349F/349F L(2017)

< 戻る

ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

概要

349F Lは、生産性の向上と、所有コストやオペレーティングコストの削減を目指して製造されました。さらに、出力、燃料効率、信頼性など、成功に必要な要素をすべて備えています。

エンジン

エンジン名称 Cat C13 ACERT Cat C13 ACERT Less
正味フライホイール出力 417.0 HP 311.0 kW Less
内径 5.12 in 130.0 mm Less
ストローク 6.18 in 157.0 mm Less
総行程容量 762.8 in³ 12.5 l Less
定格出力(グロス) – SAE J1995 432.0 HP 322.0 kW Less
定格出力(ネット) – SAE J1349 417.0 HP 311.0 kW Less

質量

運転質量 108688.0 lb 49300.0 kg Less

車両質量

最小運転質量* 104720.0 lb 47500.0 kg Less
最大運転質量** 108688.0 lb 49300.0 kg Less
注記 (1) *標準足回り、650 mm DG、リーチブーム、R3.35 mスティック装着時 *標準足回り、650 mm DG、リーチブーム、R3.35 mスティック装着時 Less
注記 (2) **固定式ロング足回り、750 mm TG、リーチブーム、R3.35 mスティック装着時 **固定式ロング足回り、750 mm TG、リーチブーム、R3.35 mスティック装着時 Less

旋回

旋回モータトルク 109500.0 ft·lbf 148.5 kN·m Less
旋回速度 8.7 r/min 8.7 r/min Less

走行

最高走行速度 2.9 mile/h 4.7 km/h Less
最大けん引力 75300.0 lbf 335.0 kN Less

油圧系統

スイングシステム – 最大流量 102.0 gal/分 385.0 L/分 Less
パイロットシステム – 最大圧力 598.0 psi 4120.0 kPa Less
パイロットシステム – 最大流量 7.1 gal/分 27.0 L/分 Less
メインシステム – 最大流量(合計) 203.0 gal/分 770.0 L/分 Less
最大圧力 – 作業機 5076.0 psi 35000.0 kPa Less
最大圧力 – 旋回時 3989.0 psi 27500.0 kPa Less
最大圧力 – 走行時 5076.0 psi 35000.0 kPa Less

交換時の容量

燃料タンク容量 190.0 ガロン 720.0 l Less
冷却水 13.2 ガロン 50.0 l Less
旋回ドライブ(片側) 2.6 ガロン 10.0 l Less
ファイナルドライブ(片側) 4.0 ガロン 15.0 l Less
油圧系統(タンクを含む) 150.6 ガロン 570.0 l Less
作動油タンク 107.5 ガロン 407.0 l Less
エンジンオイル(フィルタ付き) 10.0 ガロン 38.0 l Less
尿素水タンク 10.8 ガロン 41.0 l Less

寸法: リーチブーム6.9 m(22 ft 8 in)、R3.35TB(11 ft 0 in)スティック、1.9 m3(2.5 yd3)バケット、固定式ロング足回り

カウンタウエイト下端高さ* 4.2 ft 1280.0 mm Less
キャブ高さ 10.5 ft 3230.0 mm Less
キャブ高さ(トップガード装着時) 11.25 ft 3430.0 mm Less
クローラ中心距離 9.0 ft 2740.0 mm Less
トラック全長 16.54 ft 5040.0 mm Less
ローラの中心間距離 13.22 ft 4030.0 mm Less
全長(輸送時) 39.0 ft 11900.0 mm Less
全高(輸送時) 12.24 ft 3730.0 mm Less
後端旋回半径 12.17 ft 3730.0 mm Less
最低地上高* 1.67 ft 510.0 mm Less
輸送時の幅 - 750 mmシュー 11.45 ft 3490.0 mm Less

寸法: リーチブーム6.9 m(22 ft 8 in)、R3.35TB(11 ft 0 in)スティック、1.9 m3(2.5 yd3)バケット、標準足回り

注記 *シューラグの高さを含まない。 *シューラグの高さを含まない。 Less

作業範囲: リーチブーム6.9 m(22 ft 8 in)、R3.35TB(11 ft 0 in)スティック、1.9 m3(2.5 yd3)バケット、標準/固定式ロング足回り

最大ダンプ高さ 24.38 ft 7430.0 mm Less
最大切削高さ 35.5 ft 10820.0 mm Less
最大垂直壁掘削深さ 19.13 ft 5830.0 mm Less
最大床面掘削半径 38.48 ft 11730.0 mm Less
最大掘削深さ 25.13 ft 7660.0 mm Less
最小ダンプ高さ 9.02 ft 2750.0 mm Less

作業性能

  • C13 ACERT™エンジンはオフロード法2014年(Tier 4 Final)排出ガス基準適合。
  • オートマチックエンジンスピードコントロールが負荷に応じて回転数を下げ、燃料消費量を削減。
  • 複数のパワーモードにより、積極的に燃料消費量を管理。

Cat® Connect(Catコネクト)テクノロジ

  • Cat Connect(Catコネクト)テクノロジソリューションは、LINK(リンク)、GRADE(グレード)およびDETECT(ディテクト)テクノロジを提供することにより、生産性向上、オペレーティングコストの最小化、投資利益の最適化に貢献。
  • Visionlink®(ビジョンリンク)から車両の位置、稼働時間、非稼働時間、燃料消費量、生産性、診断コードなどの運転データにワイヤレスでアクセスし、性能を最適化。
  • Catグレードコントロールから切崩し/埋戻し情報をリアルタイムで提供するため、勾配や傾斜を従来よりもすばやく正確に造成することが可能。

メンテナンス

  • 給脂箇所や油水タップなどの日常メンテナンス箇所を、地上から楽に手が届く位置に配置。
  • 並列クーリングシステム装備で清掃が容易。
  • 多数のS·O·SSMポートおよび圧力診断タップを備え、メンテナンス時の休車時間を短縮。

快適性

  • フルサイズのROPS(Roll-Over Protective Structure、転倒時運転者保護構造)認定キャブは静音で快適。
  • ジョイスティックコンソールとアームレストは調整可能。 シートは調整式で、エアサスペンションと冷暖オプションをご用意。
  • LCDモニタは操作が簡単で、44言語でプログラム可能。

汎用性

  • Catシャーやマルチプロセッサにより、解体作業もすばやく簡単に完了。
  • 専用のCatバケットとハンマで採石作業にも難なく対応。
  • Catカプラ装備で、キャブを降りることなく、瞬時にアタッチメントを交換。

耐久性

  • ブームとスティックは耐用年数の延長を目指して製造。
  • 高い負荷のかかる部分には、多板構造、鋳造品、鍛造品を使った箱型断面構造を採用。 トラックシュー、リンク、ローラ、アイドラ、ファイナルドライブは高抗張力鋼製。
  • グリース潤滑式のトラックリンクをピンとブッシュ間に採用し、足回りの寿命を延長するとともに騒音を低減。

安全性

  • スマート給油により、高速充填燃料ポンプを停止すべき時を感知し、過剰な給油を防止。
  • リアビューカメラにより、良好な視界を確保し、より効果的、効率的に作業を行うことが可能。
  • ハンドレールとガードレールが延長されたため、デッキ昇降時の安全性が向上し、滑り止めプレートがあらゆる天候で滑る危険を低減。