ホイールドーザ 814

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

エンジンモデル
Cat C7.1
Cat C7.1
定格出力(ネット)(SAE J1349:2011)
249 HP
186 kW
運転質量
48526 lb
22011 kg

概要

モバイル. 高い機動性. 優れた汎用性.

Catホイールドーザは設計段階から耐久性を考慮し、再生して何度も使用できるようにすることで、利用度を最大限に高めています。性能を最適化し、整備性を高めることで、所有および運用コストを削減しながらも、当社の機械は現場の効率性と安全性をサポートできるようになっています。
1970年代の導入以来、814は50年間にわたり、業界のリーダーとしての地位を保ち続けています。お客様の成功をサポートするため、Caterpillarは全力で取り組み新たなシリーズを導入し続けています。814は、信頼性、性能、安全性、オペレータの快適性、整備性、効率性の伝統を受け継いでいます。

利点

持続的な効率

正確な動作コントロールを実現する、先進的な工学技術で効率を高める設計

安全

視界が向上し安全なオペレーション環境が実現する、標準の安全機能を装備

強化された耐久性

数回にわたる再生を可能にしながら過酷な作業条件下でも耐えるように設計された耐久性に優れた構造

製品仕様 814

エンジンモデル Cat C7.1 Cat C7.1
定格出力(ネット)(SAE J1349:2011) 249 HP 186 kW
運転質量 48526 lb 22011 kg
定格出力(ネット)(ISO 9249:2007) 249 HP 186 kW
排出ガス 米国EPA Tier 4 Final/EU Stage V 米国EPA Tier 4 Final/EU Stage V
定格回転数 2200 r/min 2200 r/min
定格出力(グロス)(SAE J1995:201) 284 HP 212 kW
エンジン出力(ISO 14396:2002) 275 HP 205 kW
最大トルク - 1,400 rpm時 902 lb/ft 1223 N·m
トルクライズ 52 % 52 %
内径 4.1 in 105 mm
行程 5.3 in 135 mm
総行程容積(排気量) 427.8 in³ 7.01 l
ローアイドル回転数 800 r/min 800 r/min
最高標高 - 出力低下なし 9842.5 ft 3000 m
注記 表示されている定格出力は、エンジンにファン、エアクリーナ、クリーンエミッションモジュール、およびオルタネータが装備された状態で、フライホイール部で得られる出力です。 表示されている定格出力は、エンジンにファン、エアクリーナ、クリーンエミッションモジュール、およびオルタネータが装備された状態で、フライホイール部で得られる出力です。
エンジンモデル Cat C7.1 Cat C7.1
排出ガス ブラジルMAR-1および中国オフロードStage III(Tier 3/EU Stage IIIAに相当) ブラジルMAR-1および中国オフロードStage III(Tier 3/EU Stage IIIAに相当)
定格回転数 2200 r/min 2200 r/min
定格出力(ネット)(SAE J1349:2011) 249 HP 186 kW
定格出力(グロス)(SAE J1995:2014) 286 HP 213 kW
エンジン出力(ISO 14396:2002) 275 HP 205 kW
最大トルク - 1,400 rpm時 749 lb/ft 1016 N·m
トルクライズ 26 % 26 %
内径 4.1 in 105 mm
行程 5.3 in 135 mm
総行程容積(排気量) 427.8 in³ 7.01 l
ハイアイドル回転数 2270 r/min 2270 r/min
運転質量 47887 lb 21721 kg
運転質量 52280 lb 23714 kg
運転質量 51639 lb 23423 kg
冷却系統 - Tier 4 Final/EU Stage V 21.4 gal (US) 81 l
冷却系統 - ブラジルMAR-1および中国オフロードStage III(Tier 3/EU Stage IIIAに相当) 19.3 gal (US) 73 l
サービスブレーキ 単板湿式(密閉)4 WHL 単板湿式(密閉)4 WHL
回転灯頂部までの高さ 13.1 ft 3981 mm
ラジエータガード頂部までの高さ 8 ft 2453 mm
ヒッチまでの最低地上高 1.4 ft 413 mm
トランスミッションガードまでの最低地上高 1.4 ft 422 mm
バンパ底面までの最低地上高 2.3 ft 712 mm
リアアクスルの中心線からバンパまで 6.5 ft 1990 mm
プラットフォームを含む幅 10.3 ft 3145 mm
フロントタイヤまでの全長 21 ft 6356 mm
機械全長(ストレートブレードを含む) 23.6 ft 7190 mm
機械全長(石炭用ブレードを含む) 25.5 ft 7784 mm
オペレータ騒音レベル(ISO 6396) 70 dB(A) 70 dB(A)
周囲騒音レベル(ISO 6395) 111 dB(A) 111 dB(A)
注記(1) 運転者音圧レベルは、ISO 6396:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。 運転者音圧レベルは、ISO 6396:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。
注記(2) キャブ式運転室であっても、キャブが適切にメンテナンスされていない場合、ドアやウィンドウが開いている状態で長時間作業する場合、騒音の激しい環境で作業を行う場合などでは、聴覚保護具が必要になる場合があります。 キャブ式運転室であっても、キャブが適切にメンテナンスされていない場合、ドアやウィンドウが開いている状態で長時間作業する場合、騒音の激しい環境で作業を行う場合などでは、聴覚保護具が必要になる場合があります。
注記(3) 車両音響出力レベルは、ISO 6395:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。 車両音響出力レベルは、ISO 6395:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。
注記(4) オペレータ音圧レベルの不確実性は± 2 dB(A)です オペレータ音圧レベルの不確実性は± 2 dB(A)です
オペレータ騒音レベル(ISO 6396) 70 dB(A) 70 dB(A)
周囲騒音レベル(ISO 6395) 109 dB(A) 109 dB(A)
注記(1) 運転者音圧レベルは、ISO 6396:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。 運転者音圧レベルは、ISO 6396:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。
注記(2) キャブ式運転室であっても、キャブが適切にメンテナンスされていない場合、ドアやウィンドウが開いている状態で長時間作業する場合、騒音の激しい環境で作業を行う場合などでは、聴覚保護具が必要になる場合があります。 キャブ式運転室であっても、キャブが適切にメンテナンスされていない場合、ドアやウィンドウが開いている状態で長時間作業する場合、騒音の激しい環境で作業を行う場合などでは、聴覚保護具が必要になる場合があります。
