鉱山用トラック 789(Tier 4 Final/Stage V)

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

公称定格積載質量
211 ton (US)
191 t
定格車両総質量
715000 lb
324319 kg
定格出力(グロス)- SAE J1995
2100 HP
1566 kW

概要

より少ない燃料でより多くのマテリアルを運搬。

何によって収益を増加させますか?定評ある性能の伝統を引き継ぎ、その性能をさまざまな用途で発揮するトラックですか?トン当たりコストがサイズクラスで最も低く、オペレーティングコストの全体的な削減を実現するトラックですか?エンジンやパワートレインから、コンポーネント、ブレーキ、フレームに至るまで、信頼性とコスト削減、さらに長い耐用年数を実現することですか?CAT® 789を使用すると、これらだけでなく、さらに多くの成果が得られます。789は、サイズクラスで最も低いトン当たりコストと高い信頼性を実現することによって、全体的なコストを削減し、お客様の採掘現場での作業において収益を向上させます。

利点

Tier 2に比べて最大 9 % 燃料消費量を削減

油水類と燃料の消費量を全体的に削減して、所有総コスト(TCO、Total Cost of Ownership)を最小限に抑えます。

滑らかな乗り心地と サイクルタイムの短縮

電子制御トランスミッションコントロールとアドバンストパワーエレクトロニックコントロールストラテジ(APECS、Advanced Power Electronic Control Strategy)を活用して、優れた加速力とギヤの最適化を実現しています。

34% 大きなキャブ

人間工学に基づいて設計されたキャブには、一体型のタッチスクリーンが装備されており、オペレータとトレーナの快適性、視認性、安全性が向上します。

製品仕様 789(Tier 4 Final/Stage V)

