326F L(2017)

< 戻る

ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

概要

326F Lは、生産性の向上と所有コストおよびオペレーティングコストの削減を目指して設計されています。 車両に搭載されるC7.1 ACERTâ„¢エンジンと最先端の油圧系統がシームレスに連動して、1日を通じて大量の資材を高速に、正確に、効率よく運搬できます。

エンジン

エンジン・モデル Cat C7.1 ACERT Cat C7.1 ACERT Less
定格出力 203.0 HP 149.0 kW Less
Bore 4.13 in 105.0 mm Less
Stroke 5.31 in 135.0 mm Less
Displacement 428.0 in³ 7.01 l Less
ネット出力 - SAE J1349 203.0 HP 149.0 kW Less
定格出力(グロス) – SSAE J1995 207.0 HP 152.0 kW Less

重量

Operating Weight 56747.0 lb 25740.0 kg Less

機械重量

SLRコンフィギュレーション運転質量** 66227.0 lb 30040.0 kg Less

車両質量

注記 (1) *5.9 mリーチブーム、R2.95CB1アーム、600 mm TGシュー、4.0 mtカウンタウエイト、1.1 m3バケット。 *5.9 mリーチブーム、R2.95CB1アーム、600 mm TGシュー、4.0 mtカウンタウエイト、1.1 m3バケット。 Less
注記 (2) **10.2 m SLRブーム、7.85 mアーム、790 mm TGシュー、6.75 mtカウンタウエイト、0.53 m3バケット。 **10.2 m SLRブーム、7.85 mアーム、790 mm TGシュー、6.75 mtカウンタウエイト、0.53 m3バケット。 Less
運転質量* 56747.0 lb 25740.0 kg Less

整備補充容量

フュエル・タンク容量 137.4 ガロン 520.0 l Less
Cooling System 7.9 ガロン 30.0 l Less
Final Drive (each) 1.6 ガロン 6.0 l Less
Hydraulic System (including tank) 75.3 ガロン 285.0 l Less
Hydraulic Tank 46.2 ガロン 175.0 l Less
Swing Drive (each) 2.3 ガロン 9.0 l Less
エンジンオイル (フィルタ付き) 6.3 ガロン 24.0 l Less

容量

DEFタンク 10.8 ガロン 41.0 l Less

旋回

スイング・トルク 54137.0 ft·lbf 73.4 kN·m Less
旋回速度 9.0 r/min 9.0 r/min Less

駆動系

最大ドローバけん引力 50807.0 lbf 226.0 kN Less
最高走行速度 3.3 mile/h 5.3 km/h Less

油圧系統

Max. Pressure Travel 5366.0 psi 37000.0 kPa Less
Maximum Pressure - Swing 3973.0 psi 27400.0 kPa Less
Pilot System - Maximum Pressure 595.0 psi 4100.0 kPa Less
パイロット・システム - 最大流量 5.4 gal/分 20.5 L/分 Less
メインシステム - 最大流量(合計) 134.2 gal/分 508.0 L/分 Less
最大圧力 - 機器 - 標準 5076.0 psi 35000.0 kPa Less

寸法: リーチブーム5.9 m(19 ft 4 in)、R2.95CB1(9 ft 8 in)スティック

タンブラ中心距離 12.58 ft 3830.0 mm Less
トラック全長 15.25 ft 4640.0 mm Less
テールスイング半径 9.83 ft 3000.0 mm Less
全長(輸送時) 33.0 ft 10060.0 mm Less
全高(輸送時)* 10.58 ft 3220.0 mm Less

寸法: リーチブーム5.9 m(19 ft 4 in)、R2.95CB1(9 ft 8 in)アーム

クローラ中心距離 8.5 ft 2590.0 mm Less
最低地上高 1.42 ft 440.0 mm Less
カウンタウエイト地上高** 3.5 ft 1060.0 mm Less
キャブ高さ(トップガード装着時) 10.5 ft 3190.0 mm Less
輸送時の幅: 600 mm(24 in)シュー 10.5 ft 3190.0 mm Less
輸送時の幅: 790 mm(31 in)シュー 11.08 ft 3380.0 mm Less

