モータグレーダ 120/120 AWD

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

定格出力範囲(Tier 4)
139 HP
104 kW
レバー/ステアリングホイール、質量* Tier 4
35067 lb
15906 kg
ブレード幅
12 ft
3.7 m

概要

工場装着のテクノロジによる燃料効率

次世代Cat® 120モータグレーダは、全輪駆動オプションと合わせて、ジョイスティックまたはステアリングホイールとレバーのコントロールオプションが選択可能。燃料消費量を最大15 %節約。作業性を向上させるキャブおよび快適性オプション。工場装着のテクノロジオプションにより、あらゆるプロジェクトの勾配に対応。

利点

最大 15% 燃料効率の向上

Cat C7.1エンジンとエコモードにより、燃料消費を低減させることができます。

快適性を追求して設計されたキャブ

オペレータが最大限の快適性を得られるよう設計された次世代キャブには、生産性をさらに向上させるコントロールオプションと快適性オプションが用意されています。

最大 15% メンテナンスコストの削減

新しいろ過テクノロジにより、メンテナンス間隔が長くなっています。フィルタは、簡単にアクセスできるように1箇所にまとめられています。

製品仕様 120/120 AWD

定格出力範囲(Tier 4) 139 HP 104 kW
シリンダ数 6 6
標準時能力 122 °F 50 °C
トルクライズ - ISO 9294 42% 42%
排出ガス 米国EPA Tier 4 Final/EU Stage IV - 米国EPA Tier 3/EU Stage IIIA 米国EPA Tier 4 Final/EU Stage IV - 米国EPA Tier 3/EU Stage IIIA
エンジンモデル Cat 7.1 Cat 7.1
エンジン出力低下が発生する高度 9842.5 ft 3000 m
内径 4.1 in 105 mm
注記(1) 定格出力(ネット)は、製造時点で有効なISO 9249、SAE J1349、およびEEC 80/1269 規格に基づいて測定されています。 定格出力(ネット)は、製造時点で有効なISO 9249、SAE J1349、およびEEC 80/1269 規格に基づいて測定されています。
出力低下(AWD) 5499 ft 1676 m
注記(2) 定格出力(ネット)は、エンジンがファン、エアクリーナ、マフラおよびオルタネータを装備した状態でフライホイール端で計測される定格回転数が2,000 rpmの時、利用できる出力です。 定格出力(ネット)は、エンジンがファン、エアクリーナ、マフラおよびオルタネータを装備した状態でフライホイール端で計測される定格回転数が2,000 rpmの時、利用できる出力です。
最大トルク - ISO 9249 606 lb/ft 822 N·m
最大トルク - AWDオン 611 lb/ft 828 N·m
エンジン回転数 2,000 2,000
注記(3) ISO 14396に基づく定格出力 ISO 14396に基づく定格出力
行程 5.3 in 135 mm
総行程容積(排気量) 427.8 in³ 7.01 l
レバー/ステアリングホイール、質量* Tier 4 35067 lb 15906 kg
レバー/ステアリングホイール、全輪駆動(AWD)質量* Tier 4 36731 lb 16661 kg
ジョイスティック、全輪駆動(AWD)質量* Tier 3 36374 lb 16499 kg
レバー/ステアリングホイール、全輪駆動(AWD)質量* Tier 3 36275 lb 16454 kg
ジョイスティック、全輪駆動(AWD)質量* Tier 4 36846 lb 16713 kg
ジョイスティック、質量* Tier 4 35358 lb 16038 kg
ジョイスティック、質量* Tier 3 34886 lb 15824 kg
レバー/ステアリングホイール、質量* Tier 3 34610 lb 15699 kg
注記(1) *標準装備の4,267 mm(14 ft)プラスブレード、タイヤ、プッシュプレート、リッパ、ボトムガード、オペレータ、油水の質量を含む。 *標準装備の4,267 mm(14 ft)プラスブレード、タイヤ、プッシュプレート、リッパ、ボトムガード、オペレータ、油水の質量を含む。
ブレード幅 12 ft 3.7 m
スロートクリアランス 4.1 in 105 mm
アーク半径 16.3 in 413 mm
エンドビット 6 in 152 mm
ブレード高さ 24 in 610 mm
カッティングエッジ 6 in 152 mm
モールドボードサイドシフト左 20.1 in 512 mm
サークルセンターシフト右 26 in 656 mm
最大下降量 30.5 in 775 mm
最大ショルダリーチ右 76 in 1928 mm
ブレードチップ範囲 - 前方 40 40
最大ショルダリーチ左 69.4 in 1764 mm
最大上昇量 16.1 in 410 mm
モールドボードサイドシフト右 26.1 in 663 mm
サークルセンターシフト左 26 in 656 mm
ブレードチップ範囲 - 後方 5 5
油圧システム 25.6 gal (US) 97 l
冷却系統 14 gal (US) 52.5 l
エンジンクランクケース 4.8 gal (US) 18 l
トランスミッションおよびディファレンシャル 9 gal (US) 34 l
燃料タンク 65 gal (US) 246 l
ディーゼル排気液タンク(Tier 4のみ) 5 gal (US) 15 l
サークルドライブ 1.8 gal (US) 7 l
車両全長* 387 in 9838 mm
102 in 2592 mm
全輪駆動全幅(AWD) 2551 mm 100.4 in
注記 *プッシュブロックおよびリッパを標準装備。 *プッシュブロックおよびリッパを標準装備。
最大高さ 151 in 3832 mm

