ソイルコンパクタ 825K

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

エンジンモデル
Cat® C15
Cat® C15
定格出力(ネット)
405 HP
302 kW
運転質量
78326 lb
35528 kg

概要

バーを締固めに設定

設計段階から耐久性を考慮したCat 825Kは、再生して何度も使用できるように利用度を最大限に高めています。最適な性能および整備性を発揮するよう設計されているため、この頑丈で力強い機械は、過酷な締固めおよび押土作業を行えます。

製品仕様 825K

エンジンモデル Cat® C15 Cat® C15
定格出力(ネット) 405 HP 302 kW
定格出力(正味ISO 9249) 405 HP 302 kW
最大正味トルク - 1,300 rpm 1478.8 lb/ft 2005 N·m
最高高度 - 出力低下なし(Tier 4 Final/Stage IV) 9298 ft 2834 m
定格出力(ネット) - コンバータドライブ - 定格出力(グロス) 435 HP 324 kW
行程 6.7 in 171.4 mm
定格出力(ネット) - コンバータドライブ - トルクライズ 8.5% 8.5%
定格出力(グロス) 435 HP 324 kW
ハイアイドル回転数 2300 r/min 2300 r/min
定格出力(正味SAE J1349) 405 HP 302 kW
排出ガス 米国EPA Tier 4 Final/EU Stage IVまたは米国EPA Tier 3/EU Stage IIIAと同等の排出ガス基準に適合 米国EPA Tier 4 Final/EU Stage IVまたは米国EPA Tier 3/EU Stage IIIAと同等の排出ガス基準に適合
ローアイドル回転数 800 r/min 800 r/min
定格出力(ネット) - ダイレクトドライブ - トルクライズ 33% 33%
最高高度 - 出力低下なし(Tier 3 Final/Stage IIIAと同等) 9098 ft 2773 m
定格出力(ネット) - ダイレクトドライブ - 定格出力(グロス) 412 HP 307 kW
内径 5.4 in 137.2 mm
総行程容積(排気量) 927.6 in³ 15.2 l
運転質量 78326 lb 35528 kg
運転質量 - Tier 3 Final/Stage IIIAと同等 77340 lb 35081 kg
運転質量 - Tier 4 Final/Stage IV 78326 lb 35528 kg
走行速度 - 後進 - 1速 3.9 mile/h 6.2 km/h
走行速度 - 前進 - 1速 3.4 mile/h 5.5 km/h
走行速度 – 後進 – 3速 12.2 mile/h 19.7 km/h
走行速度 - 後進 - 2速 6.9 mile/h 11.1 km/h
走行速度 – 前進 – 3速 10.7 mile/h 17.2 km/h
トランスミッション型式 プラネタリ式 - パワーシフト - ECPC プラネタリ式 - パワーシフト - ECPC
走行速度 - 前進 - 2速 6 mile/h 9.7 km/h
周囲騒音レベル(ISO 6395) 113 dB(A) 113 dB(A)
オペレータ騒音レベル - ISO 6396 73 dB(A) 73 dB(A)
最低地上高 1.6 ft 492 mm
長さ - ブレードを地面に置いた場合 28.1 ft 8561 mm
高さ - 排気管最上部まで 14.1 ft 4290 mm
ヒッチからフロントアクスルの中心線まで 6.1 ft 1850 mm
旋回半径 - プッシュアームの内側 8.6 ft 2627 mm
リアアクスルの中心線からカウンタウエイトの端まで 9.3 ft 2830 mm
ホイールベース 12.1 ft 3700 mm
最低地上高 - バンパまで 2.7 ft 810 mm
高さ - 回転灯頂部 14.4 ft 4381 mm