作業範囲: リーチブーム5.9 m(19 ft 4 in)、R2.95CB1(9 ft 8 in)アーム

2,440 mm(8 ft 0 in)のレベルボトムでの最大切削深さ 21.5 ft 6560.0 mm Less
最大垂直壁掘削深さ 19.17 ft 5830.0 mm Less
最大掘削高さ 31.75 ft 9670.0 mm Less
最小ダンプ高さ 8.17 ft 2480.0 mm Less

作業範囲: リーチブーム5.9 m(19 ft 4 in)、R2.95CB1(9 ft 8 in)スティック

最大ダンプ高さ 22.0 ft 6710.0 mm Less
最大床面掘削半径 32.92 ft 10030.0 mm Less
最大掘削深さ 22.08 ft 6740.0 mm Less

寸法 - リーチブーム - 5.9 m(19 ft 4 in)、R2.95CB1(9 ft 8 in)アーム

注(1) *シューラグの高さを含む。 *シューラグの高さを含む。 Less
注(2) **シューラグの高さを含まない。 **シューラグの高さを含まない。 Less

作業性能

  • スムーズな多機能コントロール内蔵で、簡単操作。
  • 排出ガスパッケージは作業を妨げず、バックグラウンドで作動。
  • ディーゼルパティキュレートフィルタはメンテナンス不要で、アップタイムをさらに改善。

効率性

  • C7.1 ACERTエンジンは、オフロード法2014年(Tier 4 Final)排出ガス基準に適合。
  • 電気系、燃料系、吸排気系、後処理系の各コンポーネントを統合して、燃料消費量と排出ガスを低減し、整備間隔を延長。
  • 標準およびエコモード2つのパワーモードで、燃料消費を管理。
  • オートマチックエンジンスピードコントロールが負荷に基づいて回転数を下げ、燃料消費量を低減。

汎用性

  • リーチ仕様構成やスーパーロングリーチ仕様構成も使用できるため、幅広い作業ニーズに対応できます。
  • EシリーズとFシリーズで共通のリンケージを採用しているため、ツールに互換性があります。
  • 多数のCat®ワークツールを使用できるため、さまざまな用途に利用できます。
  • 補助ツールコントロールシステムにより、ハンマ、シャー、コンパクタ、マルチプロセッサ、その他のCatワークツールの性能を最大限にまで高めることができます。
  • お使いの車両の収益性を高めるアタッチメント全ラインアップについては、www.cat.com/attachmentsをご覧ください。

テクノロジ

  • Cat Connect(Catコネクト)テクノロジが作業現場の効率性を改善します。
  • Product Link™/VisionLink®(プロダクトリンク/ビジョンリンク)で所有する機器に接続して、機械のある場所、稼働時間、燃料消費、アイドリング時間、イベント、診断コードなどの機械データにアクセスできます。

メンテナンス

  • 給脂箇所や流体タップなどの日常メンテナンス箇所は、地上から手が届く位置に配置。
  • サービスドアは異物の侵入を防ぐ設計。ドアにはラッチを装備し、整備がさらに容易。
  • クーリングシステムはメンテナンスを簡便化するよう調整。

快適性

  • フルサイズの転倒時運転者保護構造(ROPS、Roll-Over Protective Structure)認定キャブは静音で快適。
  • 自動空調でキャブ内の温度を一定に維持。
  • シートは調整式で、エアサスペンションと冷暖オプションをご用意。
  • LCDモニタは操作が簡単で、44言語でプログラミング可能。

耐久性

  • 大型のスイングベアリングは長いボルトで固定され、最も旋回の多い作業にも対応。
  • 耐摩耗性が高いCat XT™- 6ホースは、長距離運搬時でも高圧力に耐久。
  • グリース潤滑式のトラックリンクをピンとブッシング間に採用し、足回りの寿命を延長し、騒音を低減。

主な特徴

効率的かつ効果的な作業を支援します。