730 EJ

アーティキュレートトラック 730 EJ

国内の販売店に見積りを依頼する ディーラを検索する

重要な仕様

エンジンモデル
Cat® C13
Cat® C13
定格積載質量
30 ton (US)
27.1 t
山積み(SAE 2:1)
22.1 yd³
16.9 m³

概要

お客様独自の運搬ニーズに合わせて装備

Cat® 730 EJは、世界中のオペレータからのフィードバックに基づいて再設計された世界トップクラスのキャブを装着しており、快適性と操作性を向上させます。新しいコントロール、トランスミッション保護機能、ホイストアシストシステム、先進自動トラクションコントロールシステム、安定性アシスト車両転倒警告システム、燃料を節約するエコモードなど、いくつもの改良が行われています。

製品仕様 730 EJ

エンジンモデル Cat® C13 Cat® C13
内径 5.1 in 130 mm
行程 6.2 in 157 mm
総行程容積(排気量) 763 in³ 12.5 l
右記未満はエンジン出力低減なし 12500 ft 3810 m
エンジンモデル - 米国EPA Tier 4 Final/EU Stage V Cat C13 Cat C13
ピークエンジントルク回転数 1200 r/min 1200 r/min
SAE J1349定格出力(ネット) 367 HP 274 kW
定格出力(グロス)- SAE J1995 375 HP 280 kW
ピークエンジン総トルク(SAE J1995) 1579 ft·lbf 2141 N·m
定格出力(ネット) - ISO 14396 370 HP 276 kW
排出ガス 730 EJはTier 4 FinalおよびStage V排出ガス基準に適合しています。 730 EJはTier 4 FinalおよびStage V排出ガス基準に適合しています。
注記(4) ファンが高速で回転している場合の定格出力(ネット)は、SAE基準条件では274 kW(367 hp)です。 ファンが高速で回転している場合の定格出力(ネット)は、SAE基準条件では274 kW(367 hp)です。
注記(3) 公称の定格出力(ネット)は、エンジンにオルタネータ、エアクリーナ、マフラが装着され、ファンが低速で回転している場合にのみ得られるものです。 公称の定格出力(ネット)は、エンジンにオルタネータ、エアクリーナ、マフラが装着され、ファンが低速で回転している場合にのみ得られるものです。
注記(2) 出力定格は、指定された標準条件のもとでテストした場合の、定格回転数1,800 rpmにおける値です。 出力定格は、指定された標準条件のもとでテストした場合の、定格回転数1,800 rpmにおける値です。
注記(1) 文中の「Tier 4 Final/Stage V排出ガス基準」は、米国EPA Tier 4 Final、EU Stage V、日本オフロード法2014年基準、および韓国Tier 4 Final排出ガス基準を含みます。 文中の「Tier 4 Final/Stage V排出ガス基準」は、米国EPA Tier 4 Final、EU Stage V、日本オフロード法2014年基準、および韓国Tier 4 Final排出ガス基準を含みます。
注(5) Cat SCRシステムで使用されるDEFは、国際標準化機構(ISO)規格22241-1に規定されている要件を満たさなければなりません。ISO 22241-1の要件には、AdBlue/API認証を受けた尿素水をはじめ、多くのブランドの尿素水が適合しています。 Cat SCRシステムで使用されるDEFは、国際標準化機構(ISO)規格22241-1に規定されている要件を満たさなければなりません。ISO 22241-1の要件には、AdBlue/API認証を受けた尿素水をはじめ、多くのブランドの尿素水が適合しています。
ピークエンジン正味トルク(ISO 14396) 1564 ft·lbf 2120 N·m
定格積載質量 30 ton (US) 27.1 t
山積み(SAE 2:1) 22.1 yd³ 16.9 m³
平積み 17.7 yd³ 13.5 m³
前進 - 1速 5 mile/h 8 km/h
前進 - 2速 9 mile/h 15 km/h
前進 - 3速 14 mile/h 22 km/h
前進 - 4速 21 mile/h 34 km/h
前進 - 5速 29 mile/h 47 km/h
前進 - 6速 34 mile/h 55 km/h
後進 - 1速 6 mile/h 9 km/h
キャブ内 72 dB(A) 72 dB(A)
