鉱山用トラック 785

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

公称定格積載質量(33.00R51タイヤ)
153 ton (US)
139 t
定格機械総質量(33.00R51タイヤ)
550000 lb
249476 kg
定格出力(グロス)- SAE J1995
1600 HP
1193 kW

概要

鉱業界の革新的製品

高効率を目指して設計され、各種の自動化機能が装備された最新型のキャブにオペレータが着席した瞬間から、運搬の生産性が向上します。次世代の785には、新しい統合型速度コーチング機能が搭載されており、トラックを最大限生産的に運転するためのフィードバックが提供されます。トラックの応答性と制御性を強化するために、アンチロックブレーキシステム、動的安定性制御(DSC、Dynamic Stability Control)、強化されたトラクションコントロール、機械速度制限、耐ロールバック機能付きの坂道発進アシスト機能、クルーズコントロールなど多数のアップグレードが施されています。また、新しい自動ホイストコントロールによってダンプ時間が削減され、オペレータの負担が軽減されます。

利点

最大 5% サイクルタイムを削減

大型のタイヤ、高馬力オプション、テクノロジ、およびアドバンストプロダクティビティエレクトロニックコントロールストラテジ(APECS、Advanced Productivity Electronic Control Strategy)により、よりスムーズですばやいシフト操作、加速力の向上、ギヤの最