高さ - ROPS/キャノピ 13.3 ft 4059 mm
高さ - フード最上部まで 10.4 ft 3162 mm
幅 - ホイールを含む 11.98 ft 3650 mm
作動油タンクのみ 35.4 gal (US) 134 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ - リア 29.1 gal (US) 110 l
燃料タンク 206.6 gal (US) 782 l
冷却系統 30.6 gal (US) 116 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ - フロント 26.4 gal (US) 100 l
トランスミッション 17.4 gal (US) 66 l
ディーゼル排気液タンク(Tier 4 Final/Stage IV) 8.5 gal (US) 32 l
エンジンクランクケース 9 gal (US) 34 l
オシレーション角度 ±8° ±8°
リア プラネタリ式 - オシレーチング プラネタリ式 - オシレーチング
フロント プラネタリ式 - 固定 プラネタリ式 - 固定
最大供給圧力 3495 psi 24100 kPa
メインリリーフ圧力 3495 psi 24100 kPa
複動型シリンダ - チルト、ボア、ストローク 95.25 mm x 216 mm(3.75 in x 8.5 in) 95.25 mm x 216 mm(3.75 in x 8.5 in)
ポンプ流量(1,800 rpm時) 30.9 gal/min 117 l/min
複動型シリンダ - リフト、ボア、ストローク 120 mm x 1,070 mm(4.7 in x 42.1 in) 120 mm x 1,070 mm(4.7 in x 42.1 in)
合計チルト調整量 2.9 ft 890 mm
最大上昇量 3.14 ft 958 mm
モールドボード - 長さ 14.4 ft 4390 mm
ブレード・チルト角度 - 左 - 機械式 4.1° 4.1°
幅 - エンドビットを含む 15.18 ft 4628 mm
ブレード・チルト角度 - 左 - 油圧式 5.4° 5.4°
ブレードチップ角度 - 合計 14.8° 14.8°
最大下降量 1.97 ft 602 mm
高さ - カッティング・エッジを含む 3.4 ft 1032 mm
ブレードチップ角度 - 前方 7.3° 7.3°
ブレード・チルト角度 - 右 - 機械式 5.1° 5.1°
ブレードチップ角度 - 後方 7.5° 7.5°
ブレード・チルト角度 - 右 - 油圧式 6.3° 6.3°
ブレード・チルト角度 - 完全左 10.1° 10.1°
ブレード・チルト角度 - 完全右 10.8° 10.8°
最大流量 170 L/分@ 1,800 rpm(44.9 gal/分@ 1,800 rpm) 170 L/分@ 1,800 rpm(44.9 gal/分@ 1,800 rpm)
行程 22.7 in 576 mm
ステアリングシステム - サーキット 復動型 - エンド取付け 復動型 - エンド取付け
ステアリング角度 86° 86°
内径 4.5 in 114.3 mm
ステアリング圧力(制限付き) 3481 psi 24000 kPa
ステアリングシステム - ポンプ 可変容量ピストンポンプ 可変容量ピストンポンプ
質量 16167 lb 7333 kg
ドラム幅 3.7 ft 1125 mm
ドラム直径 4.3 ft 1299 mm
ホイールあたりのチップ数 65 65
幅 - ドラムを含む 11.98 ft 3650 mm
外径 5.5 ft 1672 mm
オペレータ騒音レベル - ISO 6396 72 dB(A) 72 dB(A)
周囲騒音レベル(ISO 6395) 110 dB(A) 110 dB(A)
パーキングブレーキ ドラムおよびシュー、スプリング作動式、油圧開放式 ドラムおよびシュー、スプリング作動式、油圧開放式

