CTSMおよびCTGMシリーズ手動切換えスイッチ

< 戻る


一部の非常用電源設備は、それぞれが特定の負荷を給電する複数の自動切換えスイッチを必要とします。 重要ではない負荷が給電されている多くの設備では、仕様に手動または非自動切換えスイッチが求められることがあります。この方法が使用されるのは、操作担当者がおり、無人自動運転を必要とするほど負荷が重要ではないからです。

この機器の機能は重要度が低いため、特定の産業要件は規定されていません。 その結果、ダブルスローディスコネクトスイッチなどの装置が使用されてきました。 非自動切換えスイッチは、非常用電源システムの一部であるため、より重要な負荷に給電している自動切換えスイッチと同じUL 1008電気定格を備えている必要があります。 短絡が発生した場合、非自動切換えスイッチは自動切換えスイッチと同じ電流耐量定格を備えている必要があり、堅牢で信頼性が高い必要があります。

このニーズを満たすために、Caterpillarは電気的に作動し、機械的に保持されるCTSMおよびCTGMシリーズ非自動切換えスイッチを提供しています。 これらのユニットは、自動切換えスイッチのCTSシリーズと同じ構造であることが特徴で、同じ電気定格と機械的機能を備えて提供されます。 手動シリーズは、スイッチのエンクロージャまたはリモートの場所に取り付けられているボタンにより電気的に操作されます。 上記のディスコネクトスイッチとは異なり、CTSMおよびCTGMシリーズは、通常および代替ソース電圧センシングリレーを組み込んで保護機能を向上しています。これらのリレーは切り換えようとしているソースが定格電圧の90 %でない限り、スイッチの手動切換えを許可しません。さらに、CTSMおよびCTGMシリーズはUL 1008規格に従ってテストおよび認定されています。 ただし、ダブルスローディスコネクトスイッチは、この規格に適合していません。
ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

概要

一部の非常用電源設備は、それぞれが特定の負荷を給電する複数の自動切換えスイッチを必要とします。 重要ではない負荷が給電されている多くの設備では、仕様に手動または非自動切換えスイッチが求められることがあります。この方法が使用されるのは、操作担当者がおり、無人自動運転を必要とするほど負荷が重要ではないからです。
この機器の機能は重要度が低いため、特定の産業要件は規定されていません。 その結果、ダブルスローディスコネクトスイッチなどの装置が使用されてきました。 非自動切換えスイッチは、非常用電源システムの一部であるため、より重要な負荷に給電している自動切換えスイッチと同じUL 1008電気定格を備えている必要があります。 短絡が発生した場合、非自動切換えスイッチは自動切換えスイッチと同じ電流耐量定格を備えている必要があり、堅牢で信頼性が高い必要があります。

技術概要

定格範囲 40~4,000 A 40~4,000 A Less
転送タイプ 開/手動 開/手動 Less
スイッチタイプ コンタクタベース コンタクタベース Less