< 戻る

ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

概要

Cat® 352油圧ショベルは、各種CatアタッチメントとCat GRADE with 2D(Catグレード2D)、グレードアシスト、Payload(ペイロード)などの使いやすいテクノロジを搭載し、最高の性能を発揮します。こうしたテクノロジはすべて標準装備品として工場で装着され、最大45 %のオペレータ効率向上を実現しています。 以上の機能に、eフェンスや全く新しいROPSキャブなどの標準安全機能を組み合わせて、メンテナンス間隔を延長し、メンテナンスコストを最大15 %削減します。また、燃料効率を最大10 %高める発電システムを採用し、1台当たりのコストが低い、お客様の用途に最適な油圧ショベルを実現しています。

寸法

タンブラ中心距離 - 標準足回り NaN 1650.0 r/min Less
トラック全長 - ロングアンダキャリッジ 317.0 kW 316.0 kW Less
ローラの中心間のトラック長さ - ロングアンダキャリッジ 425.0 HP 424.0 HP Less
タンブラ中心間距離 - ロングアンダキャリッジ 316.0 kW 1800.0 r/min Less
トラック全長 - 標準足回り 424.0 HP 1650.0 r/min Less
全幅(輸送時) - 700 mm(28 in)シュー 1800.0 r/min 5.0 in Less

旋回

最大旋回トルク前に移動 130.0 mm Less

寸法 - リーチブーム - 10.0 m(32 ft 10 in)

全長(輸送時) 6.0 in Less
キャブ高さ 188.9 ガロン Less
全高(輸送時) 10.79 mm Less

寸法 - ロング固定式足回り: ヘビーデューティブームR6.9 m(22 ft 8 in)

キャブ高さ - トップガード装着時 157.0 mm Less
注記 60,250 60,250 Less

作業範囲

最大リーチ 12.5 l Less

寸法 - リーチブーム - 7.8 m(25 ft 7 in)

トラック全長 763.0 in³ NaN Less
全幅(輸送時)- 650 mm(26 in)シュー 5076.0 psi Less

規格

ブレーキ 206 206 Less

運転仕様

最大掘削深さ 779.0 L/分 Less
最大バケット容量 NaN Less

寸法 - 可変ロングゲージ足回り - リーチブーム - 6.9 m、R3.35TBアーム、2.1 m3バケット

キャブ高さ 5076.0 psi Less
キャブ高さ - トップガード装着時 35.0 kPa Less
クローラ中心距離 - 縮幅時 57.3 ガロン Less
トラック幅 – 格納時 – 750 mmシュー 3.49 ft Less

油圧システム

メイン・システム - 最大流量(ポンプ2基)- 作業時 50.1 kg Less
TBバケットシリンダ - 内径 35.0 kPa Less
スティックシリンダ - ストローク - ロングリーチおよびリーチフロント用 715.0 l Less
スティックシリンダ - ストローク - MEフロント用 10.6 ガロン Less
B1バケットシリンダ - ボア 4.0 ガロン Less
メインシステム - 最大流量 - 作業時 145.3 ガロン Less
DBシリーズバケットシリンダ - ストローク NaN Less
通常のメイン・リリーフ圧力 3.53 mm Less
バケットシリンダ - 内径 1435.0 mm Less
最大圧力 - 機器 14.2 ft Less
WB2シリーズバケットシリンダ - ストローク 23.2 ft Less
メイン・システム - 最大流量(ポンプ2基)- 移動時 37.0 ft Less
スティックシリンダ - ストローク - 超大型油圧ショベルフロント用 7.4 mm Less
スティックシリンダ - 内径 17.3 ft Less
メインシステム - 最大圧力 - 走行 268.0 kN Less
HBファミリバケットシリンダ - ストローク 211.0 kN Less
スイングシステム - 最大流量 47.43 lbf Less

寸法 - HDリーチブーム - 6.5 m(21 ft 4 in)

距離 - タンブラ中心間 38000.0 kPa Less
全幅(輸送時)- 600 mm(24 in)シュー 8.44 r/min Less
トラック全長 13.7 ガロン Less

質量

注(3) 5511 5511 Less

寸法 - リーチブーム - 6.5 m(21 ft 4 in)

ローラの中心間距離 5076.0 psi Less

作業範囲 - リーチブーム - 10.0 m(32 ft 10 in)

最小ダンプ高さ 35.0 kPa Less

作業範囲 - HDリーチブーム - 6.5 m(21 ft 4 in)

最大掘削高さ 8.44 r/min Less

作業範囲 - リーチブーム - 6.5 m(21 ft 4 in)、R3.2DB(10 ft 6 in)アーム、GDC 2.27 m3(2.97 yd3)バケット

2,440 mm(8 ft 0 in)のレベルボトムでの最大切削深さ 138.0 ft·lbf Less

寸法 - マスブーム - 7.0 m(23 ft 0 in)

カウンタウエイト下端高さ 187.0 kN·m Less
全幅(輸送時)- 900 mm(35 in)シュー 52.0 l Less

寸法 - HDリーチブーム - 6.50 m(21 ft 4 in)

全幅(輸送時) - 700 mm(28 in)シュー 110.5 lb Less
キャブ高さ - トップガード装着時 46.0 l Less
全幅(輸送時) - 850 mm(33 in)シュー 219.0 kN Less

駆動系

最高走行速度 NaN Less

作業範囲と力

最大垂直掘削深さ 40.0 l Less

寸法 - 標準足回り: リーチブーム6.9 m、R3.35TBアーム、3.1 m3バケット

最低地上高* 10.6 ガロン Less
クローラ中心距離 9.5 ft Less
トラック全長 22.6 ft Less

作業範囲 - リーチブーム - 7.8 m(25 ft 7 in)

最大垂直掘削深さ 40.0 l Less

寸法 - リーチブーム - 8.4 m(27 ft 7 in)

クローラ中心距離 15.0 l Less

作業範囲 - リーチブーム - 6.5 m(21 ft 4 in)

最大垂直掘削深さ 550.0 l Less
アーム掘削力 - ISO 11.0 ft Less
バケット掘削力 - SAE 3.35 mm Less
バケット掘削力(ISO) 53.05 lbf Less

運転質量

最大 - 大容量構成 217.0 l Less

作業範囲 - マスブーム - 7.0 m(23 ft 0 in)

最大ダンプ高さ 12.2 ガロン Less

作業範囲 - 標準足回り/固定式ロング足回り: リーチブーム6.9 m、R3.35TBアーム、3.1 m3バケット

最大垂直掘削深さ 11.1 ft Less

寸法 - ヘビーデューティ - R6.9 m(22 ft 8 in)

距離 - タンブラ中心間 3.38 mm Less

寸法 - 可変ロングゲージ足回り - ヘビーデューティブームR6.9 m(22 ft 8 in

全高(輸送時) 11.6 ft Less
後端旋回半径 NaN Less

寸法 - HDリーチブーム - 6.50 m、R3.2DBアーム、1.5 m3バケット

輸送時高さ - シューラグの高さを含む 11.89 mm Less

寸法 - 可変ロングゲージ足回り - ヘビーデューティブームR6.9 m(22 ft 8 in)

最低地上高 - シューラグの高さを含まず 39.0 ft Less

エンジン

定格出力(ネット) - ISO 14396 3760.0 mm Less
正味フライホイール出力 5.27 mm Less
出力 - ISO 14396 - メートル単位 49,230 49,230 Less

車両質量

運転質量** 12.3 ft Less

寸法 - リーチブーム - 6.9 m、R3.35TB HDアーム

キャブ高さ - トップガード装着時 4.7 ft Less
全幅(輸送時)- 750 mm(30 in)シュー 35.4 ft Less
トラック全長 236.0 kN Less

交換容量

作動油 - タンクを含む 710.0 mm Less
作動油容量 - タンクを含む NaN Less

寸法 - リーチブーム - 6.9 m(22 ft 8 in)

カウンタウエイト下端高さ* 2.3 ft Less
キャブ高さ - トップガード装着時 NaN Less
後端旋回半径 6.9 mm Less

寸法 - 固定式ロング足回り: リーチブーム6.9 m、R3.35TBアーム、3.1 m3バケット

全高(輸送時) 4.34 mm Less
距離 - タンブラ中心間 11.29 mm Less

騒音性能

オペレータ音圧レベル - ISO 6396:2008 7.06 mm Less
オペレータに対する騒音 - SAE J1166 24.3 ft Less

高性能と低燃費の両立

  • Catテクノロジを標準で装備し、オペレータの疲労を低減し、燃料消費や日常メンテナンスなどのオペレーティングコストを削減し、運転効率を最大45 %向上。
  • Cat 352F油圧ショベルと比較して、燃料効率が最大10 %向上し、燃料あたりの作業量がさらに改善。
  • C13エンジンは、B20までのバイオディーゼルを使用でき、米国 EPA Tier 4 Final、EU Stage V、オフロード法2014年、韓国Tier 4 Finalの排出ガス基準に適合しています。
  • パワー、スマート、エコの3モードで、作業に合わせて油圧ショベルを操作できます。 スマートモードでは、エンジンと油圧のパワーを自動的に掘削条件に合わせて調整。必要な場合には最大パワーを発揮し、燃料節約できる場合はパワーを絞って運転します。
  • 新型の高効率油圧ファンは、必要に応じてエンジンコンポーネントを冷却し、燃料消費を削減。反転機能を備え、簡単にコアをクリーンに維持できます。
  • 新しい自己研磨式のAdvansysバケットチップにより、生産の向上とコスト削減を実現。
  • 補助油圧オプションにより、Catアタッチメントを幅広い用途で使用可能。
  • 温度の影響による作業中断はありません。 この油圧ショベルは、外気温52°C(125°F)の条件でも作業できるうえ、–18°C(0°F)でも始動可能です。

統合型Cat Connect(Catコネクト)により効率性を向上

  • 標準装備のCat GRADE with 2D(Catグレード2D)システム(表示のみ機能やレーザー機能を含む)で、従来の表面仕上げ作業との比較で生産性が最大45 %向上しています。
  • 標準装備のグレードアシスト: レバー1本で、整地作業を簡単かつ楽に行うことができます。
  • 目標のバケット角度を設定すると、傾斜付け、水平整地、仕上げ整地、溝堀りの各用途での角度をバケットアシストが設定した角度に自動的に維持します。
  • ブームアシスト機能を使用すれば、吊り作業や過酷な掘削作業でもトラックが地面から浮くことはありません。
  • トラック積込みや溝堀りの用途でスイングアシスト機能を使用すれば、オペレータが決めた設定点で自動的に油圧ショベルの旋回が停止するため、オペレータの労力を軽減し、燃料も節約できます。
  • 標準装備のCat PAYLOAD(Catペイロード)車載計量システム: 旋回しなくても、作業中に計量し、積載質量の推定値がリアルタイムで表示されるため、正確に目標積載量を達成し、積載効率が向上します。
  • VisionLink®(ビジョンリンク)装備のPayload(ペイロード)を組み込み、生産目標をリモートから管理できます。
  • オプションのCat GRADE with Advanced 2D(Catグレードアドバンスト2D)にアップグレード: 高解像度の254 mm(10 in)第2タッチスクリーンモニタで整地設計を簡単に作成、編集できます。
  • オプションのCat GRADE with 3D(Catグレード3D)にアップグレード: 高解像度の254 mm(10 in)第2タッチスクリーンモニタで整地設計を簡単に作成、編集できるほか、フロントリンケージの全動作範囲を確認できます。
  • GPSシステムおよびGLONASSシステムと連携し、油圧ショベルの正確な位置を確認できます。 傾斜地条件により生じる油圧ショベルのピッチやロールを車両が自動補正。
  • リモートトラブルシューティングにより、ディーラのサービス専門家に連絡して問題を解決できるため、すばやく作業を再開できます。
  • リモートフラッシュがお客様のスケジュールに合わせて機能し、車両のソフトウェアを最新の状態に維持して、最適な性能を発揮するよう図ります。
  • Cat®アプリにより、車両位置、稼働時間、およびメンテナンススケジュールを管理できます。また、メンテナンスが必要な場合には通知し、最寄りのCatディーラにサービスを要請することもできます。
  • 標準装備のProduct Link™(プロダクトリンク)を使用すると、VisionLink(ビジョンリンク)オンラインインターフェイスを通じて車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、非稼働時間、診断コード、その他の車両データを必要に応じて取得できるため、作業現場の効率を高め、オペレーティングコストを削減できます。
  • Catアタッチメントロケータにより、ツールを探し、作業時間を追跡し、メンテナンスと交換の計画を作成できます。このすべてがCatアプリ搭載のスマートフォンから可能です。

最先端のキャブで快適に作業

  • デラックスとプレミアムの2つのキャブを取り揃え、いずれもオートエアコンディショナを装備します。
  • デラックスシートはヒータ付き、プレミアムシートはヒータ/クーラ付きです。
  • 上げ起こし式左コンソールを使用して、キャブに容易に乗降できます。
  • 先進のビスカスマウントを採用し、従来のモデルに比べてキャブの振動を最大50 %低減します。
  • オペレータ前面の手の届きやすい位置にすべてのコントロールが配置され、油圧ショベルを快適に制御できます。
  • キャブ内には、シート後方や頭上、コンソール内などに十分な収納場所を確保し、所持品をしっかりと収容します。
  • 標準装備のラジオのUSBポートやBluetooth®テクノロジを使用して、個人のデバイスを接続したり、ハンズフリー通話をしたりすることができます。

シンプルな操作

  • エンジンの始動は、押しボタンのほか、Bluetooth対応キーフォブ、スマートフォンアプリ、またはオペレータ固有のID機能でも行えます。
  • 出力モード、応答、パターンなどの各ジョイスティックボタンをオペレータIDによりプログラムしておくと、設定が記憶され、運転のたびに設定する必要がありません。
  • 自動作動油加温により、低温時も迅速に始動でき、コンポーネントの寿命を伸ばします。
  • 標準装備の高解像度254 mm(10 in)タッチスクリーンモニタまたはジョグダイヤルコントロールを活用して、すばやく操作できます。
  • 機能の使い方や油圧ショベルのメンテナンス方法に疑問がある場合、 取扱説明書をいつでもタッチスクリーンモニタに簡単に表示できます。

メンテナンス

  • 整備間隔がさらに延長されたため、メンテナンスコストが352Fに比べて最大15 %削減されます。 (コスト削減は、運転時間12,000時間以上で計算したものです。)
  • 地上から油圧システムオイルを点検できます。また、燃料系統や燃料タンク内の地上からの水抜きも容易です。
  • キャブ内のモニタで、ご使用の油圧ショベルのフィルタ寿命やメンテナンス間隔を確認できます。
  • すべての燃料フィルタは1,000時間毎に同時に交換できます。 メンテナンスを容易にするために、オイルフィルタおよび燃料フィルタを車両右側にまとめて配置しています。
  • 新しいエアインテイクフィルタ(プレクリーナ搭載)は、塵埃保持容量が従来のエアインテイクフィルタの2倍となっています。
  • 新設計の作動油フィルタは、ろ過性能が向上し、逆止弁によってフィルタ交換時の作動油の汚染を防ぎます。また、交換間隔が3,000時間と、従来のフィルタ設計より50 %も延長されています。
  • 新しい高効率の油圧ファンでオプションの自動反転機能を使うと、コアへの粉塵の付着を防止します。そのため、オペレータの介入は不要です。
  • S·O·SSMポートによりメンテナンスが簡便になり、分析用の液体サンプルをすばやく簡単に採取できます。

安全性

  • 標準装備の2D eフェンスは工場装着で、あらかじめ設定した範囲内で油圧ショベルを制御できます。
  • リフトアシストにより、積載量が油圧ショベルの安全な作業範囲内にあることがわかるため、転倒を回避できます。
  • 標準ROPSキャブは、ISO 12117-2:2008要件に準拠しています。
  • 走行方向インジケータにより、走行レバーの操作方向をオペレータに指示します。
  • 幅の狭いキャブピラー、大型のウィンドウ、平らなエンジンフード設計を採用し、溝内、各回転方向、後方に良好な視界を確保します。
  • グラウンドレベルの遮断スイッチで、稼動中のエンジンへの燃料をすべて停止し、機械をシャットダウンします。
  • リアビューカメラと右側のサイドビューカメラは標準装備です。 360 °ビューシステムにアップグレードすれば、油圧ショベル周辺の障害物や作業員を1つの画面で容易に確認できます。
  • 滑止め加工のステップ、サービスプラットフォーム上のパンチ穴付き滑止めプレートで、作業中のスリップ事故を防止します。

352 標準装備

キャブ
  • ROPS規格適合(低騒音型)
  • 高解像度LCDタッチスクリーンモニタ
  • エア調節式サスペンション装備、ヒータ付きシート(デラックスのみ)
  • 自動調整サスペンション、ヒータ、クーラ装備のシート(プレミアムのみ)

エンジン
  • 3つの選択可能モード: パワー、スマート、エコ
  • オートマチックエンジン回転数コントロール
  • 標高4,500 m(14,760 ft)まで稼動可能
  • 52 °C(126°F)の高い外気温にも対応する冷却機能
  • -18 °C(0 °F)の寒冷時始動機能
  • プレクリーナ内蔵の2重エレメントエアフィルタ
  • リモートでの無効化
  • バイオディーゼル対応(B20まで)

油圧システム
  • ブームおよびアームのエネルギー再生回路
  • 電子式メインコントロールバルブ
  • 自動作動油加温
  • オートマチックスイングブレーキ
  • 高性能作動油リターンフィルタ
  • 2速走行
  • 生分解性作動油に対応
  • ロング可変ゲージ(VG)足回り

足回りと構造
  • けん引用アイ

電気系統
  • メンテナンスフリー1000 CCAバッテリ(2個)
  • 集中配置された電気系統ディスコネクトスイッチ
  • LEDシャーシライト、左右ブームライト、キャブライト

Cat Connect(Catコネクト)テクノロジ
  • Cat Product Link(Catプロダクトリンク)
  • Cat GRADE with 2D(Catグレード2D)
  • Cat GRADE with Assist(Catグレードアシスト)
  • Cat PAYLOAD(ペイロード)
  • eフェンス
  • リフトアシスト
  • リモートサービス対応

整備とメンテナンス
  • エンジンオイルフィルタおよび燃料フィルタをまとめて配置
  • 定期オイルサンプリング(S.O.S)ポート

安全・セキュリティ
  • Caterpillarワンキーセキュリティシステム
  • ロック式外部ツールボックス/ストレージボックス
  • ロック式ドア(燃料タンクおよび作動油タンクのロック)
  • ロック式燃料ドレンコンパートメント
  • 滑り止めプレートおよび沈み込み式ボルトを備えたサービスプラットフォーム
  • リアビューカメラと右側サイドビューカメラ

352 オプション装備品

エンジン
  • 寒冷時始動用ブロックヒータ
  • -32 °C(-25 °F)の寒冷時始動機能

油圧システム
  • スマートブーム
  • 複合2方向補助回路(ダイレクトリターン)
  • 中圧補助回路
  • クイックカプラシステム

足回りと構造
  • 8.6 mt(18,960 lb)カウンタウエイト
  • 9.0 mt(19,842 lb)カウンタウエイト
  • 600 mm(24 in)ダブルグローサトラックシュー
  • 600 mm(24 in)ヘビーデューティダブルグローサトラックシュー
  • 600 mm(24 in)トリプルグローサトラックシュー
  • 750 mm(30 in)トリプルグローサトラックシュー
  • 900 mm(35 in)トリプルグローサトラックシュー

ブームおよびアーム
  • 7.4 m(24 ft 2 in)ロングリーチブーム
  • 6.9 m(20 ft 3 in)リーチブーム
  • 6.55 m(21 ft 6 in)大容量掘削ブーム
  • 3.9 m(12 ft 10 in)アーム
  • 3.35 m(11 ft 0 in)アーム
  • 3.0 m(9 ft 10 in)アーム
  • 2.9 m(9 ft 6 in)アーム
  • 2.5 m(8 ft 2 in)アーム

Cat Connect(Catコネクト)テクノロジ
  • Cat GRADE with Advanced 2D(Catグレードアドバンスト2D)
  • Cat GRADE with 3D(Catグレード3D)

整備とメンテナンス
  • QuickEvacメンテナンス対応
  • ポンプ(電気式燃料補給、自動シャットオフ)

安全・セキュリティ
  • 360 °ビューシステム