブでは、リアクウォータガラスを取り込み、構造上必要だったピラーがなくなり、後方の視界が向上しています。さらに、車両のドアを開くとディスプレイが開始される「ウェイクアップ」機能も搭載しています。ドアは従来の設計よりも軽量かつ堅牢になり、機密性が向上したため埃の侵入を防ぎます。全体的にキャブ設計を改良したことにより、室内の騒音レベルは72 dB(A)まで低減されています。

オプションの赤外線ガラスを装備すると、太陽熱によるキャブ内の温度上昇を防ぐことができます。また、左右のスライドウィンドウを備えて換気が改善され、作業者とローダオペレータの意思疎通が円滑にできます。オートエアコンディショナ(HVAC)システムでは、オペレータの上方および後方にベントを数多く備え、冷暖房効率が向上しています。オプションのヒータ/クーラ付シートでは、オペレータが個別に快適な設定を"ダイヤル"で調整可能。さらに、同乗者用シートはクッション性が向上し、跳上げ式で、キャブ内の収納も拡張されています。

照明システムは地上レベルのスイッチで制御でき、キャブの昇降ステップとヒッチ部の照明を「ウェイクアップ」機能の一部として点灯するため、安全性がさらに高まりました。さらに、オプションのロングレンジLED作業灯を装備すると、夜間の視認性がさらに改善されます。一体型ペイロードライトもオプションでご用意しており、ローダのオペレータや現場監督が積込みレベルを外部インジケータで確認できるため、適切な量を確実に積み込むことができます。外部機能には、再設計されたフレキシブルな下部フェンダ、輸送時に取外し不要の高さを抑えた排気筒などがあります。

オプションのCat Connect PAYLOAD(Catコネクトペイロード)テクノロジは、移動ビームサスペンションに搭載のセンサで積載質量を計測します。キャブルーフの4隅に積込み状態ライトを装備し、ローダのオペレータはどの角度からも良好に確認できます。さらに、標準のCat Detect/スタビリティアシストシステムにより、トラクタとボディの作業角度と勾配をモニタして、車両が設定した角度の閾値に近付くとオペレータに警告。作業を続行すると転倒の危険性がある場合はダンプ作業を中止します。

Catアドバンスト自動トラクションコントロールシステム(AATC)により、作業の安全性がさらに高まります。改善されたテクノロジでディファレンシャルロックを予防的に作動させ、タイヤのスピンを未然に防ぎます。AATC機能は、タイヤを不要な摩耗から守ることで、オペレータの生産性を高め、所有コストとオペレーティングコストを削減します。地形に応じたスロットルスムージングシステムにより、起伏の激しい地形をADTが走行する際にスロットル入力サージを防ぎ、スロットルペダルへの安定した圧力を保つ妨げとなる状況を回避します。

革新的なコントロール

一体型のトランスミッション/ホイストレバーを組み込み、ギヤの選択やボディのホイスト操作をレバー1本で効率的に制御できるため、オペレータの労力を低減し、反復的な作業を自動化することができます。キャブ内のモードスイッチで、オペレータはマニュアルまたはアシスト付ホイストによる制御を選択できます。アシスト付ホイストを選択した場合は待機ブレーキ、トランスミッションのニュートラルへの切換え、ホイストが「上げ位置」の際にエンジン高アイドル時のボディの最大角度への持上げを自動的に実施します。アシスト付きホイストモードでは、ホイストコントロールが「下げ位置」の際に、ボディを自動的に低位置に戻します。上昇および下降時のいずれでも、ボディの減速機能とクッション作用が自動的に働き、移動を制限することで、衝撃負荷を引き起こすおそれのある力の発生を抑えます。

車両の速度制限、トランスミッションギヤの保持、待機ブレーキの作動のコントロールは、一体型のトランスミッション/ホイストレバーのボタンで容易に作動できます。また、トランスミッション保護システムでは、トラック走行中に方向を転換した場合、トラックを安全に停止します。一体型のシフト/ホイストレバーには、パーキングブレーキポジションを統合。メインおよびセカンダリブレーキが作動しない不測の事態に、赤の非常ブレーキボタン(ダッシュボード右側)でパーキングブレーキを作動できます。

モデルの仕様

新製品の740 GCにはCat C15 ACERT™エンジンが採用されており、規制の厳しい国(HRC)と規制の緩い国(LRC)のいずれの排出ガス基準にも適合する仕様構成をご用意しています。トランスミッションはCat CX38Bです。

Specifications

 

740 GC HRC

740 GC LRC

エンジン

Cat C15 ACERT

Cat C15 ACERT

定格出力(グロス)(SAE J1995)

452 hp(337 kW)

449 hp(335 kW)

質量(無積載時)

35.7トン(32.4 mt)

35.2トン(31.9 mt)

定格積載質量

40トン(36.3 mt)

40トン(36.3 mt)

長さ

36 ft 3 in(11,052 mm)

36 ft 3 in(11,052 mm)

車体幅(タイヤ含む)

11 ft 5 in(3,495 mm)

11 ft 5 in(3,495 mm)

アクスル数

3

3

ドライブコンフィギュレーション

6 x 6

6 x 6

 

###

 

編集担当者様へのお願い: Caterpillar社の新しい製品およびサービスの発売時期は地域により異なります。Caterpillar社では、製品やサービスが当該地域で入手可能になったかを、ディーラネットワーク、工場およびマーケティング子会社に確認してから製品情報を発表するよう最善を尽くしていますが、編集担当者様におかれましても、お近くのディーラで製品の販売状況や仕様をご確認いただきますようお願い申し上げます。

CAT、CATERPILLAR、それらの各ロゴ、"Caterpillar Yellow"および"Power Edge"のトレードドレスは、ここに記載されている企業および製品と同様に、Caterpillar社の商標であり、許可なく使用することはできません。

VisionLinkはTrimble Navigation Limitedの商標であり、米国およびその他の国で登録されています。

©2018 Caterpillar All Rights Reserved  

 

プレス向けお問い合わせ先

Caterpillarトレードプレスメディア担当者

南北アメリカ

Sharon Holling: Holling_Sharon_L@cat.com

Johanna Kelly: Kelly_Johanna_L@cat.com

ヨーロッパ、アフリカ、中東地域

Francine Shore: Shore_Francine_M@cat.com

このリリースについてのご意見やご要望はこちらへ
www.cat.com/requestCatinfo

製品サービスニュース

Caterpillarが発表した最新の製品とエンジンをご覧ください。

最新ニュースを見る