注記(3) 車両音響出力レベルは、ISO 6395:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。 車両音響出力レベルは、ISO 6395:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。
注記(4) オペレータ音圧レベルの不確実性は± 2 dB(A)です。 オペレータ音圧レベルの不確実性は± 2 dB(A)です。
オペレータ騒音レベル(ISO 6396) 70 dB(A) 70 dB(A)
周囲騒音レベル(ISO 6395) 112 dB(A) 112 dB(A)
注記(1) 運転者音圧レベルは、ISO 6396:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。 運転者音圧レベルは、ISO 6396:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。
注記(2) キャブ式運転室であっても、キャブが適切にメンテナンスされていない場合、ドアやウィンドウが開いている状態で長時間作業する場合、騒音の激しい環境で作業を行う場合などでは、聴覚保護具が必要になる場合があります。 キャブ式運転室であっても、キャブが適切にメンテナンスされていない場合、ドアやウィンドウが開いている状態で長時間作業する場合、騒音の激しい環境で作業を行う場合などでは、聴覚保護具が必要になる場合があります。
注記(3) 車両音響出力レベルは、ISO 6395:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。 車両音響出力レベルは、ISO 6395:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。
注記(4) オペレータ音圧レベルの不確実性は± 2 dB(A)です。 オペレータ音圧レベルの不確実性は± 2 dB(A)です。
オペレータ騒音レベル(ISO 6396) 70 dB(A) 70 dB(A)
周囲騒音レベル(ISO 6395) 110 dB(A) 110 dB(A)
注記(1) 運転者音圧レベルは、ISO 6396:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。 運転者音圧レベルは、ISO 6396:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。
注記(2) キャブ式運転室であっても、キャブが適切にメンテナンスされていない場合、ドアやウィンドウが開いている状態で長時間作業する場合、騒音の激しい環境で作業を行う場合などでは、聴覚保護具が必要になる場合があります。 キャブ式運転室であっても、キャブが適切にメンテナンスされていない場合、ドアやウィンドウが開いている状態で長時間作業する場合、騒音の激しい環境で作業を行う場合などでは、聴覚保護具が必要になる場合があります。
注記(3) 車両音響出力レベルは、ISO 6395:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。 車両音響出力レベルは、ISO 6395:2008で規定されている試験の手順と条件に従って測定されています。この測定は、エンジン冷却ファンを最高速度にして行われました。
注記(4) オペレータ音圧レベルの不確実性は± 2 dB(A)です。 オペレータ音圧レベルの不確実性は± 2 dB(A)です。
トランスミッション型式 Catプラネタリ式パワーシフト Catプラネタリ式パワーシフト
前進 - 1速 3.7 mile/h 5.9 km/h
前進 - 2速 6.5 mile/h 10.4 km/h
前進 - 3速 11.2 mile/h 18.1 km/h
前進 - 4速 19.4 mile/h 31.3 km/h
後進 - 1速 4.2 mile/h 6.7 km/h
後進 - 2速 7.3 mile/h 11.8 km/h
後進 - 3速 12.8 mile/h 20.6 km/h
後進 - 4速 22.1 mile/h 35.5 km/h
リフト/チルトシステム - 回路 パイロット作動式LSバルブ(EH付き) パイロット作動式LSバルブ(EH付き)
リフト/チルトシステム 可変容量ピストン 可変容量ピストン
最大流量(2,200 rpm時) 23.5 gal/min 89 l/min
リリーフバルブ設定 - リフト/チルト 3190 psi 22000 kPa
複動型シリンダ - リフト、ボア、ストローク 120 mm x 915 mm(4.7 in x 36 in) 120 mm x 915 mm(4.7 in x 36 in)
シリンダ、複動式 - 左右チルト、ボア、ストローク 101.6 mm × 234 mm(4 in × 9.2 in) 101.6 mm × 234 mm(4 in × 9.2 in)
パイロットシステム オープンセンタ式、固定容量式ギヤ オープンセンタ式、固定容量式ギヤ
パイロットリリーフバルブ設定 3046 psi 21000 kPa
ステアリングシステム - サーキット パイロット(ロードセンシング) パイロット(ロードセンシング)
ステアリングシステム - ポンプ 可変容量ピストン 可変容量ピストン
最大流量(2,200 rpm時) 38.8 gal/min 147 l/min
リリーフバルブ設定 - ステアリング 4003 psi 27600 kPa
合計ステアリング角度 72° 72°
ステアリングサイクルタイム - ハイアイドル時 3 s 3 s
ステアリングサイクルタイム - ローアイドル時 8.2 s 8.2 s
燃料タンク 132.1 gal (US) 500 l
尿素水タンク 4.2 gal (US) 16 l
エンジンクランクケース 5.3 gal (US) 20 l
トランスミッション 13.2 gal (US) 50 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ - フロント 17.2 gal (US) 65 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ - リア 17.2 gal (US) 65 l
油圧系統 - 作業装置/ステアリング 34.1 gal (US) 129 l
作動油タンクのみ 19.8 gal (US) 75 l
フロント プラネタリ式 - 固定 プラネタリ式 - 固定
リア プラネタリ式 - オシレーチング プラネタリ式 - オシレーチング
オシレーション角度 ±10° ±10°
パーキングブレーキ ドラムとシュー、スプリング作動油圧開放式 ドラムとシュー、スプリング作動油圧開放式
高さ - キャブ最上部 12.1 ft 3694 mm
高さ - 排気管最上部まで 11.3 ft 3439 mm
フロントアクスルの中心線からヒッチまで 5.5 ft 1675 mm
ホイールベース 11 ft 3350 mm
チップしゃべる押土能力 37.9 yd³ 29 m³
チップシャベル運搬容量 19 yd³ 14.5 m³

