ATS MXコンタクタ CTSシリーズ自動切換えスイッチ

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

定格範囲
40~4,000 A
40~4,000 A
転送タイプ
オープントランジション
オープントランジション
スイッチタイプ
コンタクタベース
コンタクタベース

概要

Cat® CTSシリーズ自動切換えスイッチ(ATS、Automatic Transfer Switch)は、フル機能の電源コンタクタタイプの切換えスイッチに装備されている信頼性と容易な運転操作性が求められる用途向けに構成可能です。
CTSシリーズには、要求の厳しい切換えスイッチやバイパススイッチ向けに設計されたMX250コントローラが装備されています。

利点

この Cat CTSシリーズ コンタクタタイプの切換えスイッチ

完全にプログラム可能で構成可能なマイクロプロセッサベースのコントローラを使用して、非常に高い柔軟性をもって用途に対応します

製品仕様 CTSシリーズ自動切換えスイッチ

定格範囲 40~4,000 A 40~4,000 A
転送タイプ オープントランジション オープントランジション
スイッチタイプ コンタクタベース コンタクタベース
コントロール電源 40~4,000 A、2極、3極、または4極 40~4,000 A、2極、3極、または4極
エンクロージャ機能 NEMA 1、3R、4、4X、12 NEMA 1、3R、4、4X、12
システム電圧用 600 VACで使用可能、50または60 Hz 600 VACで使用可能、50または60 Hz
適用するテスト UL 1008リステッド(480 VAC)
CSA C22.2 No. 178認定(600 VAC)
IEC 947-6-1リステッド(最大480 VAC)
UL 1008リステッド(480 VAC)
CSA C22.2 No. 178認定(600 VAC)
IEC 947-6-1リステッド(最大480 VAC)

CTSシリーズ自動切換えスイッチ 標準装備

Cat CTS自動切換えスイッチシリーズ

  • Cat CTSシリーズ電力コンタクタタイプの切換えスイッチは、完全にプログラム可能/構成可能なマイクロプロセッサベースのコントローラを使用して、優れた柔軟性を提供します。さらに、CTSシリーズは多彩な構成が可能であるため、非常に重要な負荷のニーズにも対応できます。利用可能な構成は次のとおりです。

40~4,000 A:

  • CTSD遅延トランジション切換えスイッチ
  • CTSM手動切換えスイッチ
  • CTS自動切換えスイッチ

100~4,000 A:

  • CTSCTクローズドトランジション切換えスイッチ
  • CBTSD遅延トランジションバイパススイッチ
  • CBTSCTクローズドトランジションバイパススイッチ
  • CBTS自動切換え/バイパススイッチ

すべてのCTS製品は業界基準を満たしているので、確実に仕様に適合し、設置を行うことができます。

  • コードおよび標準: NFPA 0、99、101、110、NEC 517、700、701、702、IEEE 446、241、NEMA ICS2-447
  • CSA C22.2 No. 178リステッド(最大600 VAC)
  • 品質システム:
    ISO 9001登録済み
  • UL 1008リステッド(最大480 VAC)
  • コントロールは以下に準拠したテスト済み:
  • 装置(コントロールおよび電源セクション)の耐震テストは、次の基準に準拠:
    IBC-2003
    IEEE-693-2005
  • エンクロージャは以下の基準に準拠:
    UL 508、UL 50、ICS 6、ANSI C33.76、NEMA 250
  • IEC 947-6-1リステッド(最大480 VAC)
  • 堅牢な構造のこの電力コンタクタスイッチファミリは、信頼性、汎用性、使いやすさを重視した切換えスイッチデューティ用に設計されています。
    電源スイッチ接点、ドライブメカニズム、ターミナルラグから構成されたCTS電源パネルコンポーネントは、特別に成形されたバックプレーンに取り付けられていますマイクロプロセッサコントロール補助時間遅延、特殊なアクセサリ装置などの論理装置は、ドアに組み込まれており、メンテナンスしやすく、電源セクションから独立しています。装置には、番号が付いたワイヤリングハーネスと切断プラグが接続されており、コントロールパネルをメンテナンスするときに絶縁できます。

CTSシリーズの操作方法

  • 通常の電源が停電したり、電圧があらかじめ設定された値(通常は公称の80 %)まで低下すると、必要に応じて、回路が閉じ、エンジンの発電装置が起動します。非常電源が定格電圧の90 %、定格周波数の95 %に達すると、ドライブソレノイドに非常コイル制御リレーから電力が供給されるので、主要接点は通常電源から負荷を切り離して、非常電源に接続します。ドライブソレノイドの電気ストロークが完了し、着座すると、非常コイル制御リレーが開いて切り離します。これで切換えスイッチは機械的に非常位置にロックされました。通常の電圧が通常の電源の場合は、非常電源に接続します。ドライブソレノイドの電気ストロークが完了し、着座すると、非常コイル制御リレーが開いて切り離します。これで切換えスイッチは機械的に非常位置にロックされました。通常電圧が*で着座している場合は、コイルコントロールリレーが開いて切り離します。これで切換えスイッチは機械的に通常位置にロックされました。

ドライブメカニズム

  • すべてのCTSスイッチには、通常または非常のどちらでも機械的にロックされた位置にすることができるシンプルな"オーバーセンタ"原理が採用されており、高速ドライブにより、接点の切換えが100ミリ秒以下で可能です。高接点圧力およびポジティブメカニカルロックにより、高い定格耐電流と閉路容量を実現し、UL基準をはるかに上回ることができます。

CTSシリーズ自動切換えスイッチ を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意