バケット容量3.0m3のオフロード法2011年基準適合ホイールローダを新発売

キャタピラージャパン株式会社(社長:竹内 紀行)は、土砂積込や廃棄物処理などで活躍するCat 938K ホイールローダ2013年7月1日より発売します。

今回新発売するCat 938K ホイールローダ(バケット容量3.0m3、運転質量14.8トン)は、Cat 938Hのモデルチェンジ機です。

 今回のモデルチェンジでは、ゆとりのパワーと優れた環境性能を両立するCat C6.6 エンジンを搭載し、オフロード法※2011年基準に適合しています。また、超低騒音型建設機械に適合するサウンドレベル、クラストップの最大掘起力およびダンピングクリアランス&リーチといった優れた性能を実現しており、お客様のビジネスのさらなる成功に貢献します。

 Cat 938K ホイールローダの主な特長は次のとおりです。