< 戻る

ファイナンス&保険
詳細

概要

エンジンの仕様

最高定格 18720.0 kV·A 14976.0 ekW Less
エンジンコントロール 電子式 電子式 Less
吸気方式 アフタクーラ付きターボチャージャ アフタクーラ付きターボチャージャ Less
最低定格 17280.0 kV·A 17280.0 kV·A Less
ストローク 24.0 in 610.0 mm Less
内径 18.1 in 460.0 mm Less
排出ガス規制 IMOII/III IMOII/III Less
総行程容積 98980.5 in³ 1622.0 l Less

寸法

151.0 in 3800.0 mm Less
質量 690000.0 lb 345.0 T Less
長さ 661.0 in 16800.0 mm Less
高さ 300.0 in³ 7640.0 mm Less

設置が容易

標準化されたモジュール設計のため、設置が容易で複雑な設置作業が減少。 エンジンに補助システムが取り付けられているため設置費用が低減。 簡素なプラグイン接続を使用した冷却水システム

さらに向上した整備性

コアエンジンコンポーネントへのアクセスに便利な大きな点検用開口部。 オーバーホール時に再調整および再使用できるように設計されたコアエンジンコンポーネント。 工場トレーニングを受けた整備者を擁するグローバルなディーラネットワークが、部品やサポートをいつでも提供。 セグメント化カムシャフト設計。 ピストンを簡単に取り外せる分割式コンロッド設計。 個々のカムシャフトセグメントは簡単に取り外し可能

16CM46DF 標準装備

エンジン
  • モータ駆動のバーリングギヤ(エンジンに取付け)
  • 押しボタン付き緊急シャットダウン装置(手動非常停止用)

シリンダヘッド
  • 燃料インジェクタと、整備およびメンテナンス時に容易にアクセスできる一体型ガス吸気バルブ
  • 従来のノッキングセンサテクノロジに代わり、動作の信頼性と効率を最大レベルに高めるシリンダ圧力センサ
  • ガスおよび液体燃料で動作するように設計されたピストン、リング、およびライナ

ターボチャージャ
  • エンジン効率は、ガスおよびディーゼルでの動作に最適化
  • 空燃比制御を最適化するブローオフバルブとウェイストゲートテクノロジ

ガスシステム
  • 本質的に安全なエンジンルームの概念をサポートする、二重壁ガスパイプ
  • 漏れ検出
  • ガスバルブユニット
  • セグメント化されたガス検出システム(要求により提供)

マイクロパイロット燃料インジェクションシステム
  • 整備時に簡単にアクセスできるギヤ駆動式高圧燃料ポンプおよびフィルタシステム
  • 個々のイグニッション燃料インジェクタおよび"シリンダヘッド内"組込みイグニッション燃料リターンパイプによって得られる高い信頼性と保守およびメンテナンスの簡単さ

排気システム
  • フロント取付けターボチャージャは自由端取付け、移行ノズル付き(垂直方向から0度でエンジンから離れた位置)。コンプレッサ清掃装置付き
  • エキスパンションジョイント(独立式)
  • 独立式サイレンサおよびスパークアレスタ

淡水クーリングシステム
  • HTポンプ(エンジンに取付け)
  • LTポンプ(独立式、縦型、電動モータ駆動)
  • HTサーモスタット、リモート取付け、電気制御
  • 冷却水予熱装置(ベースフレームに取付け)

潤滑油システム
  • 安全フィルタ(エンジンに取付け)
  • 押上げポンプ(エンジンに取付け)
  • 予潤滑ポンプ(ベースフレームに取付け、電動モータ駆動)
  • 自動バックフラッシュフィルタ
  • デュプレックスフィルタ(差圧表示付き、エンジンに取付け)
  • 圧力制御バルブ(エンジンに取付け)
  • サーモスタット、リモート取付け、電気制御

社外の人々団体との連携
  • フランジカップリングとフライホイール間の接続部品一式
  • エンジンと発電機間のフレキシブルフランジカップリング
  • ベースフレーム(フライホイールガード付き、潤滑油サンプタンク組込み、エンジンおよび発電機用)
  • エンジンおよび発電機のマウント(ベースフレーム上)
  • ベースフレームの弾性取付けのための接着ラバーレール一式
  • フレキシブルパイプ接続部一式

計器類
  • 液体減衰式圧力ゲージを装備したゲージボード。燃料、潤滑油、淡水、始動エア、吸気に使用します。
  • エンジン取付けの温度計(燃料、潤滑油、淡水、吸気の温度を測定)
  • 電気式リモート回転数インジケータ
  • ターボチャージャおよびリモート回転数インジケータ
  • 排気ガス温度インジケータ

モニタリング
  • エンジン取付けの手動コントロールには、次のものがあります。始動/停止キー付きコントロールパネル、回転数設定装置、機械式シャットダウン装置、コントロール機能をエンジンからリモートコントロールへ切り換える装置
  • エンジン取付けの始動ソレノイドバルブ(24 V DC)
  • 独立電子式調速機