新しい次世代Cat® 395油圧ショベルにより、生産性と耐久性が向上し、メンテナンスを削減

北米、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランド向けリリース: 2020年3月
リリース番号: 117PR20

次世代Cat® 395油圧ショベルは、最大10 %の生産性向上、2倍の構造耐久性、および最大20 %のメンテナンスコストの削減を実現した、390Fに代わる業界のリーダーです。

「当社は、旋回トルクとアームの力を10 %向上させました」と、Caterpillarの大型油圧ショベルのワールドワイド製品マネージャであるBrian Abbottは言います。「これにより、請負業者は大型のバケットを使用して生産性を高めることができます」。

395の生産性向上の主な要因は、6015Bなどの大型のCat採掘ショベルにのみ搭載された、新たな専用ハイドロスタティックスイング回路です。

「この回路により、油圧ショベルは旋回ブレーキのエネルギーを再生し、シリンダのオイル流量を独立して管理できます。」と、Abbottは言います。「これにより、燃料効率が向上し、オーナーやオペレータが機械でさまざまな業務を行う際にスムーズで予測可能な性能を発揮することができます。」  

パワー、スマート、エコの3モードが用意されています。パワーモードは常に最大の出力を発揮します。エコモードは、掘削力を維持しながら、エンジン回転数とサイクルタイムを低減します。スマートモードは、エンジンと油圧の出力を実際の掘削条件に自動的に適合させることで勘に頼らず作業を行えるだけでなく、燃費を低減し、性能を最適化できます。

冷却系統には、必要なタイミングでのみ作動するよう設計された新しいオンデマンドファンを搭載しており、燃料を節約できます。また、自動反転機能により、冷却コアから粉塵を除去しやすくなっており、作業効率が向上します。

標準装備のテクノロジによる効率性と安全性の向上

Cat油圧ショベルはシンプルで使いやすいテクノロジを備え、オペレータやオーナーはこのショベルを最大限に活用できます。

「395は、そのサイズクラスにおいて、業界で最も包括的な事前搭載テクノロジを提供しています」と、Abbottは言います。。「当社の目標は、オーナーの作業効率を大きく高めることにあります。」

Cat Payloadを使用すると、稼働中に計量が行われるため、オペレータの積込み効率が向上します。旋回しなくても、積載質量の推定値がリアルタイムで表示されるため、トラックの過積載や過少積載を防ぐことができます。また、モニタのUSPポートを使用することで、インターネット接続やVisionLink®のサブスクリプションを利用することなく、シフト当たり最大30日分の作業の結果をダウンロードできます。

Cat Grade with 2Dでは、オペレータが標準装備のタッチスクリーンモニタによる視覚的ガイドを使用して表面仕上げを行えるため、より正確な掘削が可能です。このシステムは、Cat Grade with Advanced 2DまたはCat Grade with 3Dに容易にアップグレードでき、精度を一層高めることもできます。Advanced 2Dには、現場での設計を可能にするタッチスクリーンモニタが追加で搭載されています。3DにはGPSおよびGLONASSの測位機能が追加で搭載され、ピンポイントの精度を実現しています。また、395に内蔵の通信テクノロジにより、以前よりも簡単にTrimble Connected Communityやバーチャルリファレンスステーション(VRS、Virtual Reference Station)などの3Dサービスに接続できます。

リフトアシストは、油圧ショベルの転倒を防ぐ新しい安全機能で、持ち上げられている実際の荷重の質量をすばやく計算し、油圧ショベルの定格能力と比較します。音と表示のアラートにより、油圧ショベルが安全に作業できる範囲内であるかどうかをオペレータに伝えます。

標準装備の2D eフェンスは、バケットとブレーカのいずれを装備しているかにかかわらず、油圧ショベルをオペレータが決めた範囲内で稼働するように制御できます。これにより、機械やその他の物体を損傷から保護し、区画利用規定に伴う罰金や、坑内および地上施設の損傷のリスクを軽減できます。また、旋回し過ぎや掘削し過ぎを低減することで、オペレータの疲労も軽減できます。  

ブレーカ自動停止機能は、アタッチメントおよび機械の不要な摩損を防ぎます。空打ちが15秒間続くとモニタに警告メッセージが表示され、空打ちが30秒間続くとブレーカは自動停止します。

Cat Product Link™を使用すると、機械を簡単に管理できるようになります。この機能では、オンラインで確認できるVisionLink®インターフェイスを通じて常時ワイヤレスに情報を取得できるため、オフィスにいる機械管理者でも重要な運転情報を迅速に評価できます。

オプションのワークツール識別機能を使用すると、アタッチメントを交換する際の時間と労力を節約できます。装着しているツールをシェイクするだけでツールが識別され、油圧システムをオペレータが特定のツール向けに設定したパラメータに自動的に調整します。