注(2) 開放型の運転室やキャブ(適切にメンテナンスされていない場合や、ドア/ウィンドウを開いている状態)で、長時間作業を行うときや騒音の激しい環境では、聴力保護具が必要になる場合があります。 開放型の運転室やキャブ(適切にメンテナンスされていない場合や、ドア/ウィンドウを開いている状態)で、長時間作業を行うときや騒音の激しい環境では、聴力保護具が必要になる場合があります。
注(1) ANSI/SAE J1166 OCT 98で規定された作業サイクルに基づいて測定された、オペレータの騒音暴露レベルLeq(等価音圧レベル)は、72 dB(A)です。これはCaterpillarキャブを適切に設置後、メンテナンスし、ドアとウィンドウを閉めた状態で試験を行った結果です。 ANSI/SAE J1166 OCT 98で規定された作業サイクルに基づいて測定された、オペレータの騒音暴露レベルLeq(等価音圧レベル)は、72 dB(A)です。これはCaterpillarキャブを適切に設置後、メンテナンスし、ドアとウィンドウを閉めた状態で試験を行った結果です。
フロントアクスル - 定格荷重 1433 lb 650 kg
合計 – 積載時 117528 lb 53310 kg
センタアクスル - 積載時 41502 lb 18825 kg
リアアクスル - 無積載時 11707 lb 5310 kg
リアアクスル - 定格荷重 29156 lb 13225 kg
フロントアクスル - 積載時 35009 lb 15880 kg
センタアクスル - 無積載時 12214 lb 5540 kg
合計 - 定格荷重 59745 lb 27100 kg
フロントアクスル - 無積載時 34723 lb 15750 kg
合計 – 無積載時 58643 lb 26600 kg
リアアクスル - 積載時 41017 lb 18605 kg
センタアクスル - 定格荷重 29156 lb 13225 kg
燃料タンク 108.8 gal (US) 412 l
冷却系統 21.9 gal (US) 83 l
エンジンクランクケース 10 gal (US) 38 l
トランスミッション 12.4 gal (US) 47 l
尿素水タンク 5.3 gal (US) 20 l
油圧システム 29.1 gal (US) 110 l
ファイナルドライブ/ディファレンシャル 33 gal (US) 125 l
アウトプットトランスファギヤボックス 6.3 gal (US) 24 l
ステアリング旋回速度(Lock to Lock) 4.75秒(60 rpm時) 4.75秒(60 rpm時)
ブレーキ ISO 3450 - 2011 ISO 3450 - 2011
キャブ - FOPS ISO 3449 Level II - 2005 ISO 3449 Level II - 2005
キャブ - ROPS ISO 3471 - 2008 ISO 3471 - 2008
ステアリング ISO 5010 - 2007 ISO 5010 - 2007
形式 高強度のブリネルHB450耐摩耗鋼 高強度のブリネルHB450耐摩耗鋼
旋回寸法 - 最小旋回半径 318 in 8075 mm
旋回寸法 - SAE旋回半径 294 in 7470 mm
旋回寸法 - ステア角 - 左/右 45° 45°
旋回寸法 - 内側半径 152 in 3849 mm
旋回寸法 - 通路幅 214 in 5424 mm
注記 750/65R25タイヤ装着車両の寸法。 750/65R25タイヤ装着車両の寸法。
油圧ショベル: 336F/336F XE - 積込み杯数 5–6 5–6
注記 最適なシステムを選択することで生産性を最大限に引き出すことができます。730 EJは、Cat 349F、336Fの油圧ショベルや、Cat 972M、966M、962M、950Mのホイールローダと組み合わせて使用するのに最適です。積込み機と運搬機とのマッチングが適切であると、生産性が向上し、現場全体での運搬量当たりのコストが低減します。 最適なシステムを選択することで生産性を最大限に引き出すことができます。730 EJは、Cat 349F、336Fの油圧ショベルや、Cat 972M、966M、962M、950Mのホイールローダと組み合わせて使用するのに最適です。積込み機と運搬機とのマッチングが適切であると、生産性が向上し、現場全体での運搬量当たりのコストが低減します。
油圧ショベル: 349F/349F XE - 積込み杯数 4–5 4–5
ホイールローダ: 966M/966M XE - 積込み杯数 4 4
ホイールローダ: 972M/972M XE - 積込み杯数 3–4 3–4
ホイールローダ: 962M - 積込み杯数 4–5 4–5
ホイールローダ: 950M - 積込み杯数 5 5
格納時間 15 s 15 s
排出時間 12 s 12 s

