ホイールドーザ 854K

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

エンジンモデル
Cat® C32 ACERT™
Cat® C32 ACERT™
定格出力(グロス)
907 HP
676 kW
運転質量
224254 lb
101720 kg

概要

最適な仕様

Catホイールドーザは設計段階から耐久性を考慮し、再生して何度も使用できるようにすることで、利用度を最大限に高めています。性能を最適化し、整備性を高めることで、高い生産性と安全性を両立し、トン当たりコストの低減を可能にしています。大規模なドージング用途における過酷な作業向けに設計された854Kホイールドーザは、Catホイールドーザラインでは最も大型で、大規模なマイニング作業、発電設備、一般的な請負業、および可動性、汎用性、締固めが必要とされる作業に理想的です。

利点

正しい選択

大規模なマイニング作業、発電設備などの大規模な押土用途に最適です。

スピード、機動性、汎用性を兼ね備える

複数の現場作業のサポートに最適な機械です。

高速な後進走行

サイクルタイムを短縮し、生産性を大幅に向上させます。

製品仕様 854K

エンジンモデル Cat® C32 ACERT™ Cat® C32 ACERT™
定格出力(グロス) 907 HP 676 kW
排出ガス(米国EPA Tier 4 Final): 定格出力(グロス) - SAE J1995 900 HP 671 kW
排出ガス(米国EPA Tier 4 Final): 定格出力(ネット) - ISO 9249 814 HP 607 kW
排出ガス(Tier 2相当): 定格出力(グロス) - SAE J1995 907 HP 676 kW
排出ガス(Tier 2相当): 定格出力(ネット) - ISO 9249 814 HP 607 kW
定格回転数 1750 r/min 1750 r/min
内径 5.7 in 145 mm
行程 6.4 in 162 mm
総行程容積(排気量) 1958 in² 32.1 l
最大トルク - 1,200 rpm時 3139 lb/ft 4242 N·m
トルクライズ 30 % 30 %
注記(1) 表示されている定格出力は、エンジンにファン、エアクリーナ、マフラ、およびオルタネータが装備された状態で、フライホイール部で得られる出力です。 表示されている定格出力は、エンジンにファン、エアクリーナ、マフラ、およびオルタネータが装備された状態で、フライホイール部で得られる出力です。
注記(2) 正味トルクライズ値はSAE J139に適合しています。 正味トルクライズ値はSAE J139に適合しています。
注記(3) 標高3,050 m(10,000 ft)までは、エンジンの出力レベルを下げる必要はありません。 標高3,050 m(10,000 ft)までは、エンジンの出力レベルを下げる必要はありません。
運転質量 224254 lb 101720 kg
トランスミッション型式 Catプラネタリ式パワーシフト Catプラネタリ式パワーシフト
コンバータドライブ - 前進1速 4.4 mile/h 7.1 km/h
コンバータドライブ - 前進2速 7.7 mile/h 12.4 km/h
コンバータドライブ - 前進3速 13.2 mile/h 21.2 km/h
コンバータドライブ - 後進1速 4.8 mile/h 7.7 km/h
コンバータドライブ - 後進2速 8.4 mile/h 13.5 km/h
コンバータドライブ - 後進3速 14.6 mile/h 23.5 km/h
ダイレクトドライブ - 前進1速 ロックアップ無効 ロックアップ無効
ダイレクトドライブ - 前進2速 8.1 mile/h 13 km/h
ダイレクトドライブ - 前進3速 14.2 mile/h 22.8 km/h
ダイレクトドライブ - 後進1速 5 mile/h 8 km/h
ダイレクトドライブ - 後進2速 8.9 mile/h 14.3 km/h
ダイレクトドライブ - 後進3速 15.6 mile/h 25.1 km/h
注記 走行速度は、45/65-45 L-5 46プライのタイヤを想定したものです。 走行速度は、45/65-45 L-5 46プライのタイヤを想定したものです。
1,850 rpm、6,900 kPa(1,000 psi)での出力 161 gal/min 610 l/min
複動型シリンダ - リフト、ボア、ストローク 177 mm x 1,760 mm(0.58 in x 5.8 in) 177 mm x 1,760 mm(0.58 in x 5.8 in)
複動型シリンダ - チルトおよびチップ、ボアおよびストローク 267 mm x 286 mm(0.88 ft x 0.94 ft) 267 mm x 286 mm(0.88 ft x 0.94 ft)
