ダンプトラック 775G

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

公称ペイロードクラス(100 %)
71.3 ton (US)
64.6 t
エンジンモデル
Cat® C27
Cat® C27
最高速度 - 積載時
42 mile/h
67.6 km/h

概要

性能を最大化

Caterpillarは、775Gダンプトラックを発売します。40年間のトラックの製造の伝統を踏まえ、今回の製品がお客様の事業をサポートする能力をどのように改善したのかを知りたいと思われることでしょう。
Gシリーズは、シミュレーションと実体の両面で、最新の品質管理テクノロジを使用して設計、製造されました。このトラックは、生産前にさまざまなお客様の環境下で30,000時間に及ぶ性能実証試験を受けており、実地で高い信頼性と耐久性を発揮することが担保されています。
品質だけでなく、Cat Gシリーズトラックはさまざまな工夫により燃費向上を実現しており、お客様のコスト低減に役立ちます。今回、カスタマイズ可能な2つの燃料エコノミーモードを用意し、燃費低減のレベルを選択できるようになりました。Cat Gシリーズトラックをお客様の運搬車両に加えることで生産性を高め、メンテナンス時間を削減し、今までにないレベルでの環境性能で環境への負荷を低減できます。キャブが改良されたことで、お客様のスタッフにこれまでにない快適性と便利さを感じ取ってもらえるでしょう。結論として、Cat Gシリーズトラックは、お客様の事業とスタッフの両方にとってプラスとなる変化をもたらす製品だと言えます。

利点

拡張コンフォート

新しくシートを左側に配置したことにより、作業時間全体にわたって操作が容易になり、快適性も新たなレベルに向上

製品仕様 775G

エンジンモデル Cat® C27 Cat® C27
定格エンジン回転数 2000 r/min 2000 r/min
定格出力(グロス)- SAE J1995 825 HP 615 kW
SAE J1349定格出力(ネット) 783 HP 584 kW
ISO 9249定格出力(ネット) 791 HP 590 kW
定格出力(ネット) - 80/1269/EEC 791 HP 590 kW
内径 5.4 in 137 mm
行程 6 in 152 mm
総行程容積(排気量) 1648 in³ 27 l
ピークトルク - 回転数 1300 r/min 1300 r/min
正味トルク 2874 ft-lb 3896 N·m
エンジン出力 - ISO 14396 813 HP 607 kW
注記(1) これらの定格出力は、指定された規格の指定された条件下で、回転数が2,000 rpmのときの値です。 これらの定格出力は、指定された規格の指定された条件下で、回転数が2,000 rpmのときの値です。
注記(3) Tier 2相当の場合、3,810 m(12,500 ft)の標高までは、エンジンの出力レベルを下げる必要はありません。 Tier 2相当の場合、3,810 m(12,500 ft)の標高までは、エンジンの出力レベルを下げる必要はありません。
注記(2) 定格は、気温25 °C(77 °F)、気圧計が100 kPa(29.61 Hg)を示す、SAE J1995の標準的な空気状態におけるものです。出力は、16 °C(60 °F)におけるAPI比重が35、LHVが42,780 kJ/kg(18,390 BTU/lb)の燃料で、エンジンを30 °C(86 °F)で使用した場合のものです。 定格は、気温25 °C(77 °F)、気圧計が100 kPa(29.61 Hg)を示す、SAE J1995の標準的な空気状態におけるものです。出力は、16 °C(60 °F)におけるAPI比重が35、LHVが42,780 kJ/kg(18,390 BTU/lb)の燃料で、エンジンを30 °C(86 °F)で使用した場合のものです。
最大車両総質量 246503 lb 111812 kg
公称ペイロードクラス(100 %) 71.3 ton (US) 64.6 t
最高速度 - 積載時 42 mile/h 67.6 km/h
ボディ容量 - SAE 2:1 55.23 yd³ 42.23 m³
最大作動ペイロード(110 %) 78.3 ton (US) 71.1 t
目標ペイロード(100 %) 71.3 ton (US) 64.6 t
最大許容ペイロード(120 %)* 85.5 ton (US) 77.5 t
注記(1) デュアルスロープボディ(ライナなし)の容量。 デュアルスロープボディ(ライナなし)の容量。
注記(2) * 車両の最大総質量制限については、「Caterpillar鉱業用トラックの10-10-20積載量に関する方針」をご参照ください。 * 車両の最大総質量制限については、「Caterpillar鉱業用トラックの10-10-20積載量に関する方針」をご参照ください。
前進 - 1速 6.7 mile/h 10.8 km/h
前進 - 2速 9.4 mile/h 15.1 km/h
前進 - 3速 12.7 mile/h 20.4 km/h
前進 - 4速 17 mile/h 27.4 km/h
前進 - 5速 23 mile/h 37 km/h
前進 - 6速 31.1 mile/h 50.1 km/h
前進 - 7速 42 mile/h 67.6 km/h
後進 8.8 mile/h 14.1 km/h
注記 最高走行速度は、24.00R35(E4)標準タイヤを使用した場合の値です。 最高走行速度は、24.00R35(E4)標準タイヤを使用した場合の値です。
ディファレンシャルレシオ 3.64:1 3.64:1
プラネタリレシオ 4.80:1 4.80:1
総減速レシオ 17.49:1 17.49:1
ブレーキ表面 - フロント 257 in² 655 cm²
ブレーキ表面 - リア 9497 in² 61269 cm²
ブレーキ基準 ISO 3450: 2011 ISO 3450: 2011
ポンプ流量 - 高速アイドル時 118 gal/min 448 l/min
リリーフバルブ設定 - 上げ 2502 psi 17250 kPa
リリーフバルブ設定 - 下げ 500 psi 3450 kPa
ボディ上昇時間 - 高速アイドル時 9.5 s 9.5 s
ボディ下降時間 - フロート 13 s 13 s
ボディ出力低下 - 高速アイドル時 13 s 13 s
平積み 42.7 yd³ 32.6 m³
注記(1) 推奨ボディについては、お近くのCatディーラにご相談ください。 推奨ボディについては、お近くのCatディーラにご相談ください。
山積み(SAE 2:1)* 55.5 yd³ 42.2 m³
注記(2) *ISO 6483:1980 *ISO 6483:1980
平積み 42.2 yd³ 32.3 m³
注記(2) *ISO 6483:1980 *ISO 6483:1980
山積み(SAE 2:1)* 55.2 yd³ 42.2 m³
注記(1) 推奨ボディについては、お近くのCatディーラにご相談ください。 推奨ボディについては、お近くのCatディーラにご相談ください。
フロントアクスル - 無積載時 50 % 50 %
フロントアクスル - 積載時 34 % 34 %
リアアクスル - 無積載時 50 % 50 %
リアアクスル - 積載時 66 % 66 %
無積載時シリンダストローク(フロント) 9.2 in 234 mm
無積載時シリンダストローク(リア) 5.8 in 149 mm
リアアクスル - オシレーション 8.1 ° 8.1 °
燃料タンク 210 gal (US) 795 l
冷却系統 45 gal (US) 171 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ 38 gal (US) 145 l
ステアリングタンク 9.5 gal (US) 36 l
ステアリングシステム - タンクを含む 14 gal (US) 54 l
トルクコンバータ - トランスミッションシステム - HRC 18 gal (US) 70 l
ブレーキホイストシステム 85 gal (US) 322 l
トルクコンバータ - トランスミッションシステム - LRC 16 gal (US) 61 l
クランクケース 24 gal (US) 90 l
ブレーキホイスト作動油タンク 46.5 gal (US) 176 l
注記(2) Caterpillarでは、すべての作業条件を検討し、タイヤメーカーとご相談の上、適切なタイヤを選択することをお勧めします。 Caterpillarでは、すべての作業条件を検討し、タイヤメーカーとご相談の上、適切なタイヤを選択することをお勧めします。
注記(1) 775Gトラックの作業能力は非常に高いため、作業条件によっては標準またはオプションタイヤのTKPH(TMPH)の能力限界を超えてしまうことがあります。その場合は、作業量を制限してください。 775Gトラックの作業能力は非常に高いため、作業条件によっては標準またはオプションタイヤのTKPH(TMPH)の能力限界を超えてしまうことがあります。その場合は、作業量を制限してください。
標準タイヤ 24.00R35(E4) 24.00R35(E4)
ROPS(標準) Caterpillar製キャブ用の転倒時運転者保護構造(ROPS、Rollover Protective Structure)は、ISO 3471:2008 ROPS規格に適合しています。 Caterpillar製キャブ用の転倒時運転者保護構造(ROPS、Rollover Protective Structure)は、ISO 3471:2008 ROPS規格に適合しています。
FOPS規格 落下物保護構造(FOPS、Falling Objects Protective Structure)は、ISO 3449:2005 Level II FOPSの規格に適合しています。 落下物保護構造(FOPS、Falling Objects Protective Structure)は、ISO 3449:2005 Level II FOPSの規格に適合しています。
騒音基準(1) 密閉式キャブにおいて、SAE J1166 FEB2008を用いて測定したオペレータの等価音圧レベル(Leq)は76 dB(A)です。これは作業サイクルでの騒音暴露レベルです。キャブが適切に取付けられ、整備されている状態で測定されました。この試験は、キャブのドアおよびウィンドウを閉めた状態で行われています。 密閉式キャブにおいて、SAE J1166 FEB2008を用いて測定したオペレータの等価音圧レベル(Leq)は76 dB(A)です。これは作業サイクルでの騒音暴露レベルです。キャブが適切に取付けられ、整備されている状態で測定されました。この試験は、キャブのドアおよびウィンドウを閉めた状態で行われています。
騒音基準(2) 標準機械の外部音圧レベルは86 dB(A)です。これは、SAE J88:2008で規定されている試験手順に従い、中速ギヤで走行している機械を15 m(49 ft)離れた距離から測定した場合の値です。 標準機械の外部音圧レベルは86 dB(A)です。これは、SAE J88:2008で規定されている試験手順に従い、中速ギヤで走行している機械を15 m(49 ft)離れた距離から測定した場合の値です。
騒音基準(3) 開放型の運転席やキャブ(適切にメンテナンスがされていない場合や、ドア/ウィンドウが開いている状態)で長時間作業を行うときや、騒音の激しい環境で作業を行うときには、聴力保護具が必要になる場合があります。 開放型の運転席やキャブ(適切にメンテナンスがされていない場合や、ドア/ウィンドウが開いている状態)で長時間作業を行うときや、騒音の激しい環境で作業を行うときには、聴力保護具が必要になる場合があります。
旋回径 - フロント 77.1 ft 23.5 m
ステアリング基準 ISO 5010: 2007 ISO 5010: 2007
ステア角 31 ° 31 °
旋回半径 - クリアランス直径 85.6 ft 26.1 m

775G 標準装備

注記

  • 標準およびオプション装備品は異なる場合があります。詳細については、Catディーラにお問い合わせください。

パワートレイン

  • Cat C27 US EPA Tier 2/EU Stage II相当のディーゼルエンジン:
    – エアクリーナ(プレクリーナ付き(2))
    – エアツーエアアフタクーラ(ATAAC、Air-To-Air Aftercooler)
    – 電動スタータ
    – オートアイドリングストップ機能
    – エーテル始動補助装置
    – 排気マフラ
    – NGMRラジエータ
  • 非規制地域専用:
    - ダイレクトドライブファン
    - MEUI-A燃料系統
  • ブレーキシステム:
    -エクステンデッドライフブレーキ
    - リターダ自動制御(ARC、Automatic Retarder Control)
    - 手動リターダ(リアオイル冷却式マルチディスクブレーキを使用)
    - ブレーキ解除モータ(けん引用)
    - 乾式ディスクブレーキ(フロント)
    - フロントブレーキディスコネクトスイッチ(フロント)
    - オイル冷却式マルチディスクブレーキ(リア)
    - ブレーキ摩耗インジケータ(リア)
    - パーキングブレーキ
    - セカンダリブレーキ
    - サービスブレーキ
  • トランスミッション:
    - 7速自動パワーシフト:
    • 電子制御クラッチ圧力制御(ECPC)
    • 先進トランスミッション電子制御システム(APECS、Advanced Productivity Electronic Control Strategy)

    – 自動ニュートラルアイドル
    – オートストール
    – セカンダリギヤ始動

サスペンションシステム

  • サスペンション、フロントおよびリア(EU基準適合)

電気系統

  • 後進警報ブザー
  • オルタネータ(120 A)
  • 自動給脂電源供給対応
  • バッテリ(メンテナンスフリー、12 V(2)、1,400 CCA一体型)
  • 電気系統(25 A、24 V-12 V変圧器)
  • 照明システム:
    – 後退灯(ハロゲン)
    - 方向指示器/ハザード警告灯(フロントおよびリアLED)
    - エンジンルームライト
    - ヘッドライト(ハロゲン、ディマー付き)
    - オペレータ乗降用車内灯
    - 側面ライト
    - ストップ/テールライト(LED)
  • サービスセンター(以下を含む):
    - バッテリジャンプスタート
    - ブレーカ(スペアヒューズ付き)
    - ロックアウトスイッチ
    - ETおよびVIMS用ポート
    - サービスロックアウトスイッチ(エンジンを始動しない電源)

テクノロジ製品

  • エコノミーモード(標準およびアダプティブ)
  • Product Link(携帯電話または衛星電話)
  • トラクションコントロールシステム(TCS)
  • トラック生産管理システム
  • VIMS (Vital Information Management System)

運転席

  • アドバイザディスプレイ:
    - エアクリーナサービスインジケータ
    - 流体レベルモニタリング
    - 燃料レベルモニタリング
    - 表示言語(市場別)
  • エアコンディショナ/ヒータ
  • 自動温度制御
  • 灰皿およびシガレットライタ
  • コートフック
  • カップホルダ(4)
  • 診断コネクタポート(24 V)
  • 娯楽ラジオ対応:
    – 5 Aコンバータ
    – スピーカ
    – アンテナ
    – ワイヤリングハーネス
  • フットレスト
  • ゲージ/インジケータ:
    - ブレーキオイル温度ゲージ
    - クーラント温度ゲージ
    - エンジン過回転インジケータ
    - 燃料レベル
    - アワーメータ
    - スピードメータ(走行距離計付き)
    - タコメータ
    - トランスミッションギヤインジケータ
  • ホイストレバー
  • ホーン
  • ライト - 車内
  • ライト - ドーム
  • ミラー(ヒータなし)
  • 電源ソケット(24 Vおよび12 V)(2)
  • 転倒時運転者保護構造(ROPS)/落下物保護構造(FOPS)
  • シート、CatコンフォートシリーズIII:
    - フルエアサスペンション
    - 巻き取り式3点シートベルト(ショルダハーネス付き)
  • シート(ラップベルト付きトレーナ式)
  • ステアリングホイール、パッド保護、チルト機能、テレスコープ機能
  • 収納スペース
  • サンバイザ
  • スロットルロック
  • ウィンドウ(ヒンジ付き、右側)(緊急用避難口)
  • ウィンドウ(電動式、左側)
  • キャブフロントウィンドウワイパ(間欠調整およびウォッシャ)

ガード

  • ドライブライン
  • エンジンクランクケース
  • ファン

油水類

  • 不凍液
  • エクステンデッドライフクーラント(-34 °C/-30 °Fまで対応)
  • 1ヶ所にまとめられた、地上からアクセス可能なフィルタ

その他の標準装備品

  • ボディ下降インジケータ
  • ボディ安全ピン(ボディを「上げ」位置に固定)
  • 中央搭載式リム
  • 燃料タンク、795 L(210 gal)
  • バッテリディスコネクト(地上操作用)
  • 地上からエンジンシャットダウンが可能
  • 地上からアクセス可能なグリースフィッティング
  • 取扱説明書(OMM)
  • リム(17 x 35)
  • ロックイジェクタ
  • セカンダリステアリング(電子制御式)
  • 固定用の穴
  • けん引用フック(フロント)/けん引用ピン(リア)
  • 盗難防止ロック

775G オプション装備品

注記

  • 標準およびオプション装備品は異なる場合があります。詳細については、Catディーラにお問い合わせください。

オプション装備品

  • ボディヒータ
  • ボディライナ
  • ボディサイドボード
  • キャブプレクリーナ
  • Catエンジンブレーキ
  • 集中グリースフィッティング
  • 寒冷地用パッケージ
  • 液体充填サービスセンター
  • HIDライト
  • ミラー(凸面鏡)
  • ミラー(ヒータ付き)
  • 予備リム
  • 視界パッケージ(ISO 5006規格に適合)
  • 車輪止め
  • 作業範囲ビジョンシステム(WAVS)

775G を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

Use the comparison tool to compare detailed specs of Cat and competitor models.

COMPARE ALL MODELS

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意

互換性のあるテクノロジとサービス

Caterpillarのコネクテッドデータおよびセキュリティ原則を活用することで、効率および生産性を高め、ビジネスをより収益性の高いものにすることができます。

  • CAT Inspect

    CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

  • Cat Product Link

    CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

  • CAT VisionLink

    VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

  • CATアプリ

    効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

  • ISO 15143-3 (AEMP 2.0) API

    テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

  • My.Cat.Com

    My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

テクノロジを見る

CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

テクノロジを見る

VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

テクノロジを見る

効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

テクノロジを見る

テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

テクノロジを見る

My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

テクノロジを見る
  • トラック生産管理システム付きCat PAYLOAD

    トラック生産管理システム付きCAT® PAYLOADは、車両の生産性を向上させてオペレーティングコストの削減に役立つ積載質量計量システムです。ペイロードライトとディスプレイにより、適切な負荷に達したことを伝えます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

トラック生産管理システム付きCAT® PAYLOADは、車両の生産性を向上させてオペレーティングコストの削減に役立つ積載質量計量システムです。ペイロードライトとディスプレイにより、適切な負荷に達したことを伝えます。

テクノロジを見る
  • CAT Productivity

    CAT® Productivityは、任意の運転規模に拡張可能なクラウドベースのアプリケーションです。Cat Production Measurementの詳細なデータ、車両データ、作業現場データが、車載のCAT Product Link™デバイスからWebプラットフォームに直接送信されます。これらのデータには、モバイルデバイス、タブレット、デスクトップデバイスを使用してどこからでもアクセスできます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Productivityは、任意の運転規模に拡張可能なクラウドベースのアプリケーションです。Cat Production Measurementの詳細なデータ、車両データ、作業現場データが、車載のCAT Product Link™デバイスからWebプラットフォームに直接送信されます。これらのデータには、モバイルデバイス、タブレット、デスクトップデバイスを使用してどこからでもアクセスできます。

テクノロジを見る