中型ホイールローダ 980

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

定格出力(ネット)(1,700 rpm) – ISO 9249:2007、SAE J1349:2011
393 HP
292 kW
運転質量
66877 lb
30344 kg
バケットラインアップ
4.0-14.5 m³(5.25-19 yd³)
4.0-14.5 m³(5.25-19 yd³)

概要

標準装備テクノロジによる最高の性能がもたらす効率的な運転

CAT® 980ホイールローダは、使いやすいさまざまなテクノロジを標準装備することで、最高の性能を実現しています。 これにより、オペレータの効率を向上させ、生産性の向上を実現することができます。また、性能、信頼性、耐久性、汎用性が向上しているため、お客様のニーズにより的確に対応できるようになりました。

利点

最大 20 % メンテナンスコストの削減

メンテナンス間隔の延長と同時メンテナンスの促進により、従来モデルに比べて低いコストで稼動することができます。

スマートな車両による 効率的な運転

幅広いテクノロジと新しいオペレータ支援機能がシームレスに連携して,生産性を向上させます。

最大 10 % 生産性の向上

作業効率を向上させ、高いバケットフィルファクターを維持することで、生産性を向上させます。

製品仕様 980

定格出力(ネット)(1,700 rpm) – ISO 9249:2007、SAE J1349:2011 393 HP 292 kW
エンジンモデル Cat C13 Cat C13
注記(1) CATエンジンは、米国EPA Tier 4 Final、EUステージV、韓国Tier 4 Final、日本オフロード法2014年基準の各排出ガス基準に適合しています。 CATエンジンは、米国EPA Tier 4 Final、EUステージV、韓国Tier 4 Final、日本オフロード法2014年基準の各排出ガス基準に適合しています。
注記(2) 表示されている正味出力は、エンジンにファン、オルタネータ、エアクリーナ、後処理装置が装備された状態で、フライホイール部で得られる出力です。 表示されている正味出力は、エンジンにファン、オルタネータ、エアクリーナ、後処理装置が装備された状態で、フライホイール部で得られる出力です。
総トルク (1,200 rpm) – SAE J1995:2014 1627 lb/ft 2206 N·m
総行程容積(排気量) 12.5 L 12.5 L
エンジントルク(1,200 rpm) – ISO 14396:2002 1612 lb/ft 2185 N·m
定格出力(グロス)(1,700 rpm) – SAE J1995:2014 425 HP 317 kW
定格トルク(ネット)(1,100 rpm) – ISO 9249:2007、SAE J1349:2011 1539 lb/ft 2086 N·m
エンジン出力(1,700 rpm) – ISO 14396:2002 429 HP 313 kW
運転質量 66877 lb 30344 kg
注記 • 質量は、Bridgestone 29.5R25 VSNT L4ラジアルタイヤ、流体類満タン、オペレータ乗車、標準のカウンタウエイト、ライドコントロール、寒冷時始動、ローディングフェンダ、Product Link、オープンディファレンシャルアクスル(フロント/リア)、セカンダリステアリング、騒音低減、およびBOCE付き5.4 m³(7.1 yd³)ゼネラルパーパスバケットを装備した車両仕様構成の場合のものです。 • 質量は、Bridgestone 29.5R25 VSNT L4ラジアルタイヤ、流体類満タン、オペレータ乗車、標準のカウンタウエイト、ライドコントロール、寒冷時始動、ローディングフェンダ、Product Link、オープンディファレンシャルアクスル(フロント/リア)、セカンダリステアリング、騒音低減、およびBOCE付き5.4 m³(7.1 yd³)ゼネラルパーパスバケットを装備した車両仕様構成の場合のものです。
前進 - 1速 4.3 mile/h 6.9 km/h
前進 - 2速 8.3 mile/h 13.3 km/h
前進 - 3速 14.6 mile/h 23.5 km/h
前進 - 4速 24.5 mile/h 39.5 km/h
注記 回転半径が935 mm(37 in)の標準L4タイヤが装着された標準車両で、バケットが空のときの最高走行速度。 回転半径が935 mm(37 in)の標準L4タイヤが装着された標準車両で、バケットが空のときの最高走行速度。
後進 - 1速 4.8 mile/h 7.8 km/h
後進 - 2速 9.4 mile/h 15.2 km/h
後進 - 3速 16.7 mile/h 26.9 km/h
後進 - 4速 24.5 mile/h 39.5 km/h
注記(1) **欧州連合加盟国およびEU指令採用国向け車両の場合 **欧州連合加盟国およびEU指令採用国向け車両の場合
注記(2) ***EU指令2000/14/EC(2005/88/ECによる改訂) ***EU指令2000/14/EC(2005/88/ECによる改訂)
冷却ファン速度が最大値の70 %の場合 - 周囲音響出力レベル* 109 109
冷却ファン速度が最大速度の場合 - 周囲音圧レベル(SAE J88:2013) 78 78
エアコンディショニング 当機のエアコンディショニングシステムにはフッ素系温室効果ガス冷媒R134a(地球温暖化係数=1,430)を使用。システムに含まれている冷媒の質量は1.9 kg(4.2 lb)で、CO2換算で2.717メートルトン(2.995米トン)に相当します。 当機のエアコンディショニングシステムにはフッ素系温室効果ガス冷媒R134a(地球温暖化係数=1,430)を使用。システムに含まれている冷媒の質量は1.9 kg(4.2 lb)で、CO2換算で2.717メートルトン(2.995米トン)に相当します。
掘削力 51008 lb 227 kN
注記(1) "質量"の項で定義した車両コンフィギュレーションの場合。 "質量"の項で定義した車両コンフィギュレーションの場合。
注記(2) ISO 14397-1:2007第1~6項に完全適合(計算と試験間に2%検証を義務付け)。 ISO 14397-1:2007第1~6項に完全適合(計算と試験間に2%検証を義務付け)。
静止転倒荷重 – 全40 °回転 – タイヤたわみなし 20965 kg 46208 lb
静止転倒荷重 – 全40 °回転時 – タイヤたわみあり 43432 lb 19706 kg
冷却系統 13.7 gal (US) 52 l
クランクケース 9.8 gal (US) 37 l
尿素水タンク 5.5 gal (US) 21 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ - フロント 22.2 gal (US) 84 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ - リア 22.4 gal (US) 84 l
燃料タンク 112.5 gal (US) 426 l
作動油タンク 40.4 gal (US) 153 l
トランスミッション 20.3 gal (US) 77 l
作業装置システム – 最大動作圧力 4975 psi 34300 kPa
作業装置システム - 最大ポンプ出力(2,250 rpm時) 119 gal/min 449 l/min
注記 寸法はすべて概算値で、BOCE付き5.4 m3(7.1 yd3)ゼネラルパーパスバケットおよびBridgestone 29.5R25 VSNT L4ラジアルタイヤを装備した車両の場合のものです。 寸法はすべて概算値で、BOCE付き5.4 m3(7.1 yd3)ゼネラルパーパスバケットおよびBridgestone 29.5R25 VSNT L4ラジアルタイヤを装備した車両の場合のものです。
リアアクスルの中心線からカウンタウエイトの端まで 8.9 ft 2661 mm
リアアクスルの中心線からヒッチまで 6.3 ft 1900 mm
最低地上高 1.5 ft 456 mm
高さ - 排気管最上部まで 12.5 ft 3764 mm
高さ - フード最上部まで 10.1 ft 3064 mm
高さ - ROPS頂部まで 12.7 ft 3829 mm
ヒンジピン高さ(運搬時) 2.2 ft 682 mm
ヒンジピン高さ(最大リフト時) 15.7 ft 4775 mm
リフトアームクリアランス(最大リフト時) 13.6 ft 4125 mm
全長 - バケットなし 27.5 ft 8355 mm
トレッド幅 8 ft 2440 mm
ホイールベース 12.6 ft 3800 mm
ラックバック - 運搬姿勢時高さ 50 ° 50 °
ラックバック - 最大リフト時 61 ° 61 °
ラックバック(地上時) 40 ° 40 °
幅 - タイヤ含む(積載時) 10.9 ft 3260 mm
リアアクスルの中心線からヒッチまで 6.3 ft 1900 mm
最低地上高 456 mm 1.5 ft
高さ - 排気管最上部まで 3764 mm 12.5 ft
高さ - フード最上部まで 3064 mm 10.1 ft
高さ - ROPS頂部まで 3829 mm 12.7 ft
ヒンジピン高さ(運搬時) 2.2 ft 682 mm
ヒンジピン高さ(最大リフト時) 4554 mm 14.11 ft
リフトアームクリアランス(最大リフト時) 3881 mm 12.8 ft
全長 - バケットなし 8155 mm 26.1 ft
トレッド幅 8 ft 2440 mm
ホイールベース 3800 mm 12.6 ft
リアアクスルの中心線からカウンタウエイトの端まで 2661 mm 2661 mm
ラックバック - 運搬姿勢時高さ 50 ° 50 °
ラックバック - 最大リフト時 61 ° 61 °
ラックバック(地上時) 40 ° 40 °
幅 - タイヤ含む(積載時) 10.9 ft 3260 mm
バケットラインアップ 4.0-14.5 m³(5.25-19 yd³) 4.0-14.5 m³(5.25-19 yd³)

980 標準装備

運転席

  • キャブ(加圧式、騒音抑制型)
  • EH作業装置コントロール(パーキングブレーキ)
  • ステアリング(ジョイスティック)
  • シート(布製、エアサスペンション)
  • タッチスクリーンディスプレイ
  • 視界: ミラー、リアビジョンカメラ
  • エアコン(ヒータ、デフロスタ(自動温度、ファン))
  • サンバイザ(フロント、格納式)
  • サンバイザ(リア、格納式)
  • ウィンドウクリーニングプラットフォーム(フロント)
  • ウィンドウ(フロント、安全ラミネートラウンドガラス)

車載テクノロジ

  • CAT Payloadスケール
  • 自動設定タイヤ付き自動掘削
  • オペレータIDおよび車両セキュリティ
  • 用途プロファイル
  • 作業手順書
  • コントロールヘルプおよび電子取扱説明書

パワートレイン

  • Cat C13エンジン
  • 電動燃料プライミングポンプ
  • 燃料/ウォータセパレータおよびセカンダリ燃料フィルタ
  • エンジン(エアプレクリーナ)
  • アクスル(オープンディファレンシャル)
  • トランスミッション(プラネタリ式、自動パワーシフト)
  • ロックアップ機能付きトルクコンバータ
  • サービスブレーキ(油圧、完全密閉湿式ディスク、摩耗インジケータ)
  • 集中制御式ブレーキシステム(IBS)
  • パーキングブレーキ(フロントアクスルにキャリパ搭載、スプリング作動圧力解放式)

油圧システム

  • 作業装置システム(可変容量ピストンポンプ搭載ロードセンシング)
  • ステアリングシステム(専用の可変容量ピストンポンプ搭載ロードセンシング)
  • ライドコントロール(デュアルアキュムレータ)
  • オイルサンプリングバルブ(CAT XT™ホース)

電気系統

  • 始動および充電システム、24 V
  • 電動スタータ(ヘビーデューティ)
  • ライト: ハロゲン、作業灯4個、方向指示器付きフロント走行ライト2個、リアビジョンライト2個

モニタリングシステム

  • アナログゲージ、LCDディスプレイ、および警告ランプ付きのフロントダッシュ
  • プライマリタッチスクリーンモニタ(CAT Payload、4画面表示、車両設定およびメッセージ)

リンケージ

  • 標準リフト(Zバー)
  • キックアウト: リフトおよびチルト

980 オプション装備品

運転席

  • ドア(リモート開放システム)
  • HMUステアリングホイール
  • 娯楽用ラジオ(FM、AM、USB、BT)
  • 娯楽用ラジオ(DAB+)
  • CBラジオ対応
  • シート(スウェード/クロス、エアサスペンション、ヒータ付き)
  • シート(レザー/クロス、エアサスペンション、ヒータ/クーラ付き)
  • 360°ビジョンシステム
  • CAT Detectリアレーダシステム
  • 専用のリアビュー画面
  • ミラー(ヒータ付き)
  • ウィンドウ(フロント、ヘビーデューティまたは全面ガード付き)

車載テクノロジ

  • CAT Advanced Payload
  • CATペイロードプリンタ

パワートレイン

  • タービン(エアプレクリーナ)
  • ラジエータ(異物の多い環境用)
  • 冷却ファン(リバーシブル)
  • アクスル(リミテッドスリップディファレンシャル)
  • アクスル(エコロジードレーン、AOC対応、極端温度対応シール)
  • アクスル(オイルクーラ)
  • ヘビーデューティトランスミッション

油圧システム

  • 第3補助装置機能(ライドコントロール付き)
  • クイックカプラコントロール

電気系統

  • 寒冷時始動(120 Vまたは240 V)
  • ライト: LED
  • 警告回転灯

モニタリングシステム

  • 後進時ストロボライト

リンケージ

  • ハイリフト(Zバー)

追加装置

  • CAT自動潤滑システム
  • フェンダ(エクステンション/ローディング)
  • ガード: パワートレイン、クランクケース、キャブ、シリンダ、リア
  • 生物分解性作動油
  • 高速オイル交換システム
  • リアキャブアクセス
  • 高速充填フュエルタンク
  • ツールボックス
  • 車輪止め
  • セカンダリステアリングシステム(電子制御式)

特別なコンフィギュレーション

  • アグリゲイトハンドラ
  • 廃棄物および産業用
  • 林業、ロガー
  • 製鉄所
  • ブロックハンドラ

980 を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

Use the comparison tool to compare detailed specs of Cat and competitor models.

COMPARE ALL MODELS

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

生産性の向上。 効率の改善。

Cat®コンストラクションテクノロジを使用すると、機械とオペレータの生産性が向上します。

詳細

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意

インタラクティブなバーチャル製品ツアーで、980 の特長とメリットをご覧ください。

980のツアーを開始する
close

互換性のあるテクノロジとサービス

Caterpillarのコネクテッドデータおよびセキュリティ原則を活用することで、効率および生産性を高め、ビジネスをより収益性の高いものにすることができます。

  • ホイールローダ用後方障害物検出

    ホイールローダ用後方障害物検出は2つの部分に分かれた、死角への注意を改善するシステムです。レーダにより安全近接ゾーンに障害物が入った場合に音声と視覚で警告を発し、カメラにより後進時に車両の背後にあるものを見ることができます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

ホイールローダ用後方障害物検出は2つの部分に分かれた、死角への注意を改善するシステムです。レーダにより安全近接ゾーンに障害物が入った場合に音声と視覚で警告を発し、カメラにより後進時に車両の背後にあるものを見ることができます。

テクノロジを見る
  • CAT Inspect

    CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

  • Cat Product Link

    CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

  • CAT VisionLink

    VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

  • CATアプリ

    効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

  • CATリモートフラッシュ

    リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

  • ISO 15143-3 (AEMP 2.0) API

    テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

  • My.Cat.Com

    My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

テクノロジを見る

CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

テクノロジを見る

VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

テクノロジを見る

効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

テクノロジを見る

リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

テクノロジを見る

テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

テクノロジを見る

My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

テクノロジを見る
  • 次世代ホイールローダ用Cat PAYLOAD

    Cat®PAYLOADテクノロジにより作業中の計量が可能になるため、オペレータは毎回、目標積載量に正確に合わせることができ、マテリアルの過積載や過少積載、誤積載を防止できます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

Cat®PAYLOADテクノロジにより作業中の計量が可能になるため、オペレータは毎回、目標積載量に正確に合わせることができ、マテリアルの過積載や過少積載、誤積載を防止できます。

テクノロジを見る
  • CAT Productivity

    CAT® Productivityは、任意の運転規模に拡張可能なクラウドベースのアプリケーションです。Cat Production Measurementの詳細なデータ、車両データ、作業現場データが、車載のCAT Product Link™デバイスからWebプラットフォームに直接送信されます。これらのデータには、モバイルデバイス、タブレット、デスクトップデバイスを使用してどこからでもアクセスできます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Productivityは、任意の運転規模に拡張可能なクラウドベースのアプリケーションです。Cat Production Measurementの詳細なデータ、車両データ、作業現場データが、車載のCAT Product Link™デバイスからWebプラットフォームに直接送信されます。これらのデータには、モバイルデバイス、タブレット、デスクトップデバイスを使用してどこからでもアクセスできます。

テクノロジを見る