< 戻る

ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

M 25 E 標準装備

エアインレットシステム
  • エアインテイクサイレンサ/フィルタ

コントロールシステム
  • 負荷分割ユニット(マルチエンジンプラントのみ)
  • モジュール式アラームコントロールおよび保護システム(MACS)
  • シリアルリンクインターフェイス(MODbus/canbus)
  • 調速機

クーリングシステム
  • 電動冷却水プレヒータ
  • HT冷却水ポンプ(エンジン駆動)
  • 2段式給気クーラ

排気システム
  • 排気ガスエキスパンションジョイント
  • 排気ガス絶縁マニホールド
  • フライホイール側ターボチャージャ

フュエルシステム
  • フュエル循環ポンプ(取付け済み、MGO/MDOのみ)
  • フュエルインジケータフィルタ
  • フュエルプレッシャバルブ(取付け済み、MGO/MDOのみ)

計器類
  • ローカルコントロールパネル
  • 圧力および温度インジケータ

潤滑システム
  • ドライサンプ
  • 潤滑油プレートクーラ(セパレート型)
  • 潤滑油ポンプ(エンジン駆動)
  • 潤滑油セルフクリーニングフィルタ
  • 圧力調整バルブ

マウンチングシステム
  • 高フレキシブルカップリング
  • リジッドマウンチング

始動システム
  • 電動バーリング装置
  • 始動エアバルブ

ゼネラル
  • リフティング装置(レンタル)
  • ねじれ振動計算(TVC)

M 25 E オプション装備品

エアインレットシステム
  • エアインレットシャットオフバルブ
  • エアインテイクトランジションピース
  • エキスパンションジョイント
  • サイレンサ/フィルタ

コントロールシステム
  • エアインジェクションコントロール(負荷受容の改善用)
  • 電子調速機
  • エンジンアラームシステム
  • リモートコントロールシステム
  • リモートインジケータ(始動エア圧力、エンジンスピードなど)
  • 電動ポンプ用スタータ
  • 24 DC UPS

クーリングシステム
  • FW/SWプレートクーラ
  • HT冷却水ポンプ(電動)
  • LT冷却水ポンプ(電動)
  • 海水冷却ポンプ(電動)
  • 蒸気/サーマルオイル冷却水プレヒータ
  • 温度制御バルブ

排気システム
  • サイレンサ(スパークアレスタあり/なし)
  • 反フライホイール側ターボチャージャ

フュエルシステム
  • フュエルオイルクーラ
  • HFO最終プレヒータ
  • HFO圧力調整バルブ
  • HFOセルフクリーニング自動フィルタ
  • HFO供給およびブースタポンプ(電動)
  • HFO処理および供給モジュール
  • HFO粘度コントロール装置
  • ミキシングタンク

潤滑システム
  • 潤滑油遠心分離機
  • 潤滑油ポンプ(電動)
  • 潤滑油処理および複合モジュール
  • 予潤滑油ポンプ(電動)
  • 温度制御バルブ
  • レベルゲージ付きウェットサンプ

マウンチングシステム
  • フレキシブルパイプ接続
  • 弾性マウンチング

始動システム
  • 始動エアコンプレッサ
  • 始動エアレシーバ

ゼネラル
  • Cat推進システム
  • エンジンPTOカップリング
  • 定速エンジン用部分負荷最適化キット(SFOCの改善、排気煙の削減、...)
  • 可変速エンジン用部分負荷最適化キット(SFOCの大幅な改善、...)
  • PTOオルタネータ
  • 反フライホイール側PTOシャフト
  • 減速ギヤ
  • 減速ギヤPTOカップリング

概要

新型M 25 Eは、究極の顧客要求を完全に満たすように設計されており、業界で最高の稼働時間を維持しながら最小のオペレーティングコストを実現しています。 通常、1つのエンジン基準ではすべての用途に対応できないため、さまざまな用途別の要件に対応する幅広いM 25 Eコンフィギュレーションが用意されています。 定評あるM 25 Cをベースとして、最適な燃料消費と負荷受容、優れた信頼性と耐久性、および効率的な選択式触媒還元(SCR)運転のために、すべてのバージョンが大幅に最適化されています。 整備とメンテナンスがしやすい設計、稼動状態のリモート監視と診断機能、そして比類ないグローバルな製品サポートによって、オペレーティングコストとダウンタイムを現在の標準よりも削減するという業界のニーズに応えます。

出力定格

出力範囲 2,100~3,150 kW 2,100~3,150 kW Less

エンジンの仕様

速度範囲 720~750 rpm 720~750 rpm Less
排出ガス規制 IMO II IMO II Less
吸気方式 ターボチャージャ式 ターボチャージャ式 Less
内径 10.0 in 255.0 mm Less
ストローク 15.78 in 400.0 mm Less
回転方向(フライホイール側から見て) 反時計回り/時計回り 反時計回り/時計回り Less
仕様 直列6、8、9シリンダ 直列6、8、9シリンダ Less
行程容積 1244.89 in³ 20.4 l/cyl Less

寸法および重量

最小乾燥重量 46738.0 lb 21.2 ton (US) Less
最小長 190.6 in 4840.0 mm Less
最大長 241.3 in 6130.0 mm Less
最低高さ 133.3 in 3386.0 mm Less
最大高さ 152.0 in 3861.0 mm Less
最小幅 81.9 in 2080.0 mm Less
最大幅 87.8 in 2230.0 mm Less

性能

出力5 %アップ、優れた負荷応答

燃料効率

一般的な航洋補給船では、燃料コストを年間で最大250,000ドル削減できます。1基のM 25 Eの部分負荷効率により、可変速用途の場合は年間で最大40トンの燃料を節減できます(平均負荷60 %)。 定速用途(平均負荷20~25 %)と比較して、低負荷の可変速用途では年間50~60トンの燃料を節減できます。

安全性

定評あるMaK M 25 Cをベースとした比類ない信頼性により、最悪の条件下でも常に安全に帰港できます。

稼働時間の増加は収益の増加

オーバーホールの間隔を長くすることで、メンテナンスのための停泊期間を短縮しました。

独自のソリューション

部分負荷に最適化されたM 25 Eは、船舶の標準巡航速度に合わせて設計および最適化されたプロペラとともに、最大エンジン出力またはプロペラスラストが運転時間のごく一部でのみ必要となる船舶向けに開発されています。 プロペラおよびエンジンを最も効率性の高いポイントで運転することで、オペレーティングコスト上の利点が得られます。

オンサイト製品サポートとオンラインモニタリング

Caterpillarの新しいモニタリングアラームおよびコントロールシステム(MACS)は、エンジンコントロール、診断、およびリモートモニタリングに関する追加機能を提供します。これには、お客様が窒素酸化物関連の税金や入港料の節減のために選択したSCR(Selective Catalytic Reduction、選択式触媒還元)などのエンジン関連システムにもこの追加機能を適用するオプションが含まれます。