モータグレーダ 140 AWD

ディーラを検索する

重要な仕様

基本出力(1速ギヤ) - ネット
189 HP
141 kW
運転質量 - 標準装備
42549 lb
19300 kg
ブレード幅
12 ft
3.7 m

概要

磨きがかかったパワー、効率、排出ガス制御、および性能

Cat® 140(12M3)AWDには、クラス最高の最新機能が搭載され、性能が最適化されています。最新の排出ガス制御テクノロジ、他に類を見ない視界、エンジンおよび制御テクノロジが採用されており、その優れた整地性能と耐久性は折り紙付きです。

利点

最大 10% 少ない燃料

運転中にエコモードを使用することで、燃料効率を向上させることができます。

車両性能の最大化

車両の生産性を向上させることを目的に設計された、さまざまなワークツールを使用して作業を行うことができます。

最大 78% 少ない腕の動作

ジョイスティックコントロールにより、腕の動作による疲労を軽減できます。

製品仕様 140 AWD

基本出力(1速ギヤ) - ネット 189 HP 141 kW
エンジンモデル Cat C9.3 Cat C9.3
内径 4.5 in 115 mm
行程 5.9 in 149 mm
定格出力での回転数 2,000 rpm 2,000 rpm
AWDオン: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 4速 231 HP 172 kW
AWDオフ: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 4速 215 HP 160 kW
AWDオフ: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 2速 200 HP 149 kW
AWDオン: ギヤ - 定格出力(ネット) - 後進 - 3~6速 200 HP 149 kW
AWDオン: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 2速 220 HP 164 kW
AWDオフ: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 3速 209 HP 156 kW
AWDオフ: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 5速 220 HP 164 kW
AWDオフ: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 7速 231 HP 172 kW
AWDオン: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 7速 252 HP 188 kW
最大トルク - VHP Plus 839 ft·lbf 1138 N·m
AWDオン: ギヤ - 定格出力(ネット) - 後進 - 1速 178 HP 133 kW
AWDオン: ギヤ - 定格出力(ネット) - 後進 - 2速 189 HP 141 kW
AWDオン: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 3速 225 HP 168 kW
AWDオフ: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 6速 225 HP 168 kW
AWDオフ: ギヤ - 定格出力(ネット) - 後進 - 3~6速 200 HP 149 kW
AWDオフ: ギヤ - 定格出力(ネット) - 後進 - 2速 189 HP 141 kW
AWDオン: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 1速 200 HP 149 kW
AWDオフ: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 8速 231 HP 172 kW
トルクライズ 38% 38%
高温環境下 - ファン回転数 - 最大 1,550 rpm 1,550 rpm
外気温度が高い場合 - ファン回転数 - 標準 1,400 rpm 1,400 rpm
AWDオフ: ギヤ - 定格出力(ネット) - 後進 - 1速 178 HP 133 kW
AWDオン: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 6速 252 HP 188 kW
AWDオフ: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 1速 189 HP 141 kW
最大トルク - AWDオン 920 ft·lbf 1247 N·m
AWD範囲 - ネット値 141~188 kW(189~252 hp) 141~188 kW(189~252 hp)
AWDオン: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 8速 252 HP 188 kW
高温環境下 - ファン回転数 - 最低 500 rpm 500 rpm
排出ガス オフロード法2014年(Tier 4 Final) オフロード法2014年(Tier 4 Final)
AWDオン: ギヤ - 定格出力(ネット) - 前進 - 5速 252 HP 188 kW
標準時能力 109.4 °F 43 °C
総行程容積(排気量) 567.5 in³ 9.3 l
シリンダ数 6 6
エンジン出力低下が発生する高度 10007 ft 3050 m
