Engine Paralleling and Integration Control(EPIC)

< 戻る

EXLは、単一の商用電源との並列運転について、単一エンジン発電機を監視および制御する、壁取付け式のシステムです。スイッチギヤ搭載のコントロールに代わるこの費用効果の高い代替装置は、208 V~32 kVの電圧用に設計されています。EXLは非常時用の予備電源だけでなく商用電源との並列化の用途にも対応しています。
ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

概要

Caterpillarでは、さまざまな市場用途で利用できる標準の並列化ソリューションを用意しています。 Engine Paralleling and Integration Control(EPIC)製品シリーズは、エンジン発電装置およびスイッチギヤ(ブレーカおよびバス)から独立したリモートキャビネットで標準の並列化を提供します。 EPICにより、発電装置をあらかじめ構成された非常時予備電源、主要電力、および商用電源構成の並列化で作動させることができます。 業界で実績のあるCaterpillar EMCP 3.S専用コントローラとカラータッチスクリーンインターフェースに置き換えることで、シンクロナイザ、力率コントローラ、負荷共有モジュール、横流補正デバイス、通知装置、スイッチ、メータなど従来型のハードウェアコンポーネントが不要になり、スイッチギヤ組込みコントロールの代替となります。

技術概要

仕様 リモートモジュール式並列化コントロールシステム(最初の2台の発電装置に対応するマスタコントロールパネル、追加の8台までに対応する別の追加コントロールパネル、1台の商用電源ブレーカに対応するオプションコントロールパネル) リモートモジュール式並列化コントロールシステム(最初の2台の発電装置に対応するマスタコントロールパネル、追加の8台までに対応する別の追加コントロールパネル、1台の商用電源ブレーカに対応するオプションコントロールパネル) Less
運転モード 冗長マスタコントロールによる非常時予備電源、商用電源並列化、ピークシェービングおよび発電装置電源との間のクローズドトランジション(オプションの商用電源コントロールパネルを使用) 冗長マスタコントロールによる非常時予備電源、商用電源並列化、ピークシェービングおよび発電装置電源との間のクローズドトランジション(オプションの商用電源コントロールパネルを使用) Less
用途 LVおよびMV(208 V~27kV) LVおよびMV(208 V~27kV) Less

発電装置保護機器

ANSI保護機器 15/25 27/59、81 O/U、32、40、90(産業用グレード) 15/25 27/59、81 O/U、32、40、90(産業用グレード) Less

環境パラメータ

認証 UL / cUL 508A UL / cUL 508A Less
制御パネルエンクロージャ NEMA 12 NEMA 12 Less
作動温度 0 °C~55 °C 0 °C~55 °C Less
保管温度 -20 °C~60 °C -20 °C~60 °C Less