< 戻る

ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

概要

Cat 910Kコンパクトホイールローダは、生産性、燃料効率、快適性の新しい基準になります。 オペレータは、運転中の状況に応じて油圧系統とドライブトレーンを調整し、現在行っている作業に機械の反応を合わせることができます。 低い騒音レベル、大型の広々としたキャブ、直感的に操作できるコントロールにより、1日を通して快適に作業を行うことができます。 最適化された新型Cat Zバーローダリンケージは、従来のZバーリンケージの性能と掘削力を備え、ツールキャリアの平行度と積荷取扱い能力を発揮します。 新たな業界ベンチマークを定めました。

バケット

形式 高性能シリーズのバケットは、長いフロアとオープンスロートにより、積込みが従来よりも容易にできるとともに、資材の保持力も向上しました。 高性能シリーズのバケットは、長いフロアとオープンスロートにより、積込みが従来よりも容易にできるとともに、資材の保持力も向上しました。 Less
ゼネラルパーパスバケット 1.3~1.5 m3(1.7~2.0 yd3) 1.3~1.5 m3(1.7~2.0 yd3) Less
バケット定格容量 1.7 yd³ 1.3 m³ Less
バケット容量 1.7 yd³ 1.3 m³ Less

パワートレーン

注記 **ディファレンシャルフロントアクスルを走行中、6 km/h以下、フルトルクの状態にロックすることで、厳しい条件下や登坂時にも推進力を維持できます。 **ディファレンシャルフロントアクスルを走行中、6 km/h以下、フルトルクの状態にロックすることで、厳しい条件下や登坂時にも推進力を維持できます。 Less
フロントアクスル 固定 固定 Less
フロントアクスル - トラクションエイド** ディファレンシャルをロック ディファレンシャルをロック Less
ブレーキ - サービスブレーキ インボード湿式ディスクブレーキ インボード湿式ディスクブレーキ Less
ブレーキ - パーキングブレーキ ケーブル作動、スプリング解除 ケーブル作動、スプリング解除 Less
リアアクスル オシレーチング オシレーチング Less
リアアクスル - オシレーション ±11 ° ±11 ° Less
リアアクスル - トラクションエイド ディファレンシャルをロック ディファレンシャルをロック Less

ローダの油圧系統

形式 (1) The 910K作業装置システムにはギヤポンプが使用されています。 The 910K作業装置システムにはギヤポンプが使用されています。 Less
形式 (2) 第3/第4機能フローは、ジョイスティック操作に応じて制御され、連続フロー機能によってどの定格流量にも維持できます。 第3/第4機能フローは、ジョイスティック操作に応じて制御され、連続フロー機能によってどの定格流量にも維持できます。 Less
メインリリーフ圧力 3414.0 psi 240.0 kg/cm² Less
最大ポンプ流量 26.0 gal/分 100.0 L/分 Less
最大作動圧 - 作業装置ポンプ 3044.0 psi 214.0 kg/cm² Less
最大流量 - 作業装置ポンプ - 第3機能 25.0 gal/分 95.0 L/分 Less
最大流量 - 作業装置ポンプ - 第4機能 25.0 gal/分 95.0 L/分 Less

ステアリング

ステアリングアーティキュレート角度、各方向 40 ° 40 ° Less
ステアリングシリンダ: 複動型 - ストローク 15.7 in 400.0 mm Less
ステアリングシリンダ: 複動型 - ロッド直径 1.4 in 35.0 mm Less
ステアリングシリンダ: 複動型 - 内径 2.4 in 60.0 mm Less
最大作動圧 - ステアリングポンプ 2688.0 psi 189.0 kg/cm² Less
最大流量 - ステアリングポンプ 15.9 gal/分 60.0 L/分 Less

質量

運転質量 15256.0 lb 6920.0 kg Less
運転質量 - ハイリフト 16424.0 lb 7450.0 kg Less
運転質量 - 標準リフト 15256.0 lb 6920.0 kg Less

エンジン

定格出力(ネット) 98.0 HP 72.0 kW Less
エンジン名称 Cat® C3.8 - エンジンは日本2011年規制(Tier 4 Interim)排出ガス基準に適合しています。 Cat® C3.8 - エンジンは日本2011年規制(Tier 4 Interim)排出ガス基準に適合しています。 Less
ストローク 4.7 in 120.0 mm Less
トルクライズ 17 % 17 % Less
ピークトルク 248.0 lb/ft 336.0 N·m Less
内径 3.9 in 100.0 mm Less
回転数(ピークトルク時) 1,500 rpm 1,500 rpm Less
回転数(定格出力時) 2,400 rpm 2,400 rpm Less
定格トルク 237.0 lb/ft 321.0 N·m Less
定格出力 72 kW(98 PS) 72 kW(98 PS) Less
総行程容積 231.8 in³ 3.8 l Less

キャブ

ROPS ROPS: SAE J1040 MAY94、ISO 3471-1994。 ROPS: SAE J1040 MAY94、ISO 3471-1994。 Less
FOPS FOPS: SAE J/ISO 3449 APR98、Level II、ISO 3449 1992 Level II。 FOPS: SAE J/ISO 3449 APR98、Level II、ISO 3449 1992 Level II。 Less
騒音 公示されている動作時の運転者音圧レベルは、ISO 6396:2008**に基づき、取付け、維持管理が適正に行われているという条件のもと、デラックスキャブにて測定されたもので、75 dB(A)です。 公示されている動作時の運転者音圧レベルは、ISO 6396:2008**に基づき、取付け、維持管理が適正に行われているという条件のもと、デラックスキャブにて測定されたもので、75 dB(A)です。 Less
注記 (1) Catキャブおよび転倒時運転者保護構造(ROPS)は、北米とヨーロッパでは標準装備です。 Catキャブおよび転倒時運転者保護構造(ROPS)は、北米とヨーロッパでは標準装備です。 Less
注記 (2) **測定は、キャブのドアとウィンドウを閉めた状態で、エンジン冷却ファンを最高速度の70 %で回して実施しました。 騒音レベルは、エンジン冷却ファンの回転数により異なる場合があります。 **測定は、キャブのドアとウィンドウを閉めた状態で、エンジン冷却ファンを最高速度の70 %で回して実施しました。 騒音レベルは、エンジン冷却ファンの回転数により異なる場合があります。 Less

タイヤ

タイヤサイズ(オプション) (1) 16.9-24 10PR(スノー) 16.9-24 10PR(スノー) Less
タイヤサイズ(オプション) (2) 16.9-24 12PR 16.9-24 12PR Less
タイヤサイズ(オプション) (3) 16.9-24 12PR(スノー) 16.9-24 12PR(スノー) Less
タイヤサイズ(標準) 16.9-24 10PR 16.9-24 10PR Less

トランスミッション

前進 - ハイレンジ 21.1 mile/h 34.0 km/h Less
前進 - ローレンジ、速度段1 6.3 mile/h 10.0 km/h Less
前進 - ローレンジ、速度段2 12.5 mile/h 20.0 km/h Less
後進 - ハイレンジ 18.6 mile/h 30.0 km/h Less
後進 - ローレンジ、速度段1 6.3 mile/h 10.0 km/h Less
後進 - ローレンジ、速度段2 12.5 mile/h 20.0 km/h Less

交換時の容量

アクスル - フロント、センター 1.98 ガロン 7.5 l Less
アクスル - フロント、各ハブ 0.58 ガロン 2.2 l Less
アクスル - リア、センター 1.98 ガロン 7.5 l Less
アクスル - リア、各ハブ 0.58 ガロン 2.2 l Less
エンジンクランクケース 3.4 ガロン 13.0 l Less
トランスミッション(ギヤボックス) 0.85 ガロン 3.2 l Less
作動油タンク(補充) 13.7 ガロン 52.0 l Less
冷却水 4.0 ガロン 15.0 l Less
油圧系統 22.5 ガロン 85.0 l Less
燃料タンク 42.3 ガロン 160.0 l Less

運転仕様

ダンプクリアランス(45 °ダンプ時) 112.2 in 2850.0 mm Less
ダンプリーチ(45 °ダンプ時) 30.1 in 765.0 mm Less
全回転転倒時荷重 - ハイリフト 9855.0 lb 4470.0 kg Less
全回転転倒荷重 - 標準リフト 10604.0 lb 4810.0 kg Less
常用荷重 5291.0 lb 2400.0 kg Less
運転荷重 - ハイリフト 4916.0 lb 2230.0 kg Less
運転荷重 - 標準リフト 5291.0 lb 2400.0 kg Less

パラレルリフトローダリンケージ

業界トップの運転室

パワートレーン

油圧系統

オプション

整備性

カスタマサポート

910K 標準装備

パワートレーン
  • Cat C3.8電子ターボディーゼルエンジン(直噴システム): - コモンレール式燃料インジェクション - 3段 - 日本2011年規制(Tier 4 Interim)- アクティブ再生、最小限のオペレータ操作必要
  • 冷却式EGRでNOX削減
  • 粒子状物質削減
  • 燃料: 超低硫黄ディーゼル @ <15 ppm
  • エンジンオイル: CJ-4
  • 電動燃料ポンプ(4 μmフィルタ)
  • S∙O∙SSMポート、トランスミッションオイル
  • ハイドロスタティックトランスミッション、20 km/h
  • ユニバーサルジョイントの永久潤滑
  • ジョイスティックとコラムシフトで、前進/ニュートラル/後進の切り換え
  • ディファレンシャル100 %ロック(動作中)
  • サービスブレーキ: - 密閉湿式ディスク、完全油圧式
  • パーキングブレーキ(セカンダリブレーキ含む): - 機械式ドライブライン
  • ラジエータ(整備可能なコア、単一面)
  • エアクリーナ(ラジアルシール、二重フィルタ)
  • エアインレットヒータ始動補助
  • 冷却ファン(油圧駆動式)
  • ラジエータ補助タンク
  • タイヤ16.9-24 10 PR

ローダ
  • パラレルリフト(Zバーローダ)
  • 地上からアクセスできる給脂ポイント

油圧系統
  • ステアリング優先
  • 油圧系統(バルブ2個、ジョイスティック1本)
  • 油圧診断圧力タップ
  • S∙O∙Sポート(作動油)
  • 油圧オイルクーラ - 単一面
  • 油圧駆動式冷却ファン
  • ポンプ(ギヤ)

電気系統
  • 80 Aのオルタネータ
  • バッテリ(ヘビーデューティ)
  • ハロゲン投光灯(フロントおよびリア)
  • 方向指示器(フロントおよびリア)
  • 12 V直流始動装置
  • イグニッションキー始動/停止スイッチ
  • スイッチ、バッテリディスコネクトキー
  • ステアリングホイールに搭載の警告ホーン
  • Product Link対応ワイヤリング

オペレータ環境
  • ROPS/FOPSキャブ(加圧式、騒音抑制)
  • 油圧コントロールレバーロックアウト
  • 電気-油圧式作業装置コントロール
  • Product Link Japan(プロダクトリンクジャパン)
  • AM/FMラジオ
  • ゲージ: - エンジンクーラント温度 - 作動油温度 - 燃料レベル - スピードメータ - デジタルアワーメータ
  • オペレータ警報システムインジケータ: - ブレーキチャージ圧力低下 - エンジン異常 - パーキングブレーキ使用中 - 電気系統の電圧低下 - 作動油フィルタバイパス - フォールトインジケータ - ディーゼルパーティキュレートフィルタ
  • 車内灯
  • ドア
  • シート: - 布地またはビニール製 - 高さ調節式バックレスト、アームレスト - 巻取り式シートベルト
  • ワイパ/フロントウォッシャ(間欠式)
  • リアワイパ/リアウォッシャ
  • 着色フロントガラス(ラミネート)
  • サイド/リアウィンドウ(強化)
  • 調整式ステアリングコラム
  • リアウィンドウデフロスタ
  • リアビューミラー(車外、2個)
  • ストレージボックス(カップホルダー付)
  • 地上からドアのロック解除可能
  • 12 V内部電源
  • 12 V外部電源

液体類
  • エクステンドライフクーラント不凍液(-36 °Cまで作動油の凍結を防止)
  • Cat Advanced HYDO™ 10

シャーシ
  • フェンダ(フロントおよびリア)
  • エンジンエンクロージャ - ロック付き
  • リカバリヒッチ
  • 盗難防止 - サービスポイントのロック
  • カウンタウエイト