Cat D7Eエレクトリックブルドーザがモデルチェンジ。オフロード法2011年基準に適合

 キャタピラージャパン株式会社(社長:竹内 紀行)は、Cat D7E エレクトリックブルドーザ(乾地車(運転質量28,400kg) / 湿地車(同27,950kg))を4月1日よりモデルチェンジのうえ、新発売します。

 Cat D7E エレクトリックブルドーザは、ディーゼルエンジンで発電機を駆動し、稼働に必要な電力を供給する「エレクトリックドライブ」を採用した次世代型のブルドーザです。今回のモデルチェンジでは、最新の環境技術を搭載した新エンジンを採用し、オフロード法※12011年基準に適合。また、オートアイドルストップ機能を新たに搭載したことで、燃費低減に大きく貢献します。さらに、アキュグレード※2対応仕様を標準装備しており、簡単かつ低コストで情報化施工に対応することが可能です。このほか、オペレータ環境、安全性、耐久性の向上など、お客様の成功を支援する数々のバリューを備えた製品となっています。