高 - 外気温度への対応能力 122 °F 50 °C
前進/後進ギヤ 前進8速/後進6速 前進8速/後進6速
トランスミッション APECS、ダイレクトドライブ、パワーシフト APECS、ダイレクトドライブ、パワーシフト
ブレーキ - サービス 湿式多板ディスク 湿式多板ディスク
ブレーキ - セカンダリ デュアルサーキット デュアルサーキット
ブレーキ - 整備 - 表面部分 3565 in² 23000 cm²
ブレーキ - パーキング 湿式多板ディスク 湿式多板ディスク
サーキットタイプ パラレル パラレル
ポンプ形式 可変式ピストン 可変式ピストン
ポンプ出力 55.5 gal/min 210 l/min
最大システム圧 3503 psi 24150 kPa
リザーバタンク容量 16.9 gal (US) 64 l
スタンバイ圧 885 psi 6100 kPa
注記 ポンプ出力は、2,150 rpmでの値です。 ポンプ出力は、2,150 rpmでの値です。
旋回半径 - フロントタイヤ外側 25.6 ft 7.8 m
最高速度 - 後進 22.9 mile/h 36.8 km/h
後進 - 3速 5.4 mile/h 8.7 km/h
後進 - 4速 8.4 mile/h 13.5 km/h
後進 - 1速 2 mile/h 3.2 km/h
前進 - 1速 2.5 mile/h 4.1 km/h
前進 - 2速 3.4 mile/h 5.5 km/h
アーティキュレート角度 - 左/右 20° 20°
前進 - 4速 6.8 mile/h 11 km/h
前進 - 3速 5 mile/h 8 km/h
後進 - 6速 22.9 mile/h 36.8 km/h
後進 - 2速 3.7 mile/h 6 km/h
前進 - 7速 19.9 mile/h 32 km/h
後進 - 5速 15.7 mile/h 25.3 km/h
前進 - 5速 10.6 mile/h 17.1 km/h
最高速度 - 前進 29 mile/h 46.6 km/h
前進 - 8速 29 mile/h 46.6 km/h
ステアリングレンジ - 左/右 50° 50°
前進 - 6速 14.5 mile/h 23.3 km/h
注記 滑りがなく、14.0R24タイヤを装着した状態で計算されています。 滑りがなく、14.0R24タイヤを装着した状態で計算されています。
燃料容量 104.1 gal (US) 394 l
冷却水 15.1 gal (US) 57 l
作動油 - タンク 16.9 gal (US) 64 l
尿素水 5.8 gal (US) 22 l
作動油 - 合計 26.4 gal (US) 100 l
タンデムハウジング - 各 20.1 gal (US) 76 l
エンジンオイル 7.9 gal (US) 30 l
トランスミッション - ディファレンシャル - ファイナルドライブ 18.5 gal (US) 70 l
フロントホイールスピンドルベアリングハウジング 0.1 gal (US) 0.5 l
サークル ドライブ ハウジング 1.8 gal (US) 7 l
フロントフレーム構造 - 高さ 12.6 in 320 mm
サークル - 高さ 5.5 in 140 mm
フロントトップ/ボトムプレート - 幅 12 in 305 mm
ドローバ - 高さ 5.9 in 150 mm
ドローバ - 厚さ 0.5 in 12.5 mm
サークル - 直径 60.2 in 1530 mm
サークル - ブレードビーム厚さ 1.6 in 40 mm
ドローバ - 幅 3 in 76 mm
フロントアクスル - 中心までの高さ 23.4 in 595 mm
フロントトップ/ボトムプレート - 厚さ 0.9 in 22 mm
フロントアクスル - 各側合計オシレーション 32° 32°
フロントフレーム構造 - 幅 12 in 305 mm
フロントアクスル - ホイールリーン - 左/右 18° 18°
タンデムオシレーション - フロント下げ 25° 25°
サイドウォール厚さ - 内側 0.6 in 16 mm
サイドウォール厚さ - 外側 0.7 in 18 mm
タンデムオシレーション - フロント上げ 15° 15°
高さ 19.9 in 505 mm
7.9 in 200 mm
ドライブチェーンピッチ 2 in 51 mm
ホイールアクスル間隔 60 in 1525 mm
ブレード幅 12 ft 3.7 m
アーク半径 16.3 in 415 mm
エンドビット - 幅 5.9 in 150 mm
ブレードのけん引力 - 最大GVW 49626 lb 22510 kg
モールドボード - 厚さ 0.9 in 22 mm
カッティング・エッジ厚さ 0.6 in 16 mm
モールドボード - 高さ 24 in 610 mm
カッティングエッジ幅 5.9 in 150 mm
エンドビット - 厚さ 0.6 in 16 mm
ブレードけん引力 - 除雪仕様GVW 36266 lb 16450 kg
ブレードけん引力 - 土工仕様GVW 38294 lb 17370 kg
スロートクリアランス 6.5 in 165 mm
モールドボード - 高さ 27 in 685 mm
モールドボード - 厚さ 1 in 25 mm
ブレードけん引力 - 除雪仕様GVW 36817 lb 16700 kg
カッティング・エッジ厚さ 0.6 in 16 mm
カッティングエッジ幅 5.9 in 150 mm
ブレードのけん引力 - 最大GVW 49626 lb 22510 kg
エンドビット - 厚さ 0.6 in 16 mm
アーク半径 16.3 in 415 mm
