燃料消費量を飛躍的に低減した11トランクラス油圧ショベルを新発売 ~国内初、オフロード法2014年基準をクリアする環境性能~

キャタピラージャパン株式会社(会長:竹内 紀行、社長:ロバート・ベネケ)は、燃費性能の飛躍的な向上によりお客様の燃料コストを大幅に低減するとともに、オフロード法2014年基準をクリア(届出準備中)する環境性能を備えた11トンクラスの油圧ショベルを、新たに「Fシリーズ」として6月30日より発売します。

Caterpillarは、省エネルギーや環境保全など、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを推進していくことを社員の価値基準として定めており、そうした価値基準のもと、このたび国内で初めて、オフロード法2014年基準をクリアする製品を発売するものです。

今回発売するCat 311F L RR 汎用小旋回型油圧ショベル(バケット容量 0.5㎥、運転質量12.0トン)は、Cat 311D RR 汎用小旋回型油圧ショベルのフルモデルチェンジ機で、産廃・リサイクル、道路工事、土地造成、解体等の現場で幅広く活躍します。従来機に比べ、燃料消費量を約20%低減。また、標準バケットの容量アップ等により燃料生産性も向上しています。さらに、先進の排出ガスクリーン化技術により、尿素SCRシステムを採用することなく、オフロード法2014年基準をクリアする環境性能を備えています。このほか、安全性やオペレータ環境も向上するなど、あらゆる面でお客様の成功を支援する卓越した製品品質を誇っています。