オプションのCat PL161アタッチメントロケータは、アタッチメントや他のギヤをすばやく簡単に見つけるためのBluetooth®デバイスです。油圧ショベルに搭載のBluetoothリーダーまたはスマートフォンのCatアプリによって、最大300フィート(91 m)離れた場所にあるデバイスの位置が自動的に特定されます。  

耐久性の向上

395は過酷な作業もこなすことができます。ブーム、アーム、フレームは従来のモデルに比べて2倍の強度があり、機械の耐用寿命にわたって信頼性の高い性能を発揮します。 

ブームはトップおよびボトムプレートの厚さを増やしています。アームはサイド、ボトム、およびブラケットプレートの厚さを増やしています。また、フレームは、ベースフレームとカウンタウエイトのマウンチングプレートの厚さを増やしています。

強化されたカーボディ、トラックリンク、トラックローラ、ブーム、アーム、バケットシリンダによって、故障なく長期間にわたって性能を発揮します。

メンテナンスの低減

395は、メンテナンス間隔の延長および同期によって、長期的なコストを削減します。

プレクリーナとプライマリおよびセカンダリフィルタを統合した新しいCatエアフィルタにより、従来の設計の2倍のダストを保持できます。

新しいCat油圧リターンフィルタは、従来のフィルタに比べて50 %向上した3,000時間の耐用寿命を実現しています。

燃料系統フィルタは、従来のフィルタに比べて100 %向上した1,000時間で整備のために同期されます。

燃料系統の水、沈殿物のドレーン、油圧システムのオイルレベル点検はグラウンドレベルにまとめて配置されているため、定期メンテナンスを迅速、容易、安全に行うことができます。

オペレータ指向のキャブ

395はデラックスキャブおよびプレミアムキャブのどちらかを選択できます。前面のコントロールパネル、キーを使わない押しボタンによる起動、ジョグダイヤルキー付きの大型タッチスクリーンモニタなどの機能が標準装備され、性能が向上しています。

その他のオペレータ向けのキャブ機能は次のとおりです。

  • キャブへの乗降が容易なチルトアップコンソール
  • 先進的なビスカスキャブマウントにより、振動を従来のモデルに比べて最大50 %削減
  • Bluetooth搭載ラジオ(携帯電話を接続および充電できるUSBポート付き)
  • 自動空調システムにより、周囲温度に関係なく温度設定を維持
  • 好みに合わせてコントロールパターンや油圧応答率を設定できる、プログラム可能なジョイスティックボタン
  • リアビューカメラおよび右側のサイドビューカメラを標準装備した大きなフロント、リア、サイドウィンドウにより視界を向上
  • 複数のカメラの画像を組み合わせて、オペレータの全方向の視界を向上させる、360度の視界パッケージオプション

「このサイズクラスで、請負業者にとって最も重要な要件は生産性です。」と、Abbottは締めくくっています。「395はこの生産性をはるかに高いレベルで実現しています。」

詳細については、最寄りのCatディーラにお問い合わせください。

 

395仕様

エンジン

Cat C18

エンジン出力(ISO 14396)

543 hp(405 kW)

運転質量

207,300 lb(94,000 kg)

最大掘削深さ*

31 ft 8 in(9,670 mm)

最大床面掘削半径*

48 ft 3 in(14,710 mm)

最大ダンプ高さ*

30 ft 4 in(9,250 mm)

*GP 27 ft 7 in(8.4 m)ブーム、R 14 ft 5 in(4.4 m)アーム、6.8 yd3(5.2 m3)SDバケット、35 in(900 mm)シュー

 

# # #

 

編集担当者様へのお願い: Caterpillar社の新しい製品およびサービスの発売時期は、地域により異なります。Caterpillar社は製品やサービスが当該地域で入手可能か、ディーラネットワーク、工場およびマーケティング子会社に確認してから製品情報を発表するよう最善を尽くしていますが、編集者の方々にもお近くのディーラで製品の販売状況や仕様を確認いただくようお願いいたします。

CAT、CATERPILLAR、LET’S DO THE WORK、それらの各ロゴ、"Caterpillar Yellow"、"Power Edge"およびCAT "Modern Hex"のトレードドレスは、ここに記載されている企業および製品と同様に、Caterpillar社の商標であり、許可なく使用することはできません。

VisionLinkはTrimble Navigation Limitedの商標であり、米国およびその他の国で登録されています。

©2020 Caterpillar All Rights Reserved 

 

 

プレスお問合わせ先

Caterpillarトレードプレスメディア担当者

南北アメリカ

Sharon Holling: Holling_Sharon_L@cat.com

Johanna Kelly: Kelly_Johanna_L@cat.com

ヨーロッパ、アフリカ、中東地域

Francine Shore: Shore_Francine_M@cat.com

このリリースについてのご意見・ご要望はこちらへ
www.cat.com/requestCatinfo

製品とサービスのニュース

Caterpillar社からの製品およびエンジンの最新情報をご覧ください。

最新情報を見る