新型のCat® D10T2ドーザは、燃料効率、信頼性および耐久性、整備性および安全性が向上しています。

世界リリース向け: 2014年2月
リリース番号: 549PR14

新型のCat® D10T2ドーザは、定評のあるD10Tをベースに、パワー・トレーン、自動制御、構造に改良を加えた機種です。これにより、高い生産性、優れた燃料効率、信頼性の高い運転、長寿命の構造を実現し、サービス・メカニックやオペレータが容易に作業できる設計となっています。      

D10T2では、最新のロード・センシング・ハイドロリック技術とCatの先進的なエンジン・コントロールを組み合わせることで、燃料使用量あたりのマテリアル移動率を最大限に高めています。フィルタの改良により、フュエル・システム、ハイドロリック・システム、パワー・トレーン油圧システムを保護して、高い信頼性を実現し、ダウンタイムを最小限に抑えています。トラック・ローラ・フレームの設計変更など、大型構造物が改良されたことで、再生までの整備間隔を延長することができます。乗降が容易になったことで、サービス・メカニックおよびオペレータの安全性および生産性が向上しています。また、オプションの電動アクセス・システムおよびプラットフォームにより、現場に合わせてD10T2を構成することができます。

D10T2には、ACERT™テクノロジ採用の2種類のCat C27エンジンを搭載することができます。1つは米国EPA Tier 4 Finalに適合しており、もう1つは米国EPA Tier 2基準と同等の排出ガス・レベルを達成しています。どちらのエンジン構成も、前進ギヤで正味出力600 hp、後進ギヤで722 hpを実現しています(447/538 kW)。エンジン・コントローラが、走行方向に応じて出力を自動的に調整します。新しいシステムの導入により、D10T2は、これまでのモデルよりも後進での出力が約20 %向上しています。これにより、特定の用途ではサイクル・タイムが短縮され、生産性が向上しています。

D10の伝統を受け継いだD10T2は、採掘、大規模土木工事、バルク材のハンドリングといったさまざまな用途で高い生産性を発揮します。

スマート・マシン
D10T2では、現場で実証済みのロード・センシング・ハイドロリック・システムを採用し燃料効率と車両性能を向上させています。このシステムは、自動的に継続して作業装置の油圧出力を調整し、作業を可能な限り効率的に行うために適切なレベルの流量と圧力を提供しています。

強化型オートシフト(EAS、Enhanced AutoShift)は、D10T2の新しい標準機能です。EASはパワー・トレーンの負荷と必要な走行速度に基づいて、最適なギヤとエンジン・スピードの組合せを自動的に選択することで、燃料効率と生産性を改善します。これは自動トランスミッションと同様に機能します。EAS機能と後進ギヤの出力増加により、斜面を後進で上昇する際の生産性が向上します。

D10T2オペレータを支援するために、新しくさまざまな電子システムがオプションで導入されました。こうした自動機能により、オペレータへの負担が軽減され、生産性が向上しています。D10Tで実証済みのオートキャリー・システム(オプション)は、全地球的航法衛星システム(GNSS、Global Navigation Satellite System)の堅牢なレシーバで走行速度とトラックのスリップを計測し、押土サイクルの運搬作業時に、ブレードを自動的にコントロールします。オートキャリーは、ブレード位置を自動的に変更し、トラックのスリップを最適なレベルに維持することで、最大限の性能を発揮します。D10T2に新しく採用されたアダプティブ・ロード・セレクトは、地盤やトラックの摩耗などの作業条件に基づいて自動的にブレード負荷を調整することでオートキャリーをさらに強化する機能です。同様に、新しい自動リッパ・コントロールは、GNSSで速度をモニタし、エンジン・スピードとリッパの深さを自動的に調節して、トラックのスリップを最小限に抑えます。

Cat MineStar Systemにより、ブレード制御がさらに向上しています。Terrain for Grading(整地用Terrain)は、電子化された現場の図面をオフィスから機械へリアルタイムに送信し、オペレータに切土と盛土作業の位置を指示することができるシステムです。新たなオプションとして、Terrain for Grading with Blade Control(整地用Terrainとブレード制御)が追加されました。新しいブレード制御システムは、目標とする設計形状に合わせて自動的にブレードを誘導します。また、オートキャリーに統合されており、ブレードの負荷を検知して自動的にコントロールすることで、大規模の押土用途における性能とブレードへの積込み性能を向上させています。

D10T2の詳細については、最寄りのCatディーラにお問い合わせいただくか、弊社のWebサイトmining.cat.comをご覧ください。
 

D10T2ドーザ仕様

エンジン

Cat C27 ACERT

エンジン正味出力、前進/後進

600/722 hp(447/538 kW)

運転質量

154,700 lb(70,171 kg)

トランスミッション

前進3速/後進3速プラネタリ式パワーシフト

接地トラック長さ

153 in(3,885 mm)

トラック・ゲージ

100 in(2,550 mm)

ブレード容量

   セミユニバーサル

   ユニバーサル

 

24.2 yd3(18.5 m3

28.7 yd3(22.0 m3

 

画像1

画像2

画像3

 

###

編集担当者様へのお願い: Caterpillar社の新しい製品およびサービスの発売時期は、地域ごとに異なっています。製品情報の公開は、Caterpillar社がディーラ・ネットワーク、工場、マーケティング子会社に、製品およびサービスがその地域において提供可能になったことを確認してから行うよう最大限に努力していますが、製品の入手可否および仕様については、編集担当者様から地域のディーラへご確認くださるようお願いいたします。

プレスお問い合わせ先

Catトレード・プレス・メディア担当者

南北アメリカ
Sharon Holling: Holling_Sharon_L@cat.com
Johanna Kelly: Kelly_Johanna_L@cat.com

ヨーロッパ、アフリカ、中東地域
Francine Shore: Shore_Francine_M@cat.com

代表メールアドレス
Cat_Trade_Press@cat.com

このリリースについてのご意見・ご要望はこちらへ
www.cat.com/requestCatinfo