C9.3 ACERT™(Tier 4i/Stage IIIB)

< 戻る

ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

C9.3 ACERT™(Tier 4i/Stage IIIB) 標準装備

エアインレットシステム
  • ターボチャージャ付きエンジンのエアツーエアアフタクーリング

コントロールシステム
  • エレクトロニックコントロールシステム、オーバーフォームワイヤリングハーネス、自動標高補正、燃料温度に合わせた出力補正、設定可能なソフトウェア機能、エンジンモニタリングシステムSAE J1939ブロードキャストおよびコントロール、統合エレクトロニックコントロールユニット(ECU)リモートファンコントロール

クーリングシステム
  • 垂直アウトレットサーモスタットハウジング、遠心式ウォータポンプ、車両の信頼性を確保するために冷却システムの設計に関するガイダンスを提供

排気システム
  • クリーンエミッションモジュール(CEM)(ディーゼルパティキュレートフィルタ(DPF)、ディーゼル酸化触媒 (DOC)、Cat再生システムを装備)、オプションの排気アウトレット

フライホイールおよびフライホイールハウジング
  • SAE No. 1およびSAE No. 2フライホイールハウジング

燃料システム
  • 高圧コモンレール、プライマリ燃料フィルタ、セカンダリ燃料フィルタ、燃料トランスファポンプ、エレクトロニック燃料プライミング

潤滑システム
  • オープンクランクケース通気システム、オイルクーラ、オイルフィラ、オイルフィルタ、オイルレベルゲージ、オイルポンプ(ギヤ駆動)選択可能な汚水槽(フロント、リア、浅型)

パワーテイクオフ
  • SAE A、SAE B、SAE Cドライブを用意、エンジン出力は用途によりフロントからもパワーテイクオフ可能

一般情報
  • 塗装: Catイエロー、振動ダンパ、リフティングアイ

C9.3 ACERT™(Tier 4i/Stage IIIB) オプション装備品

エンジン組込みトランスミッションオイルクーラ
  • エンジン冷却システム内蔵により取付けが簡単、エンジンパッケージ全体を小型化

エンジンブレーキ
  • ブレーキ性能により可動用途に対応

概要

Cat C9.3 ACERTエンジンは、要求の高い油田での使用に最適のソリューションです。 数十年にわたる現場の使用実績と集中的な研究開発に裏打ちされたCat C9.3 ACERTエンジンは、オペレーティングコストを下げ、厳しい環境要件に適合しつつ、極めて優れた性能を発揮します。本製品は、Tier 4 InterimまたはEU Stage IIIB排出ガス規制への適合認証を必要とする用途に最適のエンジンです。 C9.3 ACERTエンジンは、坑井改修リグ、ポンプスキッド、酸処理装置、セメンチング装置、コイルチュービング装置、油圧パワーユニットなどの装置の電源として使用します。Catエンジンは、全世界のCatディーラネットワークがいつでも技術サポート、整備、部品、保証を提供するため安心です。Cat® C9.3 ACERT™産業用ディーゼルエンジン。 定格: 1,800~2,200 rpm時224~261 bkW(300~350 bhp)、米国 EPA Tier 4 Interim、EU Stage IIIB排出ガス基準に適合しています。 排出ガスに関するこの情報は、特定の定格の排出ガステクノロジについて説明しています。 排出ガス規制の詳細については、お近くのCatディーラにお問い合わせください。

一般仕様書

最低定格 300.0 BHP 224.0 bkW Less
最高定格 350.0 BHP 261.0 bkW Less
ガバナと保護 エレクトロニック(ADEM™ A4) エレクトロニック(ADEM™ A4) Less
RPM 2200.0 r/min 1800.0 r/min Less
吸気方式 ターボチャージャ/アフタクーラ付き ターボチャージャ/アフタクーラ付き Less
総行程容積 567.5 in³ 9.3 l Less
フライホイールおよびフライホイールハウジング SAE 1またはSAE 2 SAE 1またはSAE 2 Less
フライホイール歯数 113(SAE 1) 113(SAE 1) Less
回転方向(フライホイール側から見て) 反時計方向 反時計方向 Less
ストローク 5.87 in 149.0 mm Less
内径 4.53 in 115.0 mm Less