スロートクリアランス 6.5 in 165 mm
エンドビット - 幅 5.9 in 150 mm
モールドボードサイドシフト - 右 26 in 660 mm
サークルセンターシフト - 右 28.7 in 730 mm
モールドボードサイドシフト - 左 20.1 in 510 mm
最大下降量 28.1 in 715 mm
最大ショルダリーチ(タイヤ外側) - 右 78 in 1980 mm
ブレードチップ範囲 - 前方 40° 40°
ブレードチップ範囲 - 後方
最大ショルダリーチ(タイヤ外側) - 左 70.5 in 1790 mm
最大上昇量 18.9 in 480 mm
最大ブレード位置角度 90° 90°
サークルセンターシフト - 左 27.4 in 695 mm
リッパシャンクホルダ間隔 21.1 in 535 mm
リッピング深さ - 最大 16.7 in 425 mm
リッパシャンクホルダ数 5 5
貫入量 20812 lb 9440 kg
掘起力 27789 lb 12605 kg
機械全長増加量(ビームを上げた状態) 40.6 in 1030 mm
リア - 掘り起こし深さ(最大) 16.7 in 425 mm
フロント(Vタイプ) - 作業幅 47.4 in 1205 mm
ミッド(Vタイプ) - スカリファイアシャンクホルダ 11 11
リア - 作業幅 84.1 in 2135 mm
ミッド(Vタイプ) - 作業幅 46.7 in 1185 mm
フロント(Vタイプ、5または11ツース) - スカリファイアシャンクホルダ間隔 4.5 in 115 mm
フロント(Vタイプ、5または11ツース) - 作業幅 40.6 in 1030 mm
ミッド(Vタイプ) - 掘り起こし深さ(最大) 11.4 in 290 mm
フロント(Vタイプ、5または11ツース) - 掘り起こし深さ(最大) 18.3 in 465 mm
ミッド(Vタイプ) - スカリファイアシャンクホルダ間隔 4.5 in 115 mm
リア - スカリファイアシャンクホルダ 9 9
リア - スカリファイアシャンクホルダ間隔 10.4 in 265 mm
フロント(Vタイプ、5または11ツース) - スカリファイアシャンクホルダ 11 11
運転質量 - 標準装備 42549 lb 19300 kg
合計 40289 lb 18275 kg
フロントアクスル 10384 lb 4710 kg
リアアクスル 29906 lb 13565 kg
フロントアクスル 10737 lb 4870 kg
合計 40907 lb 18555 kg
リアアクスル 30170 lb 13685 kg
フロントアクスル 12445 lb 5645 kg
合計 42549 lb 19300 kg
リアアクスル 30104 lb 13655 kg
高さ - フロントアクスルセンター 23.4 in 595 mm
長さ - フロントアクスルからモールドボードまで 100.4 in 2550 mm
幅 - リアタイヤ外側 98.8 in 2510 mm
長さ - カウンタウェイトからリッパまで 399 in 10135 mm
幅 - タイヤの中央線間 84.3 in 2140 mm
長さ - タンデムアクスル間 60 in 1525 mm
幅 - フロントタイヤ外側 102.2 in 2595 mm
長さ - フロントアクスルからミッドタンデムまで 241.1 in 6125 mm
高さ - キャブ最上部 130.3 in 3310 mm
長さ - フロントタイヤから機械後部まで 350.8 in 8910 mm
注記 14.0R24タイヤ装着時に計算 14.0R24タイヤ装着時に計算
高さ - 排気筒 128.1 in 3255 mm
高さ - シリンダ上部まで 119.7 in 3040 mm
最低地上高 - リアアクスル 13.4 in 340 mm
ブレーキ ISO 3450 ISO 3450
騒音 ISO 6394、ISO 6395 ISO 6394、ISO 6395
ROPS/FOPS ISO 3471/ISO 3499 ISO 3471/ISO 3499
ステアリング ISO 5010 ISO 5010
モールドボードサイドシフト - 左 20.1 in 510 mm
最大ブレード位置角度 90° 90°
最大下降量 28.1 in 715 mm
最大ショルダリーチ(タイヤ外側) - 右 89.8 in 2280 mm
サークルセンターシフト - 右 28.7 in 730 mm
最大ショルダリーチ(タイヤ外側) - 左 82.3 in 2090 mm
モールドボードサイドシフト - 右 26 in 660 mm
ブレードチップ範囲 - 前方 40° 40°
最大上昇量 18.9 in 480 mm
サークルセンターシフト - 左 27.4 in 695 mm
ブレードチップ範囲 - 後方
フロントアクスル 17075 lb 7745 kg
合計 55149 lb 25015 kg
リアアクスル 38074 lb 17270 kg
リアアクスル 38074 lb 17270 kg
フロントアクスル 17075 lb 7745 kg
合計 55149 lb 25015 kg
注記 個々のタイヤの幅、サイズ、ブランドについては、Catディーラにお問い合わせください。 個々のタイヤの幅、サイズ、ブランドについては、Catディーラにお問い合わせください。
Mシリーズ3モータグレーダのタイヤオプション - 12M3 AWD リムサイズ: 10 × 24、ホイールグループ: マルチピース、タイヤ: 14.0R24 リムサイズ: 10 × 24、ホイールグループ: マルチピース、タイヤ: 14.0R24

140 AWD 標準装備

パワートレーン

  • エアクリーナ(二層、ドライタイプ、ディーゼル(自動エンジン減速、自動ダストイジェクタ装着)、一体型メッセージディスプレイ上のサービスインジケータ)
  • エアツーエアアフタクーラ(ATAAC)
  • ベルト(サーペンタイン型、オートテンショナ付き)
  • ブレーキ(オイルディスク、4輪、油圧式)
  • デマンドファン(油圧式、スイング式)
  • 地上から手が届く尿素水タンク(22 L、沈殿物ドレーン)
  • オートディファレンシャルロック/アンロック
  • エコロジードレーン(エンジンオイル)
  • エコノミーモード
  • 電子制御式過回転防止機能
  • オフロード法2014年基準(Tier 4 Final)排出ガス基準に準拠したC9.3エンジン
  • 地上から手が届く燃料タンク(394 L、沈殿物ドレーン)
  • 燃料/ウォータセパレータ
  • マフラ(フード内)
  • パーキングブレーキ - 多板、密閉、オイル冷却式
  • 燃料プライミングポンプ
  • リアアクスル(モジュラー式)
  • 燃料タンクの沈殿物ドレーン
  • タンデムドライブ
  • トランスミッション、8F/6R、パワーシフト、ダイレクトドライブ、アドバンストプロダクティビティエレクトロニックコントロールストラテジ(APECS、Advanced Productivity Electronic Control Strategy)

電気系統

  • 後進警報アラーム
  • オルタネータ(250A、密閉)
  • バッテリ(メンテナンスフリー、ヘビーデューティ仕様、1,125 CCA)
  • ブレーカパネル(地上からアクセス可能)
  • キャブハーネス、電気油圧式バルブ
  • 電気系統(24 V)
  • グレードコントロール対応 - キャブハーネス、ソフトウェア、電気油圧式バルブ、ボス、ブラケット
  • ライト(ルーフ取付け式の走行ライト、後進ライト、停止/テールライト(LED))
  • Product Link(プロダクトリンク)
  • 電動スタータ