825K 標準装備

パワートレーン

  • エアツーエアアフタクーラ
  • オートシフト
  • 密閉油圧式湿式多板ディスク
  • Cat排出ガス低減モジュール(Tier 4 Final/Stage IV)
  • 電気油圧式パーキングブレーキ
  • 電子制御クラッチ圧力制御(ECPC, Electronic Clutch Pressure Control)
  • エンジン、Cat C15:– Tier 4 Final/Stage IV – Tier 3/Stage IIIAと同等
  • 電動燃料プライミング
  • 燃料クーラ
  • エンジン非常停止スイッチ(地上から)
  • 油圧駆動式デマンドファン
  • 集中制御式ブレーキ・システム
  • マフラ(フード下)(Tier 3/Stage IIIAと同等)
  • アルミ製モジュールラジエータ(AMR、Aluminum Modular)
  • セパレートクーリングシステム
  • シングル・クラッチ・スピード・シフティング(SCSS, Single Clutch Speed Shifting)
  • エーテル始動補助装置(自動)
  • スロットルロック
  • トルク・コンバータ(ロックアップ・クラッチ(LUC, Lock Up Clutch)付き)
  • トランスミッション(プラネタリ式、3F/3R速度段コントロール付き)

電気系統

  • 後進警報ブザー
  • オルタネータ(150 A)
  • バッテリ(メンテナンス・フリー、4~1,000 CCA)
  • 電気系統(24 V)
  • マスタディスコネクトスイッチ(地上からロック可能)
  • 警告灯(スイッチなし、LEDストロボ)
  • アクセス階段照明
  • 照明(フード下)
  • ハロゲン照明システム(フロントおよびリア)
  • 方向指示器(リア)
  • スタータ(電動、ヘビーデューティ)
  • 緊急時始動用始動ソケット

運転席

  • 12 V電源ソケット(携帯電話またはラップトップコンピュータ用)
  • AccuGrade™マッピング(対応)
  • エアコン
  • プレッシャライザ機能付キャブ
  • キャブドア(スライド式ウィンドウ)(左)
  • 締固めコントロール(対応)
  • コートフックとヘルメットフック
  • 電動 - 油圧式チルト/リフト・コントロール
  • フィンガチップシフトコントロール
  • 可倒式アームレスト
  • ヒータおよびデフロスタ
  • ホーン
  • 作業装置油圧ロック
  • 計器、ゲージ類: – 尿素水レベル(Tier 4 Final/Stage IV) – エンジンクーラント温度 – 燃料レベル – 作動油温度 – 速度計/タコメータ – トルクコンバータ温度
  • 計器類(警告インジケータ)– 異常警報システム(3区分) – ブレーキ油圧 – 電気系統(低電圧) – エンジン故障/誤作動警報およびアクションランプ – パーキングブレーキ警告
  • ROPS/FOPS内蔵キャブ
  • ラミネートガラス
  • 室内灯
  • ランチボックスおよびドリンクホルダ
  • ミラー(室内、パノラマ式)
  • ヒータ・ミラー対応
  • リアビューミラー(車外取付け)
  • ラジオ装備対応– アンテナ – スピーカ – コンバータ(12 V、10~15 A)
  • Cat コンフォートクロスシート(エアサスペンション付き)
  • 巻取り式シート・ベルト(76 mm(3 in)幅)
  • STICコントロールシステム(ロック装備)
  • フロントサンバイザ
  • 着色ガラス
  • トランスミッションギヤ(インジケータ)
  • VIMS (Vital Information Management System)– グラフィックインフォメーションディスプレイ – 外付けデータポート – カスタマイズ可能なオペレータプロフィール
  • ワイパ/ウォッシャ(フロントおよびリア)
  • 間欠ワイパ(フロントおよびリア)

タイヤ、リム、ホイール

  • ホイール(タンピング・チップ)

ガード

  • ガード(ドライブシャフト)
  • ガード(クランクケースおよびパワートレーン)

ブレード

  • ブルドーザ・ストレート・ブレード、ハイドロリック・システム、リンケージはベースの機械に含まれる

冷却水

  • 不凍液(エクステンデッド・ライフ・クーラントの50 %混合液、-34 °C(-29 °F)まで対応)