排出ガス規制

排出ガス規制 US EPA Tier 4 Interim、EU Stage IIIB US EPA Tier 4 Interim、EU Stage IIIB Less

寸法

長さ 45.3 in 1150.0 mm Less
32.6 in 827.0 mm Less
高さ 44.21 in 1123.0 mm Less
質量 1950.0 lb 885.0 kg Less

液体容量

潤滑油システム(補充) 31.7 ガロン 30.0 l Less
クーリングシステム 23.5 ガロン 22.2 l Less

進歩したデジタルエンジン制御

統合されたイグニッション、回転数調整、保護、および爆発感知可能な可変イグニッションタイミングを含む様々なコントロールを提供するADEM A4コントロールシステム。 ADEM A4の改良点: ユーザインターフェイス、ディスプレイシステム、シャットダウン制御、システム診断。

パワーユニット

エンジンには次の工場パッケージソリューションを装備可能- 後処理 - ラジエータ- ベース - トランスミッション

排出ガス規制

- 2011米国 EPA Tier 4 Interim、EUステージIIIB排出ガス基準に適合した設計。 - エンジンに組み込まれたNOx削減システムは、ピストン、リング、ライナ、燃料システム設定をNOx削減に向けて最適化し、シリンダ内のすすを最小化- 後処理の特長であるクリーンエミッションモジュールにはディーゼル酸化触媒、ディーゼルパティキュレートフィルタを装備- 最先端技術のTier 4 Finalソリューションを現行標準の後処理に適切に組み込むことにより、お客様の既存装置の再設計は不要

カスタムパッケージング

石油産業用製品なら、Caterpillar社にお任せください。工場でカスタムビルドされたパッケージでお客様のニーズに確実にお応えします。 Cat®エンジン、発電機、エンクロージャ、コントロール、ラジエータ、トランスミッション、後処理ソリューションなど、お客様のプロジェクに必要なものすべてをカスタム設計し、特定のニーズに対応する独自のソリューションを提供します。 カスタムパッケージはグローバルにサポートされ、導入後1年間の保証が適用されます。

燃料とオイル

硫黄含有量15 ppm以下の超低硫黄ディーゼル(ULSD)燃料が必要です。また、この新たなテクノロジをサポートする、新しい配合のオイルも必要です。 B20バイオ燃料に対応しています。

オプションのアタッチメント

- エンジン組込みトランスミッションオイルクーラとエンジンクーリングシステムの統合により、容易な設置とエンジンパッケージ全体の小型化を実現- 可動用途に対応できるエンジンブレーキのブレーキ機能を装備

トランスミッション

- Caterpillarでは、エンジンとトランスミッションのパッケージを幅広くご用意しており、お客様のアクスル、油圧システム、操作インターフェイスとの完全統合が可能です。 - C9 ACERT™ Catに最適化したトランスミッション適合製品: TH35-E61、CX31-P600

世界各地のCatディーラネットワークにより提供される製品サポート

- 2,200を超えるディーラ販売店- Catの工場でトレーニングを受けたディーラの整備者が、お客様のガソリンエンジンのあらゆる側面を整備- Cat部品および工賃保証- 故障前修理オプションが利用できる予防メンテナンス契約- S•O•SSMプログラムでは、お客様のオイルサンプルおよび冷却水サンプルをCaterpillar社の基準に照らして検査:- 内部エンジンコンポーネントの状態- 不要なフルードの有無- 燃焼の副生成物の有無- 現場に合わせたオイル交換間隔

80年を超えるエンジン製造経験

このような製造プロセスを有することで、Caterpillar社は高品質で信頼性の高い製品を生産できるようになりました。- エンジンブロック、ヘッド、シリンダライナおよびフライホイールハウジングの鋳造- 重要なコンポーネントの機械加工- エンジン一式の組立て

エンジンの設計

- エンジンの信頼性と強度、後処理の実績- 幅広い運転速度- 高出力密度- PTO駆動オプションにより、ポンプなどに必要な補助電源に対し、フレキシブルにアクセス可能

ウェブサイト

すべての石油産業用動力要件については、www.catoilandgasinfo.comをご覧ください。

所有総コストの低減

- 最適化された燃料消費- 最小5,000時間のディーゼルパティキュレートフィルタアッシュサービス間隔、250~500時間のオイル交換間隔により、低コストなメンテナンスを実現