定格出力(グロス)- SAE J1995 2100 HP 1566 kW
エンジンモデル Cat® 3516E Cat® 3516E
SAE J1349定格出力(ネット) 1975 HP 1473 kW
定格回転数 1650 r/min 1650 r/min
排出ガス定格 米国Tier 4/EU Stage V 米国Tier 4/EU Stage V
内径 6.7 in 170 mm
行程 8.5 in 215 mm
総行程容積(排気量) 4766 in³ 78.1 l
注記(1) 表示されている定格出力は、エンジンにエアインテイクシステム、排気システム、およびオルタネータが装備された状態で、フライホイール部で得られる出力です。 表示されている定格出力は、エンジンにエアインテイクシステム、排気システム、およびオルタネータが装備された状態で、フライホイール部で得られる出力です。
公称定格積載質量 211 ton (US) 191 t
定格車両総質量 715000 lb 324319 kg
シャーシ質量 234003 lb 106142 kg
ボディ質量 59827 lb 27137 kg
注記(1) 最大タイヤ負荷については、タイヤメーカーにお問い合わせください。 最大タイヤ負荷については、タイヤメーカーにお問い合わせください。
注記(2) 標準および必須アタッチメント、ホイスト、ボディマウンチンググループ、リム、タイヤを装備した、燃料満タンおよび油水類充填時のシャーシ質量。 標準および必須アタッチメント、ホイスト、ボディマウンチンググループ、リム、タイヤを装備した、燃料満タンおよび油水類充填時のシャーシ質量。
フロントアクスル - 無積載時 50 % 50 %
リアアクスル - 無積載時 50 % 50 %
フロントアクスル - 積載時 33 % 33 %
リアアクスル - 積載時 67 % 67 %
形式 全浮動式アクスル付き2段減速プラネタリ 全浮動式アクスル付き2段減速プラネタリ
ディファレンシャルレシオ 2.35:1 2.35:1
プラネタリレシオ 10.83:1 10.83:1
総減速レシオ 25.46:1 25.46:1
前進 - 1速 7.8 mile/h 12.6 km/h
前進 - 2速 10.6 mile/h 17.1 km/h
前進 - 3速 14.4 mile/h 23.1 km/h
前進 - 4速 19.4 mile/h 31.2 km/h
前進 - 5速 26.3 mile/h 42.3 km/h
前進 - 6速 35.5 mile/h 57.2 km/h
後進 7.3 mile/h 11.8 km/h
最高速度 - 積載時 35.5 mile/h 57.2 km/h
標準タイヤ 37.00-R51 37.00-R51
オプションタイヤ 40.00-R51 40.00-R51
リム 29 x 57 in 29 x 57 in
注記(1) クイック交換リムはオプションです。 クイック交換リムはオプションです。
注記(2) Caterpillarでは、すべての作業条件を検討し、タイヤメーカーとご相談の上、適切なタイヤとTKPH(TMPH)の性能を選択することをお勧めします。 Caterpillarでは、すべての作業条件を検討し、タイヤメーカーとご相談の上、適切なタイヤとTKPH(TMPH)の性能を選択することをお勧めします。
サービスブレーキ 4輪、湿式ディスク、オイル冷却式、油圧作動式 4輪、湿式ディスク、オイル冷却式、油圧作動式
フロント湿式ディスクブレーキの表面積 12662 in² 81693 cm²
リア - 湿式ディスクブレーキの表面積 20861 in² 134590 cm²
規格 サービスおよびセカンダリ: ISO 3450:2011 サービスおよびセカンダリ: ISO 3450:2011
パーキングブレーキ 4輪、マルチディスク、スプリング作動、油圧開放式 4輪、マルチディスク、スプリング作動、油圧開放式
平積み 101 yd³ 77 m³
山積み(SAE 2:1) 141 yd³ 108 m³
形式 スナッビングバルブ付きツイン2段式油圧シリンダ。 スナッビングバルブ付きツイン2段式油圧シリンダ。
ポンプ流量 - 高速アイドル時 106.5 gal/min 403 l/min
リリーフバルブ設定 - 上げ 2749 psi 18950 kPa
ボディ上昇時間 - 高速アイドル時 14 s 14 s
ボディ下降時間 - フロート 16 s 16 s
形式 内蔵型窒素/オイルシリンダ、ピンツーピン取付け、上下ダブルシャークレビスアタッチメント 内蔵型窒素/オイルシリンダ、ピンツーピン取付け、上下ダブルシャークレビスアタッチメント
有効シリンダストローク - フロント 4.12 in 104.65 mm
有効シリンダストローク - リア 3.67 in 93.22 mm
リアアクスル - オシレーション ±5° ±5°
燃料タンク - 標準 544 gal (US) 2060 l
尿素水タンク 62 gal (US) 233 l
冷却系統 180 gal (US) 679 l
クランクケース 77 gal (US) 291 l
走行減速機 5.8 gal (US) 22 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ 161 gal (US) 610 l
ステアリングタンク 42 gal (US) 160 l
ステアリングシステム - タンクを含む 46 gal (US) 175 l
ブレーキ/ホイストタンク 169 gal (US) 640 l
ブレーキホイストシステム 347 gal (US) 1315 l
ブレーキホイストシステム - タンクを含む 55 gal (US) 209 l
トルクコンバータ - トランスミッションシステム - サンプを含む 55 gal (US) 209 l
エアコンディショニング HFC - 134A冷媒使用: 31,733 Btu/h HFC - 134A冷媒使用: 31,733 Btu/h
ヒータ/デフロスタ 36510 Btu/h 36510 Btu/h
注記 オペレータ音圧レベル76 dB(A)は、ISO 6394:2008とISO 6396:2008に準拠しています。 オペレータ音圧レベル76 dB(A)は、ISO 6394:2008とISO 6396:2008に準拠しています。
ROPS(標準)(1) ROPS(Rollover Protective Structure、転倒時運転者保護構造)は、運転席でISO 3471:2008、トレーナシートでISO 13459:2012を満たしています。 ROPS(Rollover Protective Structure、転倒時運転者保護構造)は、運転席でISO 3471:2008、トレーナシートでISO 13459:2012を満たしています。
FOPS規格 FOPS(Falling Objects Protective Structure、落下物保護構造)は、運転席でISO 3449:2005、トレーナシートでISO 13459:2012 Level IIを満たしています。 FOPS(Falling Objects Protective Structure、落下物保護構造)は、運転席でISO 3449:2005、トレーナシートでISO 13459:2012 Level IIを満たしています。
ステアリング角度 36.07 ° 36.07 °
旋回径 - フロント 90.3 ft 27.53 m
ステアリング基準 ISO 5010: 2007 ISO 5010: 2007
高さ - ROPS頂部まで 18.25 ft 5550 mm
ボディ全長 42 ft 12810 mm
内側ボディ長さ 27.33 ft 8391 mm
全長 41.5 ft 12650 mm
ホイールベース 18.67 ft 5700 mm
リアアクスル - テール 11.75 ft 3585 mm
最低地上高 4.25 ft 1304 mm
ダンプクリアランス 4.75 ft 1450 mm
ダンプ高さ - 空荷時 18.58 ft 5675 mm
内側ボディ深さ - 最大 9.33 ft 2836 mm
全高 - ボディを上げた状態 44.08 ft 13435 mm
運転幅 25.67 ft 7832 mm
フロントタイヤ幅の中心線 17.75 ft 5410 mm
エンジンガードクリアランス 4.25 ft 1290 mm
外側ボディ幅 22.5 ft 6865 mm
ボディ内幅 21.33 ft 6500 mm
フロントキャノピ高さ 21.42 ft 6540 mm
リアアクスル - クリアランス 4.17 ft 1263 mm
リアデュアルタイヤ幅のセンターライン 15.42 ft 4695 mm
タイヤ全幅 23.33 ft 7120 mm
リアサイドウォール高さ 3.17 ft 974 mm
キャノピ全幅 25.08 ft 7645 mm

789(Tier 4 Final/Stage V) 標準装備

電気系統

  • 24 V電気系統、ローメンテナンスバッテリ(2個、93アンペア時)
  • 後進警報アラーム
  • ブラシレスオルタネータ(225 A)
  • 地上からアクセス可能な電力制御ボックス: イーサネットVIMSポートおよびVIMSランプ、エンジンスタータトランスミッションおよびバッテリロックアウト
  • ジャンプスタート/バッテリ充電ソケット
  • LED照明システム:
    – 後進ライト/ハザードライト、カーブライト(右側(1個)、左側(1個))、方向指示器(フロントおよびリアLED)
    – エンジンルームライト
    – ヘッドライト(ローハイビームセレクタ付き)
    – ラダーライトおよびサービスデッキライト
    – ストップライト/テールライト

運転席

  • 12 V補助電源接続
  • 診断用接続ポートCOM3およびイーサネット
  • 遅延エンジンシャットダウン
  • ドーム型車内灯およびマップライト
  • 娯楽ラジオ対応: ラジオ取付け用装備および12 V電源、スピーカ、アンテナ(AM/FM/WB/衛星ラジオ)
  • ゲージ/インジケータ: オイルおよび冷却水の危険な温度、燃料および尿素水レベル、エンジンシステム、ブレーキおよびトランスミッション故障インジケータ、スピードメータ、タコメータ
  • ヒーテッドミラー(左右)
  • ボディ制御用ホイスト(電動式)
  • インタラクティブタッチスクリーン車両情報ディスプレイ: 昼間/夜間モード、アクションアラーム、4分割ゲージディスプレイ
  • オペレータおよびトレーナ用エアサスペンションシート
  • パワーウィンドウ
  • お客様のアクセサリ取り付け用設備
  • 格納式フロントバイザ
  • ROPSキャブ(絶縁/騒音抑制型)
  • アクセス階段と通路(600 mm(24"))
  • ステアリングホイール(チルト/伸縮機能付き)
  • AC凝縮水からキャブフロントウィンドウウォッシャ液への自動充填
  • オペレータ用装備の収納場所
  • キャブフロントウィンドウワイパ、間欠調整
  • ユニット式油圧駆動HVAC(自動温度制御機能付き)

パワートレイン

  • 37R57パワートレイン(標準リム付き)
  • CAT 3516E Tier 4 Finalエンジンおよび後処理: 自動エンジン温度管理、自動低電圧アイドリング制御、エアクリーナ(2個、プレクリーナ付き)、ターボチャージャ(4個、エアツーエアアフタクーラ付き、機械式電子ユニットインジェクタ(MEUI(TM)-A)燃料系統、自動スタータの保護機能、自動エーテル始動補助装置
  • 油圧ブレーキシステム: リターダ自動制御(ARC、Automatic Retarder Control)(調整可能)、オイル冷却式マルチディスク(フロントおよびリア)(サービス、制動、パーキング、セカンダリ)、後退防止戦略、エンジンの過回転防止機能、ギヤセレクタに組み込まれたパーキングブレーキ、ブレーキ解除モータ(けん引用)、長寿命のブレーキディスク素材
  • トランスミッション:
    – 6速自動パワーシフト(電子制御(TCC)付き)
    – アドバンストプロダクティビティエレクトロニックコントロールストラテジ(APECS、Advanced Productivity Electronic Control Strategy)
    – ボディアップリバースニュートラライザ
    – ボディアップシフトインヒビタ
    – ダウンシフト/リバースシフトインヒビタ
    – 方向シフト管理
    – ダウンシフト/リバースシフトインヒビタ
    – 強化されたトラクションコントロールシステム(TCS、Traction Control System)
    – プログラム可能なトップギヤ
    – オイルレベルセンサ
    – ニュートラル時惰性走行インヒビタ
    – ニュートラル始動スイッチ
    – ロックアップ機構付きトルクコンバータ
    – リアアクスル連続潤滑/フィルタ

油水類

  • エクステンデッドライフクーラント(-35 °C/-30 °Fまで対応)

テクノロジ製品

  • Product Link Elite

その他の装備品

  • 自動潤滑システム
  • 補助“助手用”ダンピングクイックコネクト
  • 補助ステアリングクイックコネクト(けん引)
  • 補助接続"ユーザ定義シャットダウン"
  • 油圧フィルタ(1,000時間)
  • 回転コンポーネント用ガード
  • 高速充填燃料および尿素水リモート充填システム
  • マッドフラップ
  • セカンダリステアリング(自動)
  • タイオフポイント
  • けん引用フック(フロント)およびけん引用ピン(リア)
  • 重要情報管理システム(VIMS、Vital Info Management System)
  • 作動油サイトグラス
  • S • O • S℠サンプリングポート

789(Tier 4 Final/Stage V) オプション装備品

電気系統

  • デジタル積載質量ディスプレイ
  • 補助作業灯(右側1個、左側1個)
  • 作業灯

運転席

  • ワイドヒーテッドミラー

パワートレイン

  • エアなし - 4個のバッテリによる電動スタータ、電気式ホーンおよび自動潤滑システム、エアタンク付きタービンエアスタータ、エアホーンおよび自動潤滑システム、可変スピードファンドライブ
  • トランスミッション: リアアクスルオイルクーラおよびフィルタ、エンジン予潤滑システム
  • 予備潤滑(エンジン)
  • オイル再生システム

油水類

  • 冷却水(-50 °C/-58 °F)

テクノロジ製品

  • Minestar GPS

トラックボディ

  • デュアルスロープボディ
  • 高性能(HP)ボディ
  • MSD IIボディ
  • Xボディ
  • ボディ固有のサイドウォールおよびテール伸張
  • カスタマイズ可能なボディライナパッケージ
  • ボディ熱排気
  • ロックイジェクタ
  • リアボディ照明パッケージ

その他の装備品

  • ブレーキ摩耗インジケータ
  • 寒冷地仕様スタータ
  • ハブオドメータ(キロメートル)
  • 電動アクセス階段
  • リムデフューザ
  • 右側排気排出パイプ
  • 車輪止め
  • 高所作業ハンドレールアレンジメント
  • 高所作業手すりアレンジメント

789(Tier 4 Final/Stage V) を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート