CPM750S

< 戻る

ファイナンス&保険
詳細

CPM750S 標準装備

フライホイールエネルギー貯蔵
  • コンパクトで、バッテリ不要、低コストのメンテナンス/運用

始動システム
  • 発電装置始動モジュールは、最大1,725 CCA(24 VDC時)を供給し、発電装置始動バッテリとの冗長設計で、最高のシステム信頼性を実現します。 バッテリ充電器内蔵。

コントロールシステム
  • UPS/ATS/発電装置にLCDモニタ/コントロールHMIパネル装備。 自己診断機能により重要なコンポーネントをモニタリングし、警告。 コンテナ外部にタワー型警告灯2個を装備。

内蔵システムと通信
  • 一体型モデムでリモート通信に対応。 MODBUS(RTUまたはTCP/IP)。 EthernetとEメールを介してリモートでの通知および監視が可能。 RS232またはRS485シリアル接続。 リアルタイムの監視ソフトウェアを利用可能(UPSリアルタイム視認モニタリングソフトウェア/EMCPモニタリングソフトウェア)。

クーリングシステム
  • コンテナの入出力部にルーバ取付け。 温度制御装置による速度調整機能を備えたUPSの冗長冷却ファン。

エンジンクーラントシステム
  • ジャケットウォータヒータ。 クーラントレベル用サイトゲージ。

スイッチギヤの統合
  • 自動切換えスイッチ(ATS) - マイクロプロセッサベースのユニットにより制御。 メンテナンスバイパスの統合。 便利なユーザ接続部で連続負荷と重要性の低い負荷出力に対応。 燃料系統: 燃料系統に燃料タンク、一体型ウォータセパレータ付きのプライマリ燃料フィルタを統合、

燃料システム
  • 燃料系統に燃料タンク、一体型ウォータセパレータ付きのプライマリ燃料フィルタ、セカンダリ燃料フィルタおよび燃料プライミングポンプを統合。

概要

Cat®常時電力モジュール(Cat CPM)は、運転を中断させ、貴重なデータやシステム容量の損失を引き起こすサージ、電圧低下、停電から常時電力を保護します。 Caterpillar社のエンジニアは、最高の信頼性とスペース利用率を念頭にCPMを設計し、発電装置、高効率の無停電電源装置(UPS)、自動切換えスイッチ(ATS)などの重要なコンポーネントをすべて一体化したCat製品として最適化しています。 商用電力が停電した場合、発電装置が始動し、ATSが発電装置電源に切り換えるまで、フライホイールはUPS出力を維持します。

CPM750Sの仕様

寸法(ISO 20 ftハイキューブ) 12,192 x 2,438 x 2,896 mm/480 x 96 x 114 in 12,192 x 2,438 x 2,896 mm/480 x 96 x 114 in Less
常時電源出力 750 kVA(PF 0.9時675 kW) 750 kVA(PF 0.9時675 kW) Less
振動数 最大60 Hz +/-10 %(プログラム可能) 最大60 Hz +/-10 %(プログラム可能) Less
質量 20,400 kg/44,975 lbs 20,400 kg/44,975 lbs Less
電圧 480 VAC三相、3線プラス接地 480 VAC三相、3線プラス接地 Less
騒音レベル(発電装置運転時) 1 mの距離で85 dBA 1 mの距離で85 dBA Less

UPSの仕様

480 VAC時AC出力電流(A) 903 903 Less
AC出力周波数 通常運転時60 Hz(入力を同期)自走時+/-2 % 通常運転時60 Hz(入力を同期)自走時+/-2 % Less
AC出力電圧 480 VAC三相、3線プラス接地 480 VAC三相、3線プラス接地 Less
フライホイールのタイプ 750Sシリーズシングルモジュールシステム(SMS) 750Sシリーズシングルモジュールシステム(SMS) Less
入力電圧 480 VAC三相、3線プラス接地 480 VAC三相、3線プラス接地 Less
入力電圧範囲 +10 %/-15 %(プログラム可能) +10 %/-15 %(プログラム可能) Less
最大kVA/(kW) 675(750) 675(750) Less
最大連続入力 1,200 1,200 Less
認証 安全規格UL 1778およびCUL CAN/CSA 22.2 安全規格UL 1778およびCUL CAN/CSA 22.2 Less

発電装置の仕様

エンジン名称 3412 TA、V型12気筒、4ストローク水冷式ディーゼル 3412 TA、V型12気筒、4ストローク水冷式ディーゼル Less
ガバナタイプ PEEC PEEC Less
名称 Cat 3412 Cat 3412 Less
燃料システム ポンプおよびライン ポンプおよびライン Less
発電装置のフレームサイズ 597 597 Less
発電装置励磁 内部励起 内部励起 Less
発電装置電圧レギュレータ 三相センシング 三相センシング Less
発電装置電圧制御 +/-0.5 %未満(定常状態、3 %速度変更) +/-0.5 %未満(定常状態、3 %速度変更) Less
総行程容積 1648.86 in³ 27.02 l Less
電源出力 800 kVA(スタンバイ時) 800 kVA(スタンバイ時) Less

Catディーゼルエンジン

  • 信頼性と耐久性に優れた堅牢な設計
  • 世界中の数千件もの導入事例で効果を実証
  • 4ストロークディーゼルエンジンで安定した性能、卓越した燃費、最小限の質量をまとめて実現
  • 発電機

  • Catエンジンの性能と出力特性に適合
  • 業界をリードする機械/電子設計
  • 業界をリードするモータ始動機能
  • IP 23保護
  • 認証および規格

     EU認定証明書  2006/42/ EC機械指令(MD)  2006/95/EC低電圧指令(LV)  89/336/EEC EMC指令  EN 12601往復動内燃機関駆動発電装置  EN 61439低電圧スイッチギヤおよびコントロールギヤアッセンブリ  EN 62040-1無停電電源システム(UPS) - UPSの一般および安全要求事項  EN 60204機械類の安全 - 機械の電気機器  2000/14/EC屋外使用機器の騒音放出

    ワールドワイドな製品サポート

     Catディーラは、メンテナンスや修理契約を含む幅広いアフターセールスサポートを提供しています。  1つのサービス契約で包括的なCat CPMを提供  Catディーラは200ヵ国に1,800を超える拠点を展開しています。  Cat S•O•SSMプログラムは、不要な油水類や燃焼の副産物などの有無をはじめ、エンジン内部コンポーネントの状態を低コストで効率的に検出します。

    UPSと発電装置の統合

    高調波ひずみを取り除くことで、UPSが発電装置とシームレスに連携するため、発電装置を大型化しなくても、総電気負荷容量を引き上げることができます。 Cat UPSは、発電装置を遮断負荷や過渡負荷から効果的に遮断し、障害解決機能を高めることができます。 CPMは工場でテストを通過しており、プログラム可能な統合パラメータはすべて工場で調整済みで、高いシステム信頼性とシステム全体の動作改善を実現します。

    UPSによるオペレーティングコストの低減

    Caterpillarの高い運転効率(>97 %)により、従来のバッテリ駆動UPS製品よりも年間コストを大幅に節約できます。 さらに、Cat UPSの優れた熱遮断機能により、現状のHVACコストを削減し、製品寿命全体での電気消費量を少なくすることができます。

    UPSの優れた設計

    優れたシステム設計に加えて、堅牢なデジタルコンポーネントをシステム全体で採用することで、信頼性が高く故障のないUPSシステムを実現しています。 業界最小のパッケージに最高の効率、卓越した性能を備え、電源保護を提供します。

    自動切換えスイッチ

    4極、オープントランジション自動切換えスイッチにより、商用電源と発電装置間で負荷を切り換えます。 スイッチは発電装置の出力に完全に定格化されており、ユーザ用の便利な接続部を装備し、連続負荷と重要性の低い負荷に対応します。 ユーザ接続部は、負荷バンクテストやレンタル発電装置にも使用できます。