730 EJ 標準装備

オペレータ環境

  • 調整可能な吹出口
  • イジェクトコントロール統合型ギヤセレクトレバー
  • ガラスウィンドウ:
    - フロントはラミネート、着色加工
    - サイドとリアは硬化および着色加工
  • エアコン - R134A冷媒使用
  • 4速ファン付きヒータおよびデフロスタ
  • ミラー: 大きくなり視認性向上
  • 車両作動モニタリングシステムに含まれるもの:
    – アクションランプ
    – エンジンオイル圧力
    – プライマリステアリングシステム
    – 左右方向指示器
    – ハイビーム
    – クーラント温度
    – タコメータ
    – パーキングブレーキ
    – 燃料レベル
    – トランスミッションオイル温度
    – ブレーキシステム
    – トランスミッション保持
    – イジェクトコントロール
    – 油圧系統
    – 充電システム
    – リターダ
    – トランスミッション故障
    – トラクションコントロールシステム
    – エンジン点検ランプ
  • 液晶ディスプレイ(LCD、Liquid Crystal Display):
    - 警告インジケータ
    - 選択ギヤと方向
    - 回転数/自動シフト
    - 取扱説明書(OMM、Operation and Maintenance Manual)の確認
    - プライマリステアリング故障警告
    - シートベルトの警告
    -セカンダリステアリング故障警告
    - ディーゼルパティキュレートフィルタ(DPF、Diesel Particulate Filter)再生フィルタ
    - マシンセキュリティシステム(MSS、Machine Security System)対応
    - セカンダリステアリングエネルギー源作動
    - アワーメータ
    - リターダ作動
  • シート:
    - 運転席: 完全調整可、エアサスペンション
    - 同乗者用 シートベルト付き
  • セカンダリステアリング - 電気油圧式
  • 収納:
    - カップホルダ
    - 水筒入れ
    - シート下収納
    - ドアポケット
    - 運転席後部収納
    - コートフック
  • サンバイザ
  • チルト/テレスコ機能付きステアリングホイール
  • タッチスクリーンディスプレイ(リアビューカメラビデオ画像表示機能付)
  • 巻取り式シートベルト: 運転席および同乗者用シート
  • 両側面に開閉式着色ウィンドウ
  • フロントワイパおよびウォッシャ、2段変速、間欠式
  • キャブフロントウィンドウワイパおよびウォッシャ、2段変速(リア)

CATテクノロジ

  • Product Link™: PLE631またはPLE641(地域とライセンス契約による)
  • Cat Detectスタビリティアシスト

電気系統と照明

  • メンテナンスフリーバッテリ(2個)
  • 電気系統:24 V、10 A 24 V-12 V用コンバータ
  • ホーン
  • 照明システム:
    - キャブ室内灯
    - ヘッドランプ2個
    - 車幅マーカー2個
    - 後進ライト2個
    - 作業ライト/キャブ昇降灯
    - ストップ/テールライト2個
    - フロント/リア方向指示器
  • メインディスコネクトスイッチ
  • リモート始動ソケット(ケーブルは別売)

パワートレーン

  • オートシフトトランスミッション(前進6速/後進1速)
  • Cat C13エンジン
  • Cat排出ガス低減モジュール(CEM)および排出ガス後処理装置
  • ディファレンシャル: 自動クラッチ付きインターアクスルおよびクロスアクスルディファレンシャルロックを標準装備
  • デュアルサーキット密閉湿式ブレーキ - 全輪
  • リターダ: エンジン圧縮ブレーキ
  • 3 - アクスル(6輪駆動)

安全性

  • 後退アラーム
  • リアビューカメラ
  • ROPS/FOPSキャブ

ガード

  • リアウィンドウ
  • ラジエータ
  • クランクケース
  • アクスル
  • ダンプボディフロントスピルガード

その他の標準装備品

  • マッドフラップ: ホイールアーチおよび本体取付け部、トランスポーテーションタイバック
  • S·O·Sサンプリングバルブ
  • タイヤ(750/65 R 25 6本、ラジアル)
  • 盗難防止システム:ロック式キャップ
  • 騒音低減パッケージ(欧州では標準装備)
  • 吊下げ式テールゲート