リリーフバルブ設定 - リフト(大型ポンプ) 3289 psi 22675 kPa
リリーフバルブ設定 - チルト(小型ポンプ) 3560 psi 24560 kPa
燃料タンク - 標準 413 gal (US) 1562 l
冷却系統 53 gal (US) 200 l
クランクケース 32 gal (US) 120 l
トランスミッション 45 gal (US) 169 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ - フロント 98 gal (US) 369 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ - リア 90 gal (US) 342 l
油圧システム - 作業装置およびブレーキ - タンクのみ 81 gal (US) 326 l
油圧システム - ステアリングおよびエンジン冷却ファン - タンクのみ 77 gal (US) 290 l
フロント 固定 固定
リア ±10ºのオシレーション ±10ºのオシレーション
シングルホイールの最大揺動量 22.6 in 573 mm
ブレーキ ISO 3540:2011に適合 ISO 3540:2011に適合
ブレード容量 25~45 m³(33~58 yd³) 25~45 m³(33~58 yd³)
エアコンディショニング 標準のエアコンディショニングシステムでは、環境にやさしいR134a冷媒を使用しています。 標準のエアコンディショニングシステムでは、環境にやさしいR134a冷媒を使用しています。
キャブ - ROPS/FOPS(1) 北米、ヨーロッパ、日本では、Catキャブに別体式のROPS/FOPSが標準装備されています。 北米、ヨーロッパ、日本では、Catキャブに別体式のROPS/FOPSが標準装備されています。
キャブ - ROPS/FOPS(2) SAE J1040 MAY94、ISO 3471:2008、ISO 3471:2005 SAE J1040 MAY94、ISO 3471:2008、ISO 3471:2005
ROPS ROPSはSAE J1040 MAY94、ISO 3471:2008およびISO 3471:1994基準に適合しています。 ROPSはSAE J1040 MAY94、ISO 3471:2008およびISO 3471:1994基準に適合しています。
FOPS FOPSはSAE J231 JAN81およびISO 3449:1992 Level II基準に適合しています。 FOPSはSAE J231 JAN81およびISO 3449:1992 Level II基準に適合しています。
騒音に対する性能(1) 動作時の運転者音圧レベルは71 dB(A)です。これは、"ISO 6396:2008"を適用し、密閉したキャブで測定した場合の値です。 動作時の運転者音圧レベルは71 dB(A)です。これは、"ISO 6396:2008"を適用し、密閉したキャブで測定した場合の値です。
騒音に対する性能(2) 15 m(49.2 ft)離れた距離から測定した場合の標準機械の外部音圧レベルは87 dB(A)です。 15 m(49.2 ft)離れた距離から測定した場合の標準機械の外部音圧レベルは87 dB(A)です。
騒音に対する性能(3) 開放型の運転室やキャブまたは騒音の激しい環境で長時間作業を行う際には、聴力保護具が必要になることがあります。 開放型の運転室やキャブまたは騒音の激しい環境で長時間作業を行う際には、聴力保護具が必要になることがあります。
騒音に対する性能(4) ANSI/SAE J1166 FEB08で規定された作業サイクルに基づいて測定されたオペレータの騒音暴露レベルLeqは、71 dB(A)です。 ANSI/SAE J1166 FEB08で規定された作業サイクルに基づいて測定されたオペレータの騒音暴露レベルLeqは、71 dB(A)です。
最小回転半径 31 ft 9550 mm
合計ステアリング角度 86 ° 86 °
油圧出力(1,850 rpmおよび6,900 kPa(1,000 psi)時) 124 gal/min 470 l/min
リリーフバルブ設定 5004 psi 34500 kPa
シリアル番号のプレフィックス KK6 KK6
シリアル番号のプレフィックス RM6 RM6
高さ - ROPS頂部まで 18.25 ft 5590 mm
高さ - 排気管最上部まで 17.17 ft 5234 mm
高さ - フード最上部まで 13 ft 3984 mm
最低地上高 27 in 691 mm
フロントアクスルの中心線からヒッチまで 9.67 ft 2945 mm
リアアクスルの中心線からバンパ先端まで 13.75 ft 4195 mm
ホイールベース 19.25 ft 5890 mm
長さ - ブレードを地面に置いた場合 44 ft 13405 mm