120/120 AWD 標準装備

キャブ

  • ビニール製シート
  • ROPS、標準騒音低減パッケージ
  • キャブ冷暖房システム
  • ベースキャブ
  • 254 mm(10 in)ハイブリッド情報ディスプレイ
  • ハロゲンライト

Cat Connectテクノロジ

  • Product Link

エンジン

  • Cat C7.1
  • エコモード
  • 油圧デマンドファン

ドローバサークルモールドボード

  • 標準
  • サークルドライブスリップクラッチ

安全性

  • パーキングブレーキ
  • ホーン
  • リアビューミラー
  • 油圧式ブレーキ
  • セカンダリステアリングシステム
  • サイドビューミラー
  • 通路および手すり

120/120 AWD オプション装備品

キャブ

  • クロスシート/レザーシート
  • ステアリングホイール/レバーコントロール
  • ジョイスティックコントロール
  • リアワイパー
  • Comfort Plus
  • プレミアムプラス
  • シートベルトインジケータ
  • ヒーター/クーラー付きシート
  • Bluetooth/ラジオ用外部入力
  • LED照明
  • リアウィンドウスクリーン

Cat Connectテクノロジ

  • デジタルブレード勾配計を装備したCat GRADE
  • クロススロープ表示装備のCat GRADE
  • クロススロープ装備のCat GRADE
  • Cat GRADEアタッチメント対応オプション(ARO)
  • 安定ブレード
  • リモートサービス

エンジン

  • 全輪駆動(AWD)

ドローバサークルモールドボード

  • 上部調整式
  • サークルセーバー

安全性

  • リアビューカメラ

汎用性

  • カウンタウエイト
  • プッシュブロック
  • リッパ
  • スカリファイア
  • フロントリフトグループ
  • フロントブレード
  • フロントブレード

120/120 AWD を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

Use the comparison tool to compare detailed specs of Cat and competitor models.

COMPARE ALL MODELS

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

生産性の向上。 効率の改善。

Cat®コンストラクションテクノロジを使用すると、機械とオペレータの生産性が向上します。

詳細

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意

互換性のあるテクノロジとサービス

Caterpillarのコネクテッドデータおよびセキュリティ原則を活用することで、効率および生産性を高め、ビジネスをより収益性の高いものにすることができます。

  • CAT Inspect

    CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

  • Cat Product Link

    CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

  • CAT VisionLink

    VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

  • CATアプリ

    効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

  • CATリモートトラブルシュート

    リモートトラブルシュートを使用すると、車両の運転中にCatディーラが試験を実施できます。問題が特定された場合、サービスメカニックが正しい部品とツールを使用して修正するため、時間とコストを節約できます。リモートトラブルシュートを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での車両の運転を維持できます。

  • CATリモートフラッシュ

    リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

  • ISO 15143-3 (AEMP 2.0) API

    テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

  • My.Cat.Com

    My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

テクノロジを見る

CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

テクノロジを見る

VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

テクノロジを見る

効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

テクノロジを見る

リモートトラブルシュートを使用すると、車両の運転中にCatディーラが試験を実施できます。問題が特定された場合、サービスメカニックが正しい部品とツールを使用して修正するため、時間とコストを節約できます。リモートトラブルシュートを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での車両の運転を維持できます。

テクノロジを見る

リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

テクノロジを見る

テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

テクノロジを見る

My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

テクノロジを見る