< 戻る

ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

概要

Cat® 120Mモータグレーダは、短時間で多くの作業をこなせるように設計されています。 卓越したオペレータの快適性と整備の容易さにより、投資収益率を最大限に高めることができます。

エンジン

基本出力(1速ギヤ) - ネット 138.0 HP 103.0 kW Less
エンジン名称 Cat C6.6 ACERT™ Cat C6.6 ACERT™ Less
内径 4.13 in 105.0 mm Less
行程 5.0 in 127.0 mm Less
定格出力での回転数 2,000 rpm 2,000 rpm Less
VHP Plus範囲 - ネット - メートル単位 103~136 kW(140~185 hp) 103~136 kW(140~185 hp) Less
VHP Plus範囲 - 定格出力(ネット) 103~136 kW(138~182 hp) 103~136 kW(138~182 hp) Less
トルクライズ - VHP Plus 40 % 40 % Less
基本出力(1速ギヤ) - ネット - メートル単位 140.0 HP 103.0 kW Less
排出ガス規制 米国 EPA Tier 3/EU Stage IIIA相当 米国 EPA Tier 3/EU Stage IIIA相当 Less
最大トルク - VHP Plus - ネット 668.0 lb/ft 906.0 N·m Less
標準 - ファン回転数 - 最低 600 rpm 600 rpm Less
標準 - ファン回転数 - 最高 1,150 rpm 1,150 rpm Less
高温環境下 - ファン回転数 - 最低 600 rpm 600 rpm Less
高温環境下 - ファン回転数 - 最大 1,650 rpm 1,650 rpm Less
注(1) 最大トルク(VHP Plus)は1,400 rpmでの測定値です。 最大トルク(VHP Plus)は1,400 rpmでの測定値です。 Less
注(2) ネット出力は、製造時点で有効なISO 9249、SAE J1349およびEEC 80/1269規格に基づいて測定されています。 ネット出力は、製造時点で有効なISO 9249、SAE J1349およびEEC 80/1269規格に基づいて測定されています。 Less
注(3) 公称ネット出力は、定格回転数が2,000 rpmのとき、エンジンがファン(最低速度)、エアクリーナ、マフラ、およびオルタネータを装備した状態でフライホイールで計測される出力です。 公称ネット出力は、定格回転数が2,000 rpmのとき、エンジンがファン(最低速度)、エアクリーナ、マフラ、およびオルタネータを装備した状態でフライホイールで計測される出力です。 Less
注(4) ISO 14396に基づく定格出力: 定格回転数 = 2,000 rpm、VHP Plus = 175 kW(234 hp) ISO 14396に基づく定格出力: 定格回転数 = 2,000 rpm、VHP Plus = 175 kW(234 hp) Less
注(5) 3,048 m(10,000 ft)以下の標高では、出力低減は必要ありません。 3,048 m(10,000 ft)以下の標高では、出力低減は必要ありません。 Less
総行程容積 403.0 in³ 6.6 l Less
シリンダ数 6 6 Less
エンジン出力低下が発生する高度 11.5 ft 3.505 m Less
高 - 外気温度への対応能力 122.0 °F 50.0 °C Less

フレーム

サークル - 直径 60.2 in 1.53 mm Less
ドローバ - 幅 3.0 in 76.2 mm Less
ドローバ - 高さ 6.0 in 152.0 mm Less
フロントアクスル - ホイールリーン - 左/右 18 ° 18 ° Less
フロントアクスル - 各側合計オシレーション 32 ° 32 ° Less
フロントフレーム構造 - 幅 10.0 in 255.0 mm Less
フロントフレーム構造 - 高さ 11.0 in 280.0 mm Less

モールドボード

ブレード幅 12.0 ft 3.7 m Less
アーク半径 16.3 in 413.0 mm Less
スロートクリアランス 5.2 in 134.0 mm Less
モールドボード - 幅 12.0 ft 3.7 m Less
モールドボード - 高さ 24.0 in 610.0 mm Less

ブレード範囲

最大下降量 28.3 in 720.0 mm Less
サークルセンターシフト - 右 25.8 in 656.0 mm Less
サークルセンターシフト - 左 25.8 in 656.0 mm Less
ブレードチップ範囲 - 前方 40 ° 40 ° Less
ブレードチップ範囲 - 後方 5 ° 5 ° Less
モールドボードサイドシフト - 右 26.0 in 660.0 mm Less
モールドボードサイドシフト - 左 20.1 in 510.0 mm Less
最大ショルダリーチ(タイヤ外側) - 右 75.0 in 1.905 mm Less
最大ショルダリーチ(タイヤ外側) - 左 68.6 in 1.742 mm Less
最大上昇量 16.8 in 427.0 mm Less