854K 標準装備

注記

  • 標準およびオプション装備品は異なる場合があります。詳細については、Catディーラにお問い合わせください。

電気系統

  • 後進警報ブザー
  • オルタネータ(150 A)
  • バッテリ(ローメンテナンスタイプ)
  • DeutschおよびAmp Sealターミナルコネクタ
  • ECM診断コネクタ
  • 電気系統ディスコネクト(地上操作可能)
  • 緊急時始動用始動ソケット(地上操作可能)
  • ハロゲン照明システム(フロントおよびリア)
  • アクセス階段照明
  • スタータ(電動、ヘビーデューティ)
  • 始動および充電システム(24 V)

運転席

  • アドバイザディスプレイ
  • エアコンディショナおよびヒータ(自動温度制御機能付き)
  • キャブ: 騒音抑制型、加圧タイプ、転倒時運転者保護構造(ROPS/FOPS)、娯楽用ラジオ取付け対応(アンテナ、スピーカ、およびラップトップ/携帯電話対応12 Vコンバータ(24 V、10 A)1基を含む)
  • ライタおよび灰皿
  • コートフック
  • 電動油圧式チルト/リフトコントロールシステムロック
  • ヒータおよびデフロスタ
  • ホーン
  • 作業装置およびステアリングのロックアウト
  • VIMS 3Gモニタリングシステム:
    - 異常警報システム(3区分)
    - 計器類(ゲージ類):
    · エンジンクーラント温度
    · 燃料レベル
    · 作動油温度
    · タコメータ
    · トランスミッションギヤインジケータ
    ·トランスミッションオイル温度
  • キャブ室内灯
  • ランチボックスおよびドリンクホルダ
  • リアビューミラー(車外取付け)
  • 巻き取り式シートベルト(幅76 mm(3 in)、運転席およびトレーナシート)
  • Cat コンフォートクロスシート(エアサスペンション付き)
  • STICコントロールシステム
  • 着色ガラス
  • 湿式アームワイパ/ウォッシャ(フロント、リア、コーナ)、間欠式フロントワイパ

パワートレイン

  • エアツーエアアフタクーラ(ATAAC)
  • 自動アイドルキックダウン
  • アクスルオイルクーラ(フロントおよびリア)
  • 完全油圧式密閉ブレーキ(湿式多板ディスクサービスブレーキおよび乾式パーキング/セカンダリブレーキ)
  • ケースドレーンフィルタ
  • 遅延エンジンシャットダウン
  • デマンドファン
  • 電動燃料プライミングポンプ
  • Cat C32 ACERTエンジン
  • 地上からエンジンシャットダウンが可能
  • 地上から高速燃料充填が可能
  • 地上からトランスミッションロックアウトが可能
  • 地上からスタータロックアウトが可能
  • アイドルエンジンシャットダウン
  • エンジンエアインテークプレクリーナ
  • 次世代モジュララジエータ(NGMR)
  • 始動補助装置(エーテル、自動)
  • スロットルロック
  • トランスミッション(533 mm(21 in)プラネタリ式、前進3速/後進3速のパワーシフト、電子制御)
  • ベンチュリ排気筒

