ATS MXコンタクタ MX250マイクロプロセッサコントローラ

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

定格範囲
スイッチによって異なる
スイッチによって異なる
転送タイプ
用途に依存
用途に依存
スイッチタイプ
用途に依存
用途に依存

概要

MX250マイクロプロセッサは、CTS製品系列全体の標準機能です。MX250シリーズには、MX150コントローラのすべての標準機能が備わっている上、プログラム機能、現場での適応性が向上しています。信頼性が高く、無人で簡単に操作できるので、ミッションクリティカルな幅広い用途に最適です。

利点

この MX250 マイクロプロセッサは

CTS製品系列全体の標準機能です

この 高い 高く

無人で簡単に操作できるので、ミッションクリティカルな幅広い用途に最適です

製品仕様 MX250マイクロプロセッサコントローラ

定格範囲 スイッチによって異なる スイッチによって異なる
転送タイプ 用途に依存 用途に依存
スイッチタイプ 用途に依存 用途に依存
電源1と電源2の低電圧ドロップアウト 公称の75~98 % 公称の75~98 %
電源1と電源2の低電圧復元 公称の85~100 % 公称の85~100 %
電源1と電源2の低周波数ドロップアウト 公称の90~100 % 公称の90~100 %
エンジン冷却の遅延(U) 0~60分 0~60分
優先しない電源へ遅延転送(W) 0~5分 0~5分
遅延ニュートラル転送時間遅延(DT、DW) 0~10分 0~10分
保管温度 (-30~75 ˚C)、-22~167 ˚F (-30~75 ˚C)、-22~167 ˚F
作動温度(外気) 40~400 A成型シェル(-20~65 ˚C)、-4~149 ˚F
40~4,000 Aその他すべて(-20~60 ˚C)、-4~149 ˚F
40~400 A成型シェル(-20~65 ˚C)、-4~149 ˚F
40~4,000 Aその他すべて(-20~60 ˚C)、-4~149 ˚F

MX250マイクロプロセッサコントローラ 標準装備

性能

  • ESDイミュニティ試験(EN61000-4-2 Class B(Level 4))
  • 電気的高速過渡バーストイミュニティ試験(EN61000-4-4)
  • 伝導性放射および放射妨害波(EN55022 Class B(CISPR11))(EN55011 & MILSTD461 Class 3に適合)
  • 電圧ディップおよび変動イミュニティ(EN61000-4-11)
  • 伝導イミュニティ試験(EN61000-4-6(ENV50141))
  • リンギング波イミュニティ(IEEE 472(ANSIC37.90A))
  • サージイミュニティ試験(EN61000-4-5 IEEE C62.41)
  • UL、CSAおよびIEC規格適合
  • 放射、無線周波数、電磁界イミュニティ試験(EN61000-4-3(ENV50140))10 v/m

わかりやすい運転操作

  • 耐候性に優れた不正使用できないタッチパッド
  • プログラミングしやすいディスプレイ
  • マルチパーパスディスプレイ: スイッチの位置と電源の可用性を常時監視するためのLED。4行×20文字のLCDディスプレイで設定、機能、プログラミング、通知が可能
  • 容易なキーパッド入力 – 使いやすいメニュー形式のシステム
  • ディスプレイに内蔵された診断機能により容易にトラブルシューティング

その他の特長

  • ユーザー設定は停電による影響を受けない
  • プログラム可能な内蔵エクササイザは、セパレート型のマイクロコントローラと、時計/カレンダとして機能する独立したバッテリバックアップを使用。スイッチ操作はバッテリの不具合による影響を受けない
  • 内蔵電動オペレータ保護
  • 入力の光遮断により過渡電流およびノイズへの高電気イミュニティを実現
  • 電源の接続と転送データの記録
  • 別ラインの電圧コンポーネントによりコントローラは絶縁されている
  • マイクロプロセッサの作動を監視する回路

MX250マイクロプロセッサコントローラ を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意