814 標準装備

注記

  • 標準およびオプション装備品は異なる場合があります。詳細については、Catディーラにお問い合わせください。

パワートレイン

  • アドバンストプロダクティビティエレクトロニックコントロールシフティング(APECS)
  • エアツーエアアフタクーラ
  • 密閉油圧式湿式単板サービスブレーキ
  • Catクリーンエミッションモジュール(Tier 4 Final/Stage Vのみ)
  • 電気油圧式パーキングブレーキ
  • 電子制御クラッチ圧力制御(ECPC)
  • エンジン、Cat C7.1(2つの排出ガスオプションに対応する構成)
    – Tier 4 Final/ EU Stage V
    – ブラジルMAR-1および中国オフロードStage III(Tier 3/EU Stage IIIAに相当)
  • エンジン駆動冷却ファン(サクション)
  • 燃料プライミングポンプ(電動)
  • 燃料クーラ
  • マフラ(フード下)(ブラジルMAR-1および中国オフロードStage III(米国EPA Tier 3/EU Stage IIIAに相当))
  • ラジエータ(ユニットコア)
  • スロットルロック
  • トランスミッション(4F/4R速度段コントロール付きプラネタリ)

電気系統

  • オルタネータ(150 A)
  • メンテナンスフリーバッテリ
  • 電気系統(24 V)
  • 方向指示器(リア)
  • 照明システム(フロントおよびリア)
  • 電動スタータ

安全

  • 後進警報ブザー
  • ライト(LED警告ストロボ)オン
  • リアビジョンカメラ
  • Cat Detect: 後部物体検出(対応)
  • ミラー(室内、パノラマ式)
  • リアビューミラー(車外取付け)
  • 巻取り式シート・ベルト(76 mm(3 in)幅)
  • STICコントロールシステム(ロック装備)
  • プラットフォーム非常出口

運転席

  • 12 V電源ソケット(携帯電話またはラップトップコンピュータ用)
  • エアコン
  • プレッシャライザ機能付キャブ
  • キャブドア(スライド式ウィンドウ)(左)
  • コートフックとヘルメットフック
  • フィンガチップシフトコントロール
  • 可倒式アームレスト
  • ヒータおよびデフロスタ
  • ホーン
  • 油圧コントロール装置 - シート取付け
  • 作業装置油圧ロック
  • 計器、ゲージ類
    – 尿素水レベル(Tier 4 Final/Stage V only)
    – エンジンクーラント温度
    – 燃料レベル
    – 作動油温度
    – 速度計/タコメータ
    – トルクコンバータ温度
  • 計器類(警告インジケータ)
    – 異常警報システム(3区分)
    – ブレーキ油圧
    – 電気系統(低電圧)
    – エンジン故障/誤作動警報およびアクションランプ
    – パーキングブレーキ警告
  • 室内灯
  • ランチボックスおよびドリンクホルダ
  • 娯楽用ラジオ対応
    – アンテナ
    – スピーカ
    – コンバータ(12 V、10~15 A)
  • シート、プレミアムプラス
    -強制エアヒータおよびクーラ
    -2ウェイ大腿部アジャストメント
    -パワーランバとバックボルスタのアジャストメント
    -乗り心地の剛性アジャストメント
    -ダイナミックエンドダンプニング
    -皮革仕上げ
  • フロントサンバイザ
  • ラバーマウント取付け、着色ガラス
  • トランスミッションギヤ(インジケータ)
  • 重要情報管理システム(VIMS)
    – グラフィックインフォメーションディスプレイ
    – E外付けデータポート
    – カスタマイズ可能なオペレータプロフィール
    – リアグリル上のイベントインジケータライト
  • 湿式アームワイパ/ウォッシャ(フロントおよびリア)
    – 間欠式ワイパ(フロントおよびリア)

その他

  • ガード(クランクケースおよびパワートレーン)
  • ガード(ドライブシャフト)

寒冷地

  • エーテル始動補助装置
  • 不凍液(エクステンデッド・ライフ・クーラントの50 %混合液、-34 °C(-29 °F)まで対応)

サービス

  • エンジン非常停止スイッチ(地上から)
  • マスタディスコネクトスイッチ(地上からロック可能)
  • 緊急時始動用始動ソケット
  • サービスアクセスドア
  • エコロジードレーン(エンジン、ラジエータ、トランスミッション、作動油タンク用)
  • エンジン、クランクケース(CJ-4オイル使用で500時間の交換間隔)
  • 消火用機器対応
  • 高速オイル交換システム
  • オイルサンプリングバルブ
  • トータルハイドロリックフィルタシステム
  • エンジンプレクリーナ

効率

  • トルクコンバータ
  • ロードセンシングステアリング

その他の標準装備品

  • 尿素水タンクタンク充填ゲージ
  • 燃料タンク、500 L(132.1ガロン)
  • ドローバヒッチ(ピン付き)
  • Cat XT™ホース
  • 油圧、エンジン、トランスミッションオイルクーラ
  • 盗難防止キャップロック
  • ベンチュリスタック

814 オプション装備品

注記

  • 標準およびオプション装備品は異なる場合があります。詳細については、Catディーラにお問い合わせください。

パワートレイン

  • ヒータ(エンジンクーラント用、120 V)
  • ヒータ(エンジンクーラント用、240 V)
  • ノースピンリアアクスル

運転席

  • ラジオ(AM/FM/AUX/USB/Bluetooth®付き)

その他

  • カウンタウエイト(フロント)
  • 騒音低減(ブラジルに必須)
  • ブレード(ストレート)

寒冷地

  • 不凍液(-50 °C(-58 °F)まで)

サービス

  • 高速充填燃料
  • デュアルエンジンプレクリーナ

電気系統

  • 照明システム:、LED

騒音

  • 騒音低減

他のオプションのアレンジメント

  • シャベルアレンジメント

814 を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意

インタラクティブなバーチャル製品ツアーで、814 の特長とメリットをご覧ください。

814のツアーを開始する
close

互換性のあるテクノロジとサービス

Caterpillarのコネクテッドデータおよびセキュリティ原則を活用することで、効率および生産性を高め、ビジネスをより収益性の高いものにすることができます。

  • CAT Inspect

    CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

  • Cat Product Link

    CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

  • CAT VisionLink

    VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

  • CATアプリ

    効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

  • CATリモートフラッシュ

    リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

  • ISO 15143-3 (AEMP 2.0) API

    テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

  • My.Cat.Com

    My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

テクノロジを見る

CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

テクノロジを見る

VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

テクノロジを見る

効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

テクノロジを見る

リモートフラッシュは、Catディーラからのアラートを送信して、車両にインストールされているソフトウェアのアップデートを要求します。休車時間を最小限に抑えるために、作業現場でディーラのサービスメカニックの到着を待つことなくアップデートを展開できます。リモートフラッシュを使用するとメンテナンス時間が短縮され、最大効率での資産の運転を維持できます。

テクノロジを見る

テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

テクノロジを見る

My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

テクノロジを見る