その他の標準装備品

  • 歯付きクリーナバー
  • サービスアクセスドア
  • エコロジードレーン(エンジン、ラジエータ、トランスミッション、作動油タンク用)
  • プラットフォーム非常出口
  • エンジン、クランクケース(CJ-4オイル使用で500時間の交換間隔)
  • エンジンアイドリング制御システム:– オートアイドルキックダウン – ディレイドエンジンシャットダウン(エンジン自動クールダウン) – オートアイドリングストップ機能
  • 高速燃料システム
  • 消火用機器対応
  • フュエル・タンク(高速充填、782 L(207 gal))
  • ドローバヒッチ(ピン付き)
  • ホース(Cat)
  • 油圧、エンジン、トランスミッションオイルクーラ
  • 高速オイル交換システム
  • オイルサンプリングバルブ
  • Product Link(プロダクトリンク)
  • 階段(左右リアアクセス)
  • ロードセンシングステアリング
  • トーキック(つま先板)
  • トータルハイドロリックフィルタシステム
  • 盗難防止キャップロック
  • ベンチュリスタック
  • 排気筒(輸送時折りたたみ可能)

825K オプション装備品

運転席

  • リアビジョンカメラ
  • ラジオ(AM/FM/AUX/USB/BLUETOOTH付き)
  • ラジオ(CB対応)

テクノロジ製品

  • 締固めコントロール(基本)

冷却水

  • 不凍液(-50 °C(-58 °F)まで)

始動補助装置

  • ヒータ(エンジンクーラント用、120 V)
  • ヒータ(エンジンクーラント用、240 V)

その他

  • フィルム(ANSI)(Tier 4 Final/Stage IV)
  • EU認定(Tier 4 Final/Stage IV)
  • 製造年プレート(Tier 3/Stage IIIAと同等)

825K を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意

互換性のあるテクノロジとサービス

Caterpillarのコネクテッドデータおよびセキュリティ原則を活用することで、効率および生産性を高め、ビジネスをより収益性の高いものにすることができます。

  • マシンドライブパワー(MDP)搭載のCat Compact

    マシンドライブパワーは、エネルギーベースの測定システムで、締固めと転がり抵抗を関連付けて土壌の固さを示します。オプションでマッピングシステムを搭載することもできます。これにより、実施中の作業を視覚的に確認できるようになるため、コンパクタによって作業現場全体を均一に整地することができます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

マシンドライブパワーは、エネルギーベースの測定システムで、締固めと転がり抵抗を関連付けて土壌の固さを示します。オプションでマッピングシステムを搭載することもできます。これにより、実施中の作業を視覚的に確認できるようになるため、コンパクタによって作業現場全体を均一に整地することができます。

テクノロジを見る
  • CAT Inspect

    CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

  • Cat Product Link

    CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

  • CAT VisionLink

    VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

  • CATアプリ

    効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

  • CATリモートフラッシュ

    リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

  • ISO 15143-3 (AEMP 2.0) API

    テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

  • My.Cat.Com

    My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

テクノロジを見る

CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

テクノロジを見る

VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

テクノロジを見る

効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

テクノロジを見る

リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

テクノロジを見る

テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

テクノロジを見る

My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

テクノロジを見る
  • CAT Productivity

    CAT® Productivityは、任意の運転規模に拡張可能なクラウドベースのアプリケーションです。Cat Production Measurementの詳細なデータ、車両データ、作業現場データが、車載のCAT Product Link™デバイスからWebプラットフォームに直接送信されます。これらのデータには、モバイルデバイス、タブレット、デスクトップデバイスを使用してどこからでもアクセスできます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Productivityは、任意の運転規模に拡張可能なクラウドベースのアプリケーションです。Cat Production Measurementの詳細なデータ、車両データ、作業現場データが、車載のCAT Product Link™デバイスからWebプラットフォームに直接送信されます。これらのデータには、モバイルデバイス、タブレット、デスクトップデバイスを使用してどこからでもアクセスできます。

テクノロジを見る