< 戻る

ファイナンス&保険
詳細

概要

8CM25C発電装置は、船舶産業において実績を誇る信頼性と耐久性の伝統を継承し、海上石油ガス業界に提供しています。 CM海上発電装置は標準化されたモジュール設計で、ポンプとフィルタがエンジンに取り付けられ、エンジンアタッチメントのすべてが工場取付け可能なため、簡単かつ効率的に設置することができます。 8CM25C海上発電装置は、石油生産用施設や船舶への主電源供給用途に最も適しています。 製品一式のパッケージはMCSの型式承認済みで、IMO Tier II排出ガス基準を満たしています。このため、これらのパッケージは船舶やプラットフォームに簡単に組み込むことができます。 世界に広がるCatディーラネットワークがバックアップし、テクニカルサポート、整備、部品供給、保証を通じてお客様の作業をサポートします。

エンジンの仕様

最低定格 3200.0 kV·A 2560.0 ekW Less
最高定格 3200.0 kV·A 2560.0 ekW Less
排出ガス規制 IMO Tier II IMO Tier II Less
エンジンコントロール 電子式 電子式 Less
ストローク 15.7 in 400.0 mm Less
内径 10.0 in 255.0 mm Less
吸気方式 ターボチャージャ/アフタクーラ付き ターボチャージャ/アフタクーラ付き Less
発電装置コントロール 電子式 電子式 Less
総行程容積 9959.0 in³ 163.0 l Less
質量 116845.0 lb 53000.0 kg Less

寸法

99.8 in 2534.0 mm Less
長さ 359.4 in 9130.0 mm Less
高さ 174.7 in 4437.0 mm Less

エンジンの設計

- 世界トップレベルの信頼性と耐久性 - 長年にわたる実績を誇る信頼性と耐久性を船舶業界に提供 n 中速ロングストロークのエンジン設計 - ダイナミックポジションニングの半潜水型掘削施設や掘削船に最適な構成 - コンパクトなシリンダヘッドを持つ設計 - 潤滑油および吸気用のダクトを組み込んだノジュラ鋳鉄製エンジンブロック - セグメント化カムシャフト設計 - 全方向に25 °の傾斜が可能 - 重油を燃料とするためのハイレベルの要件に基づいたエンジン設計 - 高効率のターボチャージャ - シリンダライナ冷却はエンジンブロックの外側のみ - 頑丈なキャストケーシングにアナログ計器類を収めたエンジンコントロールターミナル - 斜め分割設計のコンロッド - カムフォロア付きロアバルブドライブおよびインジェクションポンプドライブ用のコンパクトなモジュール - フレキシブルカムシャフト技術(FCT)

設置が容易

- 標準化されたモジュール設計のため、設置が容易で複雑な設置作業が減少 - ポンプとフィルタがエンジンに取り付けられるため、設置が容易 - シンプルなプラグイン接続を使用した冷却水システム - エンジンアタッチメントのすべてが工場取付け可能なので、カスタマイズや設置時間の削減が可能

パッケージングコンセプト

- パッケージの振動を最小限に抑え、コンポーネントの寿命を最大限に伸ばすために、パッケージとしての組立て、試験、検証を実施

さらに向上した整備性

- エンジンコアの内部へのアクセスに便利な大きな点検用開口部により、整備性が向上 - オーバーホール時の再調整/再使用を考えたコアエンジンコンポーネント - 工場トレーニングを受けた整備者を擁するグローバルなディーラネットワークが、部品やサポートをいつでも提供 - 1本のパイプから成る排気ガスダクトを使用することにより、部品点数を削減

ウェブサイト

お客様のすべての石油動力要件については、www.catoilandgasinfo.comをご覧ください。

8CM25C 標準装備

エンジンインジケータ
  • 液体減衰式圧力ゲージ一式を装備したゲージボード。燃料、潤滑油、淡水、始動エア、吸気に使用します。
  • エンジン取付けの温度計(燃料、潤滑油、淡水、吸気の温度を測定)
  • 電気式リモート回転数インジケータ
  • ターボチャージャおよびリモート回転数インジケータ
  • 排気ガス温度インジケータ

エンジン
  • モータ駆動のバーリングギヤ(エンジンに取付け)
  • 逆転収縮器および押しボタンスイッチ(ケーブル付き)
  • 電子速度設定装置(アクチュエータおよび回転数ピックアップ付き)
  • 押しボタン付き緊急シャットダウン装置(手動非常停止用に独立設置)

