SW345B、76 mm(3 in)

< 戻る

ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

概要

アスファルト補修材の切断、道路の継目の切込み、溝切削などに最適。

最大切削深さ 18.0 in 450.0 mm Less
山積容量 2.549 lb 1.156 kg Less
オプションのビット・タイプ 多目的 多目的 Less
コニカル・ビット - ホイールあたり 64 64 Less
サイドシフト走行 22.0 in 550.0 mm Less
ドライブ方法 ピストン・モータ/プラネタリ ピストン・モータ/プラネタリ Less
ビット回転数(最大流量時) 1.143 ft/分 349.0 m/分 Less
ホイール回転数(最大流量時) 89 rpm 89 rpm Less
ホイール幅 3.0 in 80.0 mm Less
ホイール・トルク(最大圧力時) 4.604 ft-lb 6.244 N·m Less
ワーク・ツール長さ 85.0 in 2.165 mm Less
全高 57.0 in 1.455 mm Less
標準ビット・タイプ コンクリート コンクリート Less
油圧流量範囲 copy 4.0 psi 280.0 bar Less
要求油圧流量 33.0 gal/分 125.0 L/分 Less
オーガ・ビット保持 高速フローXPS 高速フローXPS Less
モータ排気量(1回転当たり) 86.0 in³/rev 1.404 cm³/rev Less
溝清掃装置 なし なし Less

全幅

全幅 73.0 in 1850.0 mm Less

用途

アスファルト補修材の切断、道路の継目の切込み、溝切削などに最適。

ダイレクト・ドライブ・システム

最大の切削速度とホイールトルクが得られ、最高の生産性と効率性を得るために、ダイレクトドライブシステムは油圧ピストンポンプモータを搭載しています。

油圧式サイドシフトと深さのコントロール

すべてのモデルに油圧式サイドシフトと深さのコントロールを標準で装備し、運転室から制御できます。 油圧式サイドシフトにより、ホイールの位置を中心から最右端まで動かすことができます。 これにより、縁石や壁などの障害物の近くでも車両の位置を変えることなく切削できます。

溝清掃装置

溝清掃装置は運転室から油圧で操作します。 ブレードを上下にコントロールして、確実に溝から廃物を取り除きます。

デフレクタプレート

デフレクタ・プレートは、機械の走行路から廃物を取り除いて作業がスムーズに行えるようにします。 付属のブランキングプレートを取り付けると、ホイールソーの左、右、または両側に廃物を排出できます。

マックスプロプレッシャゲージ

マックスプロプレッシャゲージの情報に基づいて、オペレータは取扱材料の負荷の変化に応じてスピードを調整できるため、生産性が最大限に高まります。 ゲージには、プレーナ性能がリアルタイムで表示され、キャブ内で確認できます。 XHPモデルに標準で装備されています。

ビット

コンクリートビットは、全モデルに標準で装備されています。 オプションの多目的コニカルビットは、タールマックおよびアスファルト用途ですべてのCatホイールソーに使用できます。 極めて長寿命のビットは、超ヘビーデューティCatホイールソー用途に対応します。

自立式

自立式フレーム設計により、カプラとの接続とパーキングを改善します。

オプションのガイドバー

オプションのガイドバーを使用すると、オペレータは直線切削用にホイールソーの位置を調整でき、視界を補助します。