Engine Paralleling and Integration Control(EPIC)

Engine Paralleling and Integration Control(EPIC)

仕様
リモートモジュール式並列化コントロールシステム(最初の2台の発電装置に対応するマスタコントロールパネル、追加の8台までに対応する別の追加コントロールパネル、1台の商用電源ブレーカに対応するオプションコントロールパネル)
リモートモジュール式並列化コントロールシステム(最初の2台の発電装置に対応するマスタコントロールパネル、追加の8台までに対応する別の追加コントロールパネル、1台の商用電源ブレーカに対応するオプションコントロールパネル)
運転モード
冗長マスタコントロールによる非常時予備電源、商用電源並列化、ピークシェービングおよび発電装置電源との間のクローズドトランジション(オプションの商用電源コントロールパネルを使用)
冗長マスタコントロールによる非常時予備電源、商用電源並列化、ピークシェービングおよび発電装置電源との間のクローズドトランジション(オプションの商用電源コントロールパネルを使用)
用途
LVおよびMV(208 V~27kV)
LVおよびMV(208 V~27kV)

製品仕様 Engine Paralleling and Integration Control(EPIC)

技術概要

発電装置保護機器

環境パラメータ

Engine Paralleling and Integration Control(EPIC) 標準装備

インスタントオートセレクタスイッチ

  • タッチスクリーンが故障した場合、ユーザはこのスイッチを使用してシステムを自動に戻すことができます

Engine Paralleling and Integration Control(EPIC) オプション装備品

発電機コントロールパネル(3~10台の発電装置用)

  • ブレーカ位置インジケータおよびサーキットブレーカコントロールスイッチ付き

商用電源コントロールパネル(商用電源並列化およびコントロール用)

  • 商用電源閉ロックアウトスイッチ、ブレーカ位置インジケータおよびサーキットブレーカコントロールスイッチ付き

補助機器、25デバイス

  • 追加の個別同期保護を提供します

データテーブルインターフェイス

  • ビル管理システムとのインターフェイスに対応します

発電機需要優先コントロール

  • 車両ごとの負荷の割合をコントロールし、燃料効率を高め、適切な予備容量を維持するために自動的に優先順位を付けて、オンラインとなる発電装置の数を調整します

Engine Paralleling and Integration Control(EPIC) を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

全体仕様、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。また、すぐにアクセスする場合は、このフォームをスキップすることができます。


次について現在提供中のキャンペーンを確認  Engine Paralleling and Integration Control(EPIC)

その他のキャンペーンを見る