330F L(2017)

< 戻る

ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

概要

エンジン

エンジン名称 Cat C7.1 ACERT Cat C7.1 ACERT Less
正味フライホイール出力 239.0 HP 175.0 kW Less
内径 4.13 in 105.0 mm Less
行程 5.31 in 135.0 mm Less
総行程容積 428.0 in³ 7.01 l Less
定格出力(グロス) – SAE J1995 242.0 HP 178.0 kW Less
定格出力(ネット) – SAE J1349 239.0 HP 175.0 kW Less

質量

運転質量 65036.0 lb 29500.0 kg Less

車両質量

注記 *6.15 m(20 ft 2 in)リーチブーム、R3.2CB2(10 ft 6 in)スティック、600 mm(24 in)TGシュー、5.8 mt(6.3 t)カウンタウエイト、1.5 m3(2.0 yd3)バケット *6.15 m(20 ft 2 in)リーチブーム、R3.2CB2(10 ft 6 in)スティック、600 mm(24 in)TGシュー、5.8 mt(6.3 t)カウンタウエイト、1.5 m3(2.0 yd3)バケット Less
運転質量* 65036.0 lb 29500.0 kg Less

交換時の容量

燃料タンク容量 137.4 ガロン 520.0 l Less
冷却水 7.9 ガロン 30.0 l Less
ファイナルドライブ(片側) 1.6 ガロン 6.0 l Less
作動油(全量) 81.9 ガロン 310.0 l Less
作動油タンク 46.2 ガロン 175.0 l Less
エンジンオイル(フィルタ付き) 6.3 ガロン 24.0 l Less
尿素水タンク 10.8 ガロン 41.0 l Less
旋回ドライブ(片側) 2.3 ガロン 9.0 l Less

旋回

旋回モータトルク 60628.0 ft·lbf 82.2 kN·m Less
旋回速度 9.6 r/min 9.6 r/min Less

駆動系

最大けん引力 55528.0 lbf 247.0 kN Less
最高走行速度 3.2 mile/h 5.1 km/h Less

油圧系統

パイロットシステム – 最大圧力 595.0 psi 4100.0 kPa Less
パイロットシステム – 最大流量 6.1 gal/分 23.0 L/分 Less
メインシステム – 最大流量(合計) 130.5 gal/分 494.0 L/分 Less
最大圧力 – 旋回時 3974.0 psi 27400.0 kPa Less
最大圧力 – 装置: 標準 5076.0 psi 35000.0 kPa Less
最大圧力 – 走行時 5366.0 psi 37000.0 kPa Less

寸法: リーチおよびHDリーチブーム - 6.15 m(20 ft 2 in)、R3.2CB 2(10 ft 6 in)、HD R3.2CB2(10 ft 6 in)スティック

タンブラ中心距離 13.08 ft 3990.0 mm Less
トラック全長 15.92 ft 4860.0 mm Less
クローラ中心距離 8.5 ft 2590.0 mm Less
最低地上高 1.58 ft 490.0 mm Less
全長(輸送時) 34.08 ft 10390.0 mm Less
全高(輸送時)* 11.08 ft 3370.0 mm Less
後端旋回半径 10.17 ft 3090.0 mm Less
カウンタウエイト下端高さ** 3.67 ft 1110.0 mm Less
キャブ高さ(トップガード装着時) 10.67 ft 3240.0 mm Less
注記 (1) *シューラグの高さを含む。 *シューラグの高さを含む。 Less
注記 (2) **シューラグの高さを含まない。 **シューラグの高さを含まない。 Less
輸送時の幅 - 600 mm(24 in)シュー 10.5 ft 3190.0 mm Less
輸送時の幅 - 800 mm(32 in)シュー 11.08 ft 3390.0 mm Less

作業範囲: リーチおよびHDリーチブーム - 6.15 m(20 ft 2in)、R3.2CB 2(10 ft 6 in)、HD R3.2CB2(10 ft 6in)スティック

2,440 mm(8 ft 0 in)のレベルボトムでの最大切削深さ 23.25 ft 7090.0 mm Less
最大ダンプ高さ 22.75 ft 6940.0 mm Less
最大切削高さ 32.83 ft 10010.0 mm Less
最大垂直掘削深さ 19.67 ft 5990.0 mm Less
最大床面掘削半径 35.0 ft 10680.0 mm Less
最大掘削深さ 23.75 ft 7250.0 mm Less
最小ダンプ高さ 7.5 ft 2290.0 mm Less

プロダクティビティ

  • スムーズな多機能コントロールで、簡単に操作できます。
  • 排出ガスパッケージがバックグラウンドで動作するため、作業を中断することはありません。

効率性

  • C7.1 ACERT™エンジンは、オフロード法2014年(Tier 4 Final)排出ガス基準に適合しています。
  • 電子機器、燃料、エア、アフタクーラを統合して、燃料消費量と排出ガスを低減し、整備間隔を延長します。
  • DPFはメンテナンス不要です。
  • 2つのパワーモード - 標準およびEcoモード - 燃料消費の管理に役立ちます。
  • オートマチックエンジンスピードコントロールが負荷に基づいて回転数を下げ、燃料消費量を低減します。

汎用性

  • リーチコンフィギュレーションをご用意し、幅広い作業ニーズに対応します。
  • EシリーズとFシリーズに共通のリンケージを採用しているため、工具の互換性があります。
  • Cat® Work Toolsを幅広く取り揃えているため、さまざまな用途に利用できます。
  • 補助ツールコントロールシステムにより、ハンマ、シャー、コンパクタ、マルチプロセッサ、その他のCat Work Toolsの性能を最大限にまで高めます。

テクノロジ

  • Cat Connectテクノロジが作業現場の効率性を改善します。
  • Product Link™/VisionLink®で所有する機器に接続して、機械のある場所、稼働時間、燃料消費、アイドリング時間、イベント、診断コードなどの機械データにアクセスできます。

イージーメンテナンス

  • 給脂箇所や流体タップなどの日常メンテナンス箇所には、地上から手が届きます。
  • サービスドアは異物の侵入を防ぐよう設計されています。ドアにはラッチを装備し、整備がさらに容易になっています。
  • クーリングシステムは効率が高く、メンテナンスが簡便になるよう調整されています。

快適性

  • フルサイズの転倒時運転者保護構造(ROPS、Roll-Over Protective Structure)により、キャブは静かで快適です。
  • 自動空調システムがキャブ内の温度を一定に維持します。
  • ジョイスティックとアームレストは調整できます。
  • シートは調整式で、空圧ライドサスペンションと冷暖房を装備しています。
  • LEDモニタは操作が簡単で、44言語でプログラム可能です。
  • ドリンクホルダ、収納エリア、補助電源コンセント装備で、利便性が高められています。

耐久性

  • 機械は長い耐用年数を実現するよう製造されています。
  • XT™油圧ホースは高い作動圧にも対応します。
  • 下部フレームは強化され、コンポーネントの耐久性を高めています。
  • ブームとスティックにはバッフルプレートを取り付けて、強度を高めています。
  • 高い負荷のかかる部分には、多板構造、鋳造品、鍛造品を使った箱型断面構造を採用しています。
  • トラックシュー、リンク、ローラ、アイドラ、ファイナルドライブは、引張り強度の高い鋼製です。
  • グリース潤滑式トラックリンクがゴミや異物の侵入を防止します。
  • ヘビーデューティボトムガードで通路の異物や現場の資材からコンポーネントを保護します。
  • カウンタウエイトは、剛性を強化するためメインフレームに直接ボルトで取り付けられています。

主な特徴

効率的かつ効果的な作業を支援します。