運転席

  • アクセル
  • ヒータ付きエアコンディショナ
  • アーム/リストレスト(電動調節式)
  • アーティキュレートセンター自動復帰機能
  • 一体型メッセージディスプレイオペレータ情報システム
  • センターシフトピン インジケータ
  • コートフック
  • カップホルダ
  • ディスプレイ(デジタル表示の速度とギヤ)
  • ワイパ付き左右ドア
  • アナログゲージ - 燃料、アーティキュレーション、エンジン冷却水温度、エンジン回転数、作動油温度、再生、尿素水
  • デジタルアワーメータ
  • ジョイスティック油圧コントロール(左右ブレード上げ(「浮き」位置あり)、サークルドライブ、ブレードサイドシフトおよびチップ、センターシフト、フロントホイールリーン、アーティキュレーション、パワーステアリング)
  • ジョイスティック(調整式アームレスト)
  • ジョイスティックギヤ選択
  • ジョイスティック油圧パワーステアリング
  • ラダー(キャブの左右)
  • ライト(キャブ夜間用)
  • ミラー(内部リアビュー、ワイドアングル)
  • ミラー(室外取付け)
  • 電源ソケット(12 V)
  • ラジオ対応
  • ROPSキャブ(70 dB(A)未満に騒音を抑制)
  • コンフォートサスペンションシート(クロスカバー)
  • シートベルト(巻取り式、76 mm幅)
  • 収納エリア(クーラー/ランチボックス用)
  • スロットルコントロール(電子式)
  • ウィンドウ(ラミネートガラス):- フロント(固定式、間欠ワイパ付き) - ドア(間欠ワイパ3本付き)
  • ウィンドウ(強化ガラス): – サイドワイパ(左右) – リアおよび間欠ワイパ

冷却水

  • 不凍液
  • エクステンデッドライフクーラント(–35°C)

その他の標準装備品

  • ブレーキアキュムレータ(デュアル認証)
  • アンチグレア塗装
  • リアバンパ(一体型ヒッチ)
  • リアビューカメラ
  • CD ROMパーツブック
  • サークルドライブスリップクラッチ
  • カッティングエッジ: – 150 × 15 mm – 湾曲形DH-2鋼製 – 20 mm取付けボルト
  • エンジンコンパートメントドア(4)(ロック式)
  • ドローバ - 6個のシュー、交換可能な摩耗ストリップ
  • 電気油圧バルブ、油圧配管(標準8機能対応)
  • エンドビット: - 15 mm DH-2鋼製 - 20 mm取付けボルト
  • 液量チェック(地上面より)
  • フレーム(アーティキュレーション式、安全ロック付き)
  • 地上からエンジンシャットダウンが可能
  • 地上から給油可能
  • ハンマー(緊急避難用)
  • ホーン
  • 標準油圧配管
  • 油圧ロックアウト(走行および整備用)
  • モールドボード – 3,660 × 610 × 22 mm
  • マウント(キャブルーフアクセサリ)
  • 油圧ポンプ(大容量、98 cm³)
  • ラジエータ、清掃用アクセス(スイング式ドア両側面)
  • セカンダリステアリング
  • 整備性(左側)
  • S·O·S℠ポート: エンジン、油圧、トランスミッション、クーラント、燃料
  • タンデム通路/ガード
  • ツールボックス

140 AWD オプション装備品

電気系統

  • バッテリ:– メンテナンスフリー(超ヘビーデューティ、1,400 CCA)
  • ライト:– ヘッドライト(低) – 作業用ライト(ベーシック) – 作業用ライト(プラス、LED) - 警告: 回転灯またはストロボ - マウント(警告灯用)

冷却水

  • エクステンデッドライフクーラント(-51 °C)