コントロール
  • エンジン取付けの手動コントロールには、次のものがあります。始動/停止キー付きコントロールパネル、回転数設定装置、機械式シャットダウン装置、コントロール機能をエンジンからリモートコントロールへ切り換える装置
  • エンジン取付けの始動ソレノイドバルブ(24 V DC)
  • 独立電子式調速機

無人運転用モニタリング
  • 圧力スイッチ(エンジン取付け、次の場合に作動): - 全負荷時の潤滑油圧力が危険レベルより低い - 潤滑油圧力が低い - 潤滑油圧力が危険レベルより低い - 潤滑油圧力による予潤滑が行われなかった - エンジンインレットでの淡水圧力が低い - エンジンインレットでの淡水圧力が危険レベルより低い - LT回路での淡水圧力が低い - 始動エア圧が低い - コントロールエア圧力、エンジンシャットダウンエア圧力が低い - エンジンインレットでの燃料圧力が低い。スイッチ(次の場合に作動) - エンジンインレットでの潤滑油温度が高い - エンジンインレットでの潤滑油温度が危険レベルより高い - エンジンインレットでの水温が高い - エンジンアウトレットでの水温が危険レベルより高い - エンジンインレットでの吸気温度が高い - 吸気ダクト内に水を検知 - 燃料漏れレベル - 燃料フィルタの差圧が高い場合に備えたアラーム接点 - 潤滑油のバックフラッシュフィルタの差圧が高い場合に備えたアラーム接点 - 各シリンダの後、ターボチャージャの前後に取り付ける熱電対一式 - クランクケースオイルミスト検出器。壁面取付け用ハウジング付きコントロールキャビネット(次を含む) - 自動および手動の停止入力信号、始動インターロック入力信号、入力信号ユニットのワイヤ断線モニタリング、緊急シャットダウンソレノイドのために設計された保護装置 - 過回転、着火回転速度、最低回転数を記録する回転数記録システム - 始動/停止ロジック(エンジン自動始動機能によりコントロール、オプション) - サービスアワーカウンタ - Norisアラームシステム(カセットタイプ。排気平均値のモニタリング装置や推進プラントのアラーム入力などのエンジン用アラーム入力専用の設計) - グループアラームパネル(ブリッジ用。オプションで音響アラーム装置を装備)

始動エアシステム
  • 独立式逆止弁(エンジンへの始動エアパイプ用)

エアインテイクシステム
  • エアインテイクフィルタ(ターボチャージャに取付け)
  • エアボトル(独立式)

ディーゼルオイルシステム
  • 独立式循環ポンプ(電動モータ駆動、横型または縦型)
  • デュプレックスフィルタ(差圧表示付き)

排気システム
  • ターボチャージャは自由端取付け、移行ノズル付き(垂直方向から0度でエンジンから離れた位置)。コンプレッサ清掃装置付き
  • エキスパンションジョイント(独立式)
  • 独立式サイレンサおよびスパークアレスタ(被覆なしで35 dB(A))

淡水クーリングシステム
  • HTポンプ(エンジンに取付け)
  • LTポンプ(独立式、縦型、電動モータ駆動)
  • HTサーモスタット(電源供給なし、独立式)
  • エンジン予熱装置(ベースフレームに取付け)

潤滑油システム
  • プレートクーラ(エンジンに取付け)
  • 押上げポンプ(エンジンに取付け)
  • 予潤滑ポンプ(ベースフレームに取付け、電動モータ駆動)
  • Boll & Kirch自動バックフラッシュフィルタ(独立式)
  • デュプレックスフィルタ(差圧表示付き、独立式)
  • 圧力制御バルブ(独立式)
  • サーモスタット(電源供給なし、独立式)

接続部品 - エンジン
  • フランジカップリングとフライホイール間の接続部品一式
  • エンジンと発電機間のフレキシブルフランジカップリング
  • ベースフレーム(フライホイールガード付き、潤滑油サンプタンク組込み、エンジンおよび発電機用)
  • エンジンおよび発電機のマウント(ベースフレーム上)
  • ベースフレームの弾性取付けのための接着ラバーレール一式
  • フレキシブルパイプ接続部一式

ツール
  • エンジン用ツール一式(油圧式増締めツール、ノズルテスタなど)
  • ターボチャージャ用ツール一式
  • シリンダライナ用内径マイクロメータ
  • シリンダライナ用定規

予備部品
  • 作業を滞りなく進めるためのエンジン予備部品一式
  • 予備のフレキシブルパイプ接続部一式