730 EJ オプション装備品

オプション装備品

  • エンジンブロックヒータ
  • 寒冷始動装置
  • Cat Production Measurementペイロードモニタリングシステム
  • 急速燃料給油システム
  • 寒冷地用クーラント(-51 °C(-60 °F)まで)
  • ボディヒーティング
  • エーテル始動
  • Bluetoothラジオステレオシステム
  • ベアリング給脂用の自動給脂装置
  • 点滅式LEDビーコン
  • 4点式シートベルト
  • 燃料添加剤 - ロウ化防止
  • 熱線入り電動リアビューミラー
  • マシンセキュリティシステム(MSS)
  • Product Link Elite: PLE631(衛星回線)、PLE641(携帯電話回線)
  • キャブルーフマウントのHID(High Intensity Discharge)作業灯
  • 騒音低減パッケージ(欧州では標準装備)
  • ヒータ/クーラ付きシート
  • 赤外線ガラス – 酷暑仕様用キャブ
  • ウィンドウブラインド
  • 車輪止め

730 EJ を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

Use the comparison tool to compare detailed specs of Cat and competitor models.

COMPARE ALL MODELS

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

生産性の向上。 効率の改善。

Cat®コンストラクションテクノロジを使用すると、機械とオペレータの生産性が向上します。

詳細

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意

インタラクティブなバーチャル製品ツアーで、730 EJ の特長とメリットをご覧ください。

730 EJのツアーを開始する
close

互換性のあるテクノロジとサービス

Caterpillarのコネクテッドデータおよびセキュリティ原則を活用することで、効率および生産性を高め、ビジネスをより収益性の高いものにすることができます。

  • アーティキュレートトラック用Cat PAYLOAD

    Cat® Production Measurementはリアルタイムで積載質量を計量し、容易に運搬可能量を最適化して、生産性を最大限に高められます。現場管理者は、自動追跡機能で資材の移動と効率測定基準をモニタすることで生産を管理し、現場効率を改善しながら、コストを低減できます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

Cat® Production Measurementはリアルタイムで積載質量を計量し、容易に運搬可能量を最適化して、生産性を最大限に高められます。現場管理者は、自動追跡機能で資材の移動と効率測定基準をモニタすることで生産を管理し、現場効率を改善しながら、コストを低減できます。

テクノロジを見る
  • Cat Detectスタビリティアシスト

    Cat Detectスタビリティアシストは、車両が不安定な角度に近づいた場合にオペレータに警告することで、作業中の車両の安定性の状態を把握しやすくし、最終的に車両の安全性と稼働時間を向上させます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

Cat Detectスタビリティアシストは、車両が不安定な角度に近づいた場合にオペレータに警告することで、作業中の車両の安定性の状態を把握しやすくし、最終的に車両の安全性と稼働時間を向上させます。

テクノロジを見る
  • CAT Productivity

    CAT® Productivityは、任意の運転規模に拡張可能なクラウドベースのアプリケーションです。Cat Production Measurementの詳細なデータ、車両データ、作業現場データが、車載のCAT Product Link™デバイスからWebプラットフォームに直接送信されます。これらのデータには、モバイルデバイス、タブレット、デスクトップデバイスを使用してどこからでもアクセスできます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Productivityは、任意の運転規模に拡張可能なクラウドベースのアプリケーションです。Cat Production Measurementの詳細なデータ、車両データ、作業現場データが、車載のCAT Product Link™デバイスからWebプラットフォームに直接送信されます。これらのデータには、モバイルデバイス、タブレット、デスクトップデバイスを使用してどこからでもアクセスできます。

テクノロジを見る
  • CAT Inspect

    CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

  • Cat Product Link

    CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

  • CAT VisionLink

    VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

  • CATアプリ

    効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

  • CATリモートフラッシュ

    リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

  • ISO 15143-3 (AEMP 2.0) API

    テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

  • My.Cat.Com

    My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

テクノロジを見る

CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

テクノロジを見る

VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

テクノロジを見る

効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

テクノロジを見る

リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

テクノロジを見る

テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

テクノロジを見る

My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

テクノロジを見る

次について現在提供中のキャンペーンを確認  730 EJ

その他のキャンペーンを見る