ATS MXコンタクタ MX150マイクロプロセッサコントローラ

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

定格範囲
スイッチによって異なる
スイッチによって異なる
転送タイプ
用途に依存
用途に依存
スイッチタイプ
用途に依存
用途に依存

概要

MX150マイクロプロセッサはCTG製品ファミリに標準で使用されています。MX150マイクロプロセッサパネルは、操作を制御し、切換えスイッチの位置、タイマ、使用可能なソースのステータスを表示します。
MXシリーズは、組込みデジタルコントローラとして高い信頼性を提供し、多様なアプリケーションで無人運転を容易に実現します。

利点

この MX150 マイクロプロセッサは

CTG製品ファミリに標準で使用されています

埋込み型のデジタルコントローラとして MXシリーズは 幅広い用途で優れた信頼性を提供し、無人で容易に操作することができます

製品仕様 MX150マイクロプロセッサコントローラ

定格範囲 スイッチによって異なる スイッチによって異なる
転送タイプ 用途に依存 用途に依存
スイッチタイプ 用途に依存 用途に依存
電源1と電源2の低電圧ドロップアウト 公称の75~98 % 公称の75~98 %
電源1と電源2の低電圧復元 公称の85~100 % 公称の85~100 %
電源1と電源2の低周波数ドロップアウト 公称値の88~98 % 公称値の88~98 %
電源1と電源2の低周波数復元 公称の90~100 % 公称の90~100 %
エンジン冷却の遅延(U) 0~10秒 0~10秒
優先しない電源へ遅延転送(W) 0~5分 0~5分
遅延ニュートラル転送時間遅延(DT、DW) 0~10分 0~10分
保管温度 (-30~75 ˚C)、-22~167 ˚F (-30~75 ˚C)、-22~167 ˚F
作動温度(外気) 40~400 A成型シェル(-20~65 ˚C)、-4~149 ˚F
40~4,000 Aその他すべて(-20~60 ˚C)、-4~149 ˚F
40~400 A成型シェル(-20~65 ˚C)、-4~149 ˚F
40~4,000 Aその他すべて(-20~60 ˚C)、-4~149 ˚F

MX150マイクロプロセッサコントローラ を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意