ATS MXコンタクタ CTGSE & CTGDSEシリーズサービス定格エントランス定格ATS

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

スイッチタイプ
コンタクタベース
コンタクタベース
転送タイプ
オープントランジションとサービスエントランス
オープントランジションとサービスエントランス
定格範囲
40~3,000 A
40~3,000 A

概要

Cat® CTGSEシリーズ自動切換えスイッチ(ATS)では、商用電源の回路ブレーカ、オプションの過渡電圧サージ抑制、電源モニタリングが1つのパッケージに統合されています。CTGDSEシリーズは、ATSの遅延トランジション操作を可能にします。MX150コントローラには、切換えスイッチの位置、タイマ、使用可能な電源のステータスが表示されます。通信ネットワークインターフェイスはオプションで利用できます。

利点

MX150 コントローラを利用

不揮発性メモリクロック搭載(標準スイッチ操作ではバッテリのバックアップは不要)

NEMA 1 NEMA 3Rをオプションで標準装備

ニュートラルおよびグランドでリンクを切り離す

テスト スイッチ

(高速テスト/負荷あり/負荷なし)通常電源の不具合をシミュレーションし、電源2が故障すると自動的にバイパス

製品仕様 CTGSE & CTGDSEシリーズサービス定格エントランス定格ATS

スイッチタイプ コンタクタベース コンタクタベース
転送タイプ オープントランジションとサービスエントランス オープントランジションとサービスエントランス
定格範囲 40~3,000 A 40~3,000 A

CTGSE & CTGDSEシリーズサービス定格エントランス定格ATS 標準装備

電気定格

  • UL 891、UL 1008、SA 22.2、IEC 947-6-1
  • ESD(Electro Static Discharge、静電放電)イミュニティ試験(EN61000-4-2(Level 4))
  • 電気的高速過渡バーストイミュニティ試験(EN61000-4-4)
  • NFPA70、99、101、110
  • リンギング波イミュニティ(IEEE 472(ANSI C37.90A))
  • 定格40~3,000 A
  • 電圧ディップおよび変動イミュニティ(EN61000-4-11)

CTGSE & CTGDSEシリーズサービス定格エントランス定格ATS オプション装備品

オプションのアタッチメント

  • その他、一体型バッテリ充電器、分路トリップセレクタ、電源モニタ、一体型TVSSなどのオプション
  • 複数の負荷側接続用の一体型ロードセンタオプションは、240 Vまで使用可能

CTGSE & CTGDSEシリーズサービス定格エントランス定格ATS を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意