C1.7

< 戻る

ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

概要

コモンレール燃料システム採用の新しいエレクトロニックCat® C1.7産業用ディーゼルエンジンは、広範囲の速度にわたり、高い出力密度ですばらしい性能を提供します。 これらのエンジンは、きわめてコンパクトなパッケージサイズと豊富なオプションにより、農業、架空リフト、コンプレッサ、建設、一般産業、灌漑装置、マテリアルハンドリング、可搬式地ならし機、可搬式投光器、芝生および造園、坑内採掘機、溶接機などに最適です。

出力定格

最小出力 39.0 BHP 29.0 bkW Less
最高出力 39.0 BHP 29.0 bkW Less
定格回転数 2,800 rpm 2,800 rpm Less

排出ガス基準

排出ガス規制 米国 EPA Tier 4 Final、日本2014年規制(Tier 4 Final) 米国 EPA Tier 4 Final、日本2014年規制(Tier 4 Final) Less

一般情報

エンジン構成 直列3気筒、4行程サイクルディーゼル 直列3気筒、4行程サイクルディーゼル Less
内径 84 mm(3.3 in) 84 mm(3.3 in) Less
ストローク 90 mm(3.5 in) 90 mm(3.5 in) Less
総行程容積 1.7 L(103.7 in³) 1.7 L(103.7 in³) Less
吸気方式 ターボチャージャ付き(T) ターボチャージャ付き(T) Less
圧縮比 18:1 18:1 Less
燃焼システム 直噴 直噴 Less
回転方向(フライホイール側から見て) 反時計方向 反時計方向 Less
クーリングシステムの容量 2.8 L(2.96 qt) 2.8 L(2.96 qt) Less
潤滑システム(補充) 3.6 L(3.8 qt) 3.6 L(3.8 qt) Less

エンジン寸法(概算。 最終寸法は選択したオプションにより異なる)

長さ 640 mm(25.2 in) 640 mm(25.2 in) Less
545 mm(21.4 in) 545 mm(21.4 in) Less
質量 - 正味乾燥(オプションのアタッチメントを含まない基本運転エンジン) 190 kg(419 lbs) 190 kg(419 lbs) Less
高さ 736 mm(28.9 in) 736 mm(28.9 in) Less

後処理寸法(概算。 最終寸法は選択したオプションにより異なる)

直径 155 mm(6.1 in) 155 mm(6.1 in) Less
質量 5.8 kg(12.79 lb) 5.8 kg(12.79 lb) Less

信頼性と静粛性、耐久性に優れた動力

世界トップクラスの生産能力と生産プロセスを実証済みのコアエンジン設計と組み合わせることで、信頼性、静かな運転環境、長い耐用期間を保証します。

優れた性能

大幅なトルクアップにより、オペレーティングコストを抑えながら幅広い速度域で高い性能を発揮します。

燃料効率

オペレーティングコストを抑えながら、さまざまな装置と用途の稼動サイクルに合わせて燃料消費を最適化しています。

幅広い用途

農業、マテリアルハンドリング、建設、鉱業、航空機地上支援など、産業用途向けの業界一種類の豊富な工場設定可能な定格とオプション。

パッケージサイズ

超コンパクトサイズのため取付けが容易で、非常に高い出力密度を発揮します。

世界のCatディーラネットワークを通じて提供されるワールドクラスの製品サポート

  • SOSSMサンプルを含む定期メンテナンス
  • カスタマサポート契約(CSA)
  • Caterpillar拡張ディーラサービスネットワーク(ESC)
  • 優れたディーラサービスネットワーク
  • Cat産業用サービスディストリビュータ(ISD)プログラムによる拡張ディーラサービスネットワーク

Tier 4 Final後処理機能

再生不要。 DOC(Diesel Oxidation Catalyst、ディーゼル酸化触媒)テクノロジにより、お客様に可能な限りコンパクトな後処理ソリューションを提供します。 後処理は再生不要で、作業サイクルを通してシームレスな運用が提供されます。 取付け。 エンジンに取付け済み(標準)。 このため、搭載が簡単で、装置メーカーの総コストが最小限に抑えられます。 取り付けてないオプションも一部についてあります。

C1.7 標準装備

エアインレットシステム
  • 標準エアクリーナ
  • ターボチャージャ

コントロールシステム
  • オルタネータ12 V、85 A
  • スタータモータ12 V
  • グロープラグ始動補助装置
  • エレクトロニックコントロールユニット
  • 柔軟で構成可能なソフトウェア機能とサポート性に優れたSAE J1939 CANバスにより、機械を高度に統合
  • すべてのコネクタとワイヤリングハーネスは防水仕様で、過酷なオフロード環境に耐えられます。
  • 堅牢な信頼性の高いセンサ

クーリングシステム
  • ベルト駆動クーラントポンプ
  • クーラント温度スイッチ
  • 選択可能な冷却ファン
  • ファンドライブオプション

フライホイールおよびフライホイールハウジング
  • フライホイールおよびフライホイールハウジングオプション

燃料システム
  • エレクトロニック2,000 barコモンレール燃料システム
  • スピンオン式燃料フィルタ
  • シンプルなピントルノズルインジェクタ

潤滑システム
  • スピンオンオイルフィルタ
  • 潤滑油圧力スイッチ
  • 様々な用途向けのサンプオプション

パワーテイクオフ(PTO)
  • SAE A PTOドライブ

一般情報
  • 鋳鉄製、エンジンブロック
  • 鋳鉄製排気マニホールドオプション
  • 塗装: Caterpillarイエロー、オプションカラーにも対応
  • 吸気マニホールドオプション
  • エンジンマウント
  • ブロックヒータ機構

米国 EPA Tier 4 Final後処理/排出ガス低減制御装置
  • DOC(Diesel Oxidation Catalyst、ディーゼル酸化触媒)