オフロード法2011年基準に適合した中型ホイールローダ2機種を新発売

 キャタピラージャパン株式会社(社長:竹内 紀行)は、採石現場や港湾等で活躍する中型ホイールローダ2機種を、4月1日より新発売します。今回発売のCat 950K ホイールローダ(バケット容量3.3m3、運転質量19.65トン)、Cat 962K ホイールローダ(バケット容量3.6m3、運転質量20.6トン)は、Cat 950H、 Cat 962Hのフルモデルチェンジ機です。

 今回のモデルチェンジでは、環境性能と燃費効率をさらに向上した新エンジンを搭載し、オフロード法※2011年基準に適合。また、フュエルマネジメントシステム(FMS)を新たに採用したことで、燃費低減に貢献します。さらに、最大トルクおよびトルクライズの向上や新型バケットの採用により、生産性を大幅に向上しています。このほか、オペレータ環境、安全性、アプリケーション対応力の向上など、お客様の成功を支援する数々のバリューを備えた製品となっています。