Cat®ミニ油圧ショベル用の新型デュアル・ロック・チルト・カプラ

北米、南米、アフリカ、中東、CIS、アジア太平洋、オーストラリア、ニュージーランド向けリリース: 2014年9月
リリース番号: 500PR14

新型Cat®デュアル・ロック・チルト(DLT)ピン・グラバ・タイプ油圧カプラは、5トンおよび8トンCatミニ油圧ショベルで利用でき、ワーク・ツールを180度の円弧にわたって旋回させることができるため、機械の汎用性を高めることができます。この構造により、仕上げ整地、解体、溝の清掃、および整地などの用途において柔軟性と効率が最適化され、特別な装置の必要性や支出がなくなります。この新型カプラには、対応するピンオン式ワーク・ツールを取り付けることができ、バケットをフロントショベル・コンフィギュレーションで使用できます。

このDLTカプラは、キャブからワーク・ツールの交換ができるように設計されており、ロック機構が目視できるので、オペレータはツールがしっかり装着されたことを確認できます。このカプラの革新的なプライマリ・ロック・システムでは、ウェッジ・プレートを使用しており、これは、チェック・バルブが統合された油圧シリンダにより位置決めされます。セカンダリ・ロックはスプリング作動式で、別の油圧回路により解除されます。

このDLTカプラは密閉式設計を採用しており、外部にシリンダ・ロッドや可動部品がないため、信頼性の最適化、コンポーネント寿命の延長、所有コストの低減を実現しています。摩耗する内部コンポーネントはすべて、熱処理により耐用年数が最大限に延長されており、たとえば、ベアリング、シール溝、およびギヤ表面の寿命が延びています。新設計のロータリ・アクチュエータにより、アフタ・マーケットのアクチュエータと比較して、保持トルクが最大35 %増加し、全質量が15 %減少し、油圧ラインの取回しが簡素化されています。さらに、らせん状にカットされた焼入れギヤがアクチュエータに使用されており、確実な動作と長い耐久性を確保しています。

カプラの質量は、5トン・クラスの油圧ショベルおよび903Cコンパクト・ホイール・ローダの場合は247ポンド(112 kg)、8トン・クラスの油圧ショベルの場合は398ポンド(180 kg)です。このDLTカプラは、305C/D/EおよびE2モデル、305.5D/EおよびE2モデル、そして308EおよびE2モデルで利用できます。

###

編集担当者様へのお願い: Caterpillar社の新しい製品およびサービスの発売時期は、地域により異なります。Caterpillar社は製品やサービスが当該地域で入手可能か、ディーラネットワーク、工場およびマーケティング子会社に確認してから製品情報を発表するよう最善を尽くしていますが、編集者の方々にもお近くのディーラで製品の販売状況や仕様を確認いただくようお願いいたします。

プレスお問い合わせ先

Caterpillarトレード・プレス・メディア担当者

南北アメリカ
Sharon Holling: Holling_Sharon_L@cat.com
Johanna Kelly: Kelly_Johanna_L@cat.com

ヨーロッパ、アフリカ、中東地域
Francine Shore: Shore_Francine_M@cat.com

このリリースについてのご意見・ご要望はこちらへ
www.cat.com/requestCatinfo