鉱山現場等で活躍するダンプトラックを国内導入

キャタピラージャパン株式会社(社長:竹内 紀行)は、鉱山現場などで活躍するCat 789D ダンプトラック(最大積載量181.0トン)を1月6日に国内導入します。今回のモデルチェンジでは、従来機で実績のあるCat3516Bエンジン及び電子制御フルオートマチックトランスミッションを継承し、過酷な現場で優れた性能を発揮します。また、オートマチックリターダコントロール(ARC)やトラクションコントロールシステム(TCS)の標準装備により、生産性を大きく向上しています。さらに、耐久性・安全性・サービス性なども向上しており、お客様のビジネスのさらなる成功に貢献します。