ガード

  • アーティキュレーションガード
  • フェンダ(フロント、AWD)
  • フェンダ(リア)
  • フロントアクスルガード
  • サウンドサプレッション(ボトム)
  • サウンドサプレッション(エンクロージャ)
  • トランスミッション

運転席

  • ミラー、車外:– 24 Vヒータ - 取付け
  • Comfort Plus仕様
  • Comfort Premium仕様

パワートレーン

  • プレクリーナ(雪用)
  • スタータ(超ヘビーデューティ、1,000 A)
  • リバースファン(自動または手動)

その他のアタッチメント

  • AccuGrade ARO
  • 一体型クロススロープ
  • ブレードリフトアキュムレータ
  • エンジン用エコロジードレーン(Wiggins)
  • エンジンクーラントヒータ:– 120 V – 240 V
  • リアリッパ、ドーザ、スノープラウには、1つまたは複数の油圧バルブを追加した油圧装置仕様を選択可能
  • エーテル始動補助装置

ワークツール/G.E.T.

  • ブレードエクステンション(左側、610 mm)
  • ブレードエクステンション(右側、610 mm)
  • カウンタウエイト
  • カッティングエッジ(湾曲型)
  • エンドビット(オーバーレイ)
  • フロントリフトグループ(マウント)
  • フロントリフトグループ(機械式)
  • グレーダビット(ナロー、超貫通力)
  • ミッドマウントスカリファイアパッケージ
  • モールドボード: – 4,265 mm × 610 mm × 20 mm – 4,265 mm × 685 mm × 25 mm
  • プッシュプレート
  • リアリッパ
  • リッパツース
  • スカリファイア(フロント)
  • けん引ヒッチ

140 AWD を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

Use the comparison tool to compare detailed specs of Cat and competitor models.

COMPARE ALL MODELS

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

互換性のあるテクノロジとサービス

Caterpillarのコネクテッドデータおよびセキュリティ原則を活用することで、効率および生産性を高め、ビジネスをより収益性の高いものにすることができます。

  • モータグレーダ用Cat GRADE with 3D

    モータグレーダ用Cat GRADE with 3Dは工場装着のグレードコントロールシステムで、仕上げ整地作業の効率、精度、および生産性を高めるのに役立ちます。自動ブレードコントロールは作業完了までのオペレータ入力と往復回数を減少させ、時間と費用を節約します。

  • モータグレーダ用Cat GRADE with Cross Slope

    Cat® GRADE with Cross Slopeは、ブレードのクロススロープを自動化することで整地をより早く正確に行えるよう支援する統合システムで、これにより、モータグレーダのオペレータは同じ時間でより多くの作業をすることができます。このシステムのその他のコスト面におけるメリットとしては、燃料の消費が少ないことや材料の使用量を最大40 %削減できることが挙げられます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

モータグレーダ用Cat GRADE with 3Dは工場装着のグレードコントロールシステムで、仕上げ整地作業の効率、精度、および生産性を高めるのに役立ちます。自動ブレードコントロールは作業完了までのオペレータ入力と往復回数を減少させ、時間と費用を節約します。

テクノロジを見る

Cat® GRADE with Cross Slopeは、ブレードのクロススロープを自動化することで整地をより早く正確に行えるよう支援する統合システムで、これにより、モータグレーダのオペレータは同じ時間でより多くの作業をすることができます。このシステムのその他のコスト面におけるメリットとしては、燃料の消費が少ないことや材料の使用量を最大40 %削減できることが挙げられます。

テクノロジを見る
  • CAT Inspect

    CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

  • Cat Product Link

    CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

  • CAT VisionLink

    VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

  • CATアプリ

    効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

  • CATリモートフラッシュ

    リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

  • ISO 15143-3 (AEMP 2.0) API

    テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

  • My.Cat.Com

    My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

テクノロジを見る

CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

テクノロジを見る

VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

テクノロジを見る

効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

テクノロジを見る

リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

テクノロジを見る

テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

テクノロジを見る

My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

テクノロジを見る

次について現在提供中のキャンペーンを確認  140 AWD

その他のキャンペーンを見る