その他の標準装備品

  • 自動給脂
  • バケット自動リフト/チルトキックアウト機能(キャブ内から電子的に調節可能)
  • バンパサービスセンタ
  • カップリング(Cat Oリングフェースシール)
  • サービスアクセスドア
  • プラットフォーム非常出口
  • スチールフェンダ(フロントおよびリア)
  • 集中油圧ポート
  • パワートレーンガードおよびクランクケースガード
  • ドローバヒッチ(ピン付き)
  • ホース(Cat XT™、XT-ES)
  • 作動油クーラ
  • インペラクラッチ
  • 作業装置およびステアリング用エコロジードレーン
  • マフラ(フード下)
  • オイルサンプリングバルブ
  • ピストンポンプケースドレーンフィルタ
  • 電気-油圧式ブレードコントロール
  • Product Link™
  • 地上からの操作が可能な電気系統サービスセンターおよび液体充填サービスセンター
  • サイトゲージ:
    - クーラントレベル
    - 作業装置オイルレベル
    - ステアリングオイルレベル
    - トランスミッションオイルレベル
  • スタータロックアウト(バンパ)
  • 階段(左右リアアクセス)
  • ロードセンシングステアリング
  • トーキック(つま先板)
  • トランスミッションロックアウト(バンパ)
  • 盗難防止キャップロック
  • キャブフロントウィンドウクリーニングプラットフォーム
  • ベンチュリスタック

タイヤ、リム、ホイール

  • タイヤは必須アタッチメントのセクションから選択してください。マシンの基本価格には、タイヤ割り当てが含まれています。

不凍液

  • -34 °C(-29 °F)までの環境で凍結防止性能を有するエクステンデッドライフクーラントの50 %混合液

854K オプション装備品

注記

  • 標準およびオプション装備品は異なる場合があります。詳細については、Catディーラにお問い合わせください。

ブレード

  • セミU型 – 25.4 m³(33.1 yd³)
  • ヘビーデューティ仕様セミU型 – 25.4 m³(33.1 yd³)
  • 石炭用 – 44.7 m³(58.2 yd³)

電気系統

  • 10 Aコンバータ
  • HIDライト
  • 障害物検出
  • リアビューカメラ
  • 黄色回転灯(LEDストロボ)

運転席

  • AM/FM/CD/MP3ラジオ
  • キャブプレクリーナ
  • Sirius/USB/Bluetoothラジオ
  • サンスクリーン

始動補助装置

  • エンジンクーラントヒータ(120 V)
  • エンジンクーラントヒータ(240V)

機械制御およびガイダンス

  • CAESアタッチメント対応オプション

その他のアタッチメント

  • 極寒気候仕様不凍液(-50 °C(-58 °F)まで保護)
  • 診断ライン
  • ローディングフェンダ

854K を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

Use the comparison tool to compare detailed specs of Cat and competitor models.

COMPARE ALL MODELS

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

生産性の向上。 効率の改善。

Cat®コンストラクションテクノロジを使用すると、機械とオペレータの生産性が向上します。

詳細

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意

互換性のあるテクノロジとサービス

Caterpillarのコネクテッドデータおよびセキュリティ原則を活用することで、効率および生産性を高め、ビジネスをより収益性の高いものにすることができます。

  • CAT Inspect

    CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

  • Cat Product Link

    CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

  • CAT VisionLink

    VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

  • CATアプリ

    効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

  • CATリモートフラッシュ

    リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

  • ISO 15143-3 (AEMP 2.0) API

    テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

  • My.Cat.Com

    My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

テクノロジを見る

CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

テクノロジを見る

VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

テクノロジを見る

効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

テクノロジを見る

リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

テクノロジを見る

テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

テクノロジを見る

My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

テクノロジを見る