質量

運転質量 - 標準装備 40.565 lb 18.4 kg Less
車両総質量 - ベース - フロントアクスル 9.303 lb 4.22 kg Less
車両総質量 - ベース - リアアクスル 26.479 lb 12.011 kg Less
車両総質量 - ベース - 合計 35.783 lb 16.231 kg Less
車両総質量 - 最大 - フロントアクスル 15.077 lb 6.839 kg Less
車両総質量 - 最大 - リアアクスル 33.523 lb 15.206 kg Less
車両総質量 - 最大 - 合計 48.601 lb 22.045 kg Less
車両総質量 - 標準装備 - フロントアクスル 11.221 lb 5.09 kg Less
車両総質量 - 標準装備 - リアアクスル 29.343 lb 13.31 kg Less
車両総質量 - 標準装備 - 合計 40.565 lb 18.4 kg Less

作業性能

  • オプションのプログラム可能なオートシフト機能により、用途に合わせて最適なポイントでシフトするようにトランスミッションをプログラムできるため、作業の簡素化を図ることができます。
  • パワーシフトカウンターシャフトトランスミッションがエンジンと調和し、パワーを余すことなく地面に伝えます。
  • エレクトロニックスロットルコントロールにより、作業に応じた最適な馬力とトルクを提供し、生産性を高めます。

効率性

  • 効果的なブレードアングル、最適化されたモールボードの曲線形状、大きなスロートクリアランスにより、資材がブレードに沿って自由に回転できるため、作業効率が高まります。
  • 油圧デマンドファンが冷却要件に応じて回転数を自動的に調節するため、地面に伝わる駆動力が増し、燃料効率が改善します。
  • 設定時間を経過するとエンジンを停止させて燃料を節約し排出ガスを低減させるオートアイドリングストップ機能が装備されています。

容易な運転操作

  • 選択可能なブレードリフトモード – Fine(微細)、Normal(ノーマル)、Coarse(ラフ) – お客様の用途や運転スタイルに最適なブレード上げ操作モードを選ぶことができます。
  • 電子調整式コントロールポッドが備わったジョイスティックコントロールにより、手と腕の動きを78 %減らすことができるため、オペレータの疲労を軽減することができます。
  • 左側ジョイスティックでは、ステアリング、アーティキュレート、センター復帰機能、ホイールリーン、ギヤ選択、左モールドボードリフトシリンダ、浮きを操作します。
  • 右側ジョイスティックでは、ドローバ、サークル、モールドボード機能、エレクトロニックスロットルコントロール、マニュアルディファレンシャルロック/ロック解除を操作します。
  • アーティキュレーションセンター復帰機能により、ボタンを押すだけで、どんな角度からでも自動的に機械をストレートフレームポジションに戻すことができます。

安全性

  • 角度付きのドア、テーパエンジンエンクロージャ、スロープ状のリアウィンドウにより、視界が向上しています。
  • オプションのリアビジョンカメラを使用すると、車両後方の視界が向上します。

メンテナンス性

  • サークルの最上部から、特許取得済みの上面調整式摩耗ストリップおよびインサートにアクセスしやすいため、追加や交換が簡単です。
  • シムレスモールドボードリテンションシステムは、水平/垂直方向の調整ネジを使用してモールドボード摩耗ストリップの位置ずれを防止することにより、ブレードの振動を軽減し、正確なブレードコントロールを実現します。

快適性

  • コントロールポッドは電子調整式のため、最適な運転位置に容易に設定できます。
  • 標準装備のCatコンフォートシリーズサスペンションシートは、自由に調整可能です。
  • 大容量の暖房、換気、空調(HVAC、High capacity Heating, Ventilation, and Air Conditioning)システムが、キャブの除湿と加圧を行い、埃を遮断し、ウィンドウをクリアに保ちます。

テクノロジ

  • シャトルシフトにより、スムーズにすばやく方向シフトでき、その際、スロットルやインチングペダルの操作は不要です。
  • Cat Product Link™(プロダクトリンク)のリモートモニタリング機能が、機械管理をサポートします。
  • オプションのステイブルブレードは、車両の弾みが検知されるとエンジン回転数を15 %間隔で下げ、グレーダが安定したらエンジン回転数を意図的に上げることで、より正確な表面仕上げを実現します。
  • オプションの自動アーティキュレーションを使用すれば、カーブや障害物のある場所、方向転換スペースなどの狭いスペースでハンドルをきると自動的に車体が折れ曲がります。
  • オプションのクロススロープ装備Cat GRADEは、ブレードの片側を自動制御することにより、必要なクロススロープを簡単に維持することができます。
  • オプションのCat AccuGrade™を使用すれば、位置決めおよびガイドテクノロジ、機械のセンサ類、自動ブレードコントロールを利用して、すばやく簡単かつ効率的に整地作業を完了できます。
  • オプションのCatアドバンストコントロールジョイスティック(ACJ)を使用すると、ジョイスティックから手を離さずに、自動整地ソリューションを効率良く、安全にコントロールできます。