Caterpillar初のハイブリッド油圧ショベルを国内導入

 お客様の成功を支援し、環境に配慮した製品を提供するというCaterpillarの不断のコミットメントの一環として、キャタピラージャパン株式会社(社長:竹内 紀行)は、Caterpillar初のハイブリッド油圧ショベル6月1日より国内導入します。

 今回導入する Cat 336E L H ハイブリッド油圧ショベル(バケット容量 1.5m3、運転質量35.6トン)は、Caterpillarが新たに開発した「油圧ハイブリッドシステム」を採用。従来機の優れた生産性はそのままに、従来機比で最大30%の燃料消費量の低減を可能※1としています。これにより、燃料コストを大幅に削減し、お客様のビジネスの成功に貢献します。

 また、燃料消費量の低減は、稼働時に排出される二酸化炭素の低減にもつながり、低炭素社会の実現にも寄与します。

 このほか、低騒音、高い安全性、優れたメンテナンス性/サービス性など、お客様のニーズに応える数々の性能を兼ね備えています。