TBリンケージ(溝掘り用)

< 戻る

ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

概要

溝掘り用Catピングラバクイックカプラを装着することにより、お使いの345または349油圧ショベルの作業の幅が広がり、稼働率やビジネスの拡大に貢献します。 このカプラを幅狭型バケットやブレーカと組み合わせると、溝掘りや公共事業のアプリケーションで求められる敏捷性が発揮できます。

質量 2060.0 lb 934.0 kg Less
幅(機械連結部) 25.8 in 655.0 mm Less
リフティングアイ作業荷重制限 22.0 ton (US) 20.0 ton (US) Less
幅(アタッチメント連結部) 17.0 in 433.0 mm Less

作業に安心感を提供

取付後、取外すまでの作業中は、アタッチメントは常にしっかり連結されています。この安心感により、作業に集中することができます。 運転席から、視覚と聴覚に訴えるインジケータで、アタッチメントの連結を確認できます。 Catショベル油圧システム、カプラ内部のメカニズム、掘削力のすべてが連動することで、確実なアタッチメントの連結を実現しています。 Catピングラバクイックカプラは、世界中の安全基準に適合、またはそれを上回る安全性能を有しており、世界中で使用できます。EN 474-1:2006 +A4:2014、ISO/DIS 13031.2:2014、オーストラリア規格AS4772-2008、WorkCover NSWポジションペーパーWC01158: "油圧ショベルやバックホーへの半自動クイックヒッチの供給、取付け、およびその仕様”に適合します。

埋戻し時間とマテリアルの節約

他のカプラのように必要以上に広い幅の溝を掘ることがないため、時間とコストを節約できます。 標準カプラより幅の狭いこのカプラは、幅の狭いピンボスと、短いスティック、リンクピンを特徴としています。 このため、カプラの一番広い部分が、溝掘り用バケットの掘削幅内に収まります。

積込性能とパワー

このカプラの質量は、バケットが大きなペイロードを発揮できるように設定されています。 また、サイズも、優れた掘削力とパワーを維持するために最適なものになっています。

保有装置の作業の幅を拡大

マテリアルハンドリング、土壌の締固め、岩石の粉砕など多彩な作業が可能に。 新しい作業にも対応できるため、 ビジネスチャンスがますます広がります。

保有機械の生産性をさらにアップ

各種アタッチメントは、同等サイズの油圧ショベル間で共用できます。 つまり、資産管理がさらに容易になります。

迅速な作業復帰

オペレータは、分単位でなく秒単位でアタッチメントを交換できます。 短時間で作業に戻れるため、ダウンタイムを削減できます。

使用が容易

Cat®ピングラバクイックカプラは始動、取付け、取外しが簡単です。 また、操作手順はシンプルで、簡単に習得できます。 どんな現場でも有効な、生産性向上への近道です。