ミニ油圧ショベル新シリーズとして、後方超小旋回型ミニ油圧ショベル4機種を新発売

 キャタピラージャパン株式会社(社長:竹内 紀行)は、道路工事、住宅基礎工事、上下水道工事等の現場で、掘削・積込・吊作業等に優れた能力を発揮する後方超小旋回型ミニ油圧ショベル4機種を1月15日より新発売します。

 今回発売のCat 303.5E CR 後方超小旋回型ミニ油圧ショベル(バケット容量0.11㎥、機械質量3.495トン)、Cat 304E CR後方超小旋回型ミニ油圧ショベル(バケット容量0.13㎥、機械質量3.725トン)、Cat 305E CR後方超小旋回型ミニ油圧ショベル(バケット容量0.16㎥、機械質量4.595トン)、Cat 305.5E CR後方超小旋回型ミニ油圧ショベル(バケット容量0.16㎥、機械質量4.845トン)は、それぞれCat 303.5D CR、Cat 304C CR、Cat 305D CR、Cat 305.5D CRのフルモデルチェンジ機で、Catミニ油圧ショベル「Eシリーズ」として初導入となる4機種です。

 高い掘削力やワイドな作業範囲に加え、操作性の向上等により作業効率をアップ。また、低燃費設計によりお客様の燃料コストをセーブします。さらに新たに採用した大型画面のフルグラフィックカラーモニタは、マシンチェックから各種設定、セキュリティ操作までを集約したマルチインフォメーション機能を搭載しています。このほか、オフロード法※2006年基準に適合するとともに、国土交通省(超)低騒音型建設機械にも適合(一部機種については申請中)しており、環境に配慮した製品となっています。