PLCおよびSCADA(Supervisory Control AndData Acquisition、監視制御とデータ収集)コントロールシステム

< 戻る

複数の発電装置制御、複数の商用電力制御(ピークロッピング/シェービングを含む)、負荷管理、プラント制御のバランス調整など、様々な用途に利用できます。 基本的なレベルでは、マスタPLCパネルはシステムの発電制御パネルと関連のスイッチギヤに配線で接続されており、電力ネットワークや発電装置の始動/停止を制御します。 より複雑なシステムでは、通信ネットワークを利用して、PLCと様々な場所のアウトステーションとの間で容易にデータ転送できます。 ネットワークはインテリジェントなデバイス(またはノード)の物理的接続でリング型に構成されており、Ethernet/IPプロトコルで動作します。
ファイナンス&保険
詳細

概要

Caterpillar社では、複雑な制御方式が採用される用途に対応する発電装置および関連スイッチギヤの監視および制御のためのソリューションを取り揃えています。 複数の発電装置制御、複数の商用電力制御(ピークロッピング/シェービングを含む)、負荷管理、プラント制御のバランス調整など、様々な用途に利用できます。 基本的なレベルでは、マスタPLCパネルはシステムの発電制御パネルと関連のスイッチギヤに配線で接続されており、電力ネットワークや発電装置の始動/停止を制御します。

エンクロージャ等級

仕様 IP4X IP4X Less

作動温度

作動温度 0~50 °C(32~122 °F) 0~50 °C(32~122 °F) Less

寸法

寸法 奥行750 mm、幅750 mm、高さ2,200 mm 奥行750 mm、幅750 mm、高さ2,200 mm Less

技術概要

技術概要 据え置き型コントロールパネルのカスタマイズ可能なPLCとSCADA。 据え置き型コントロールパネルのカスタマイズ可能なPLCとSCADA。 Less

用途

用途 LVとMV LVとMV Less

運転モード

運転モード AMF(Auto Mains Failure、自動電源障害)コントロール、複数の発電装置制御、複数の発電装置グループ制御、複数の商用電源制御、ベースロード制御、インポート/エクスポート制御、負荷管理制御、プラント制御のバランス調整 AMF(Auto Mains Failure、自動電源障害)コントロール、複数の発電装置制御、複数の発電装置グループ制御、複数の商用電源制御、ベースロード制御、インポート/エクスポート制御、負荷管理制御、プラント制御のバランス調整 Less

PLCおよびSCADA(Supervisory Control AndData Acquisition、監視制御とデータ収集)コントロールシステム

  • 発電装置と負荷ブレーカの自動/手動制御
  • 発電装置のモニタリング画面(電圧、周波数、アンペア、kW、kVA、kVAr)
  • エンジンモニタリング画面(油圧、エンジン温度、RPM、エンジン作動時間、バッテリのDC電圧、始動回数)
  • 発電装置試験オフロードボタン
  • 商用電源同期用のテストボタン
  • 発電装置およびブレーカのアラームとイベントログ
  • 設定可能なベースコード内でアドオン手順を標準で採用する複雑な制御方針に最適
  • どの用途にも最適に拡張可能なモジュールシステム
  • Modbus(RS485、Ethernet)、BacNet、Profibusシステムを採用したシンプルなインターフェイス
  • 遠隔からのアクセス、モニタリングおよび制御が可能

PLCおよびSCADA(Supervisory Control AndData Acquisition、監視制御とデータ収集)コントロールシステム 標準装備

グラフィカルなインターフェイスの17"タッチスクリーン産業用コンピュータ
  • 1つのインターフェイスで監視と制御が可能
  • プロジェクト別スクリーン
  • データ記録
  • アラーム/イベントログ
  • コントロールのパスワード保護

PLCおよびSCADA(Supervisory Control AndData Acquisition、監視制御とデータ収集)コントロールシステム オプション装備品

冗長ホット/スタンバイPLC
  • 寸法2,200 mm(高さ)、2,250 mm(幅)、750 mm(奥行)
  • 各PLCは個別のパネルに取り付けられており、相互接続ケーブルはすべてマーシャリングセクション部に接続されています。

高速Ethernetリングネットワークから遠隔地のアウトステーションへ接続
  • リングネットワークは単体の耐故障性ネットワークであり、ネットワーク上で単独の障害が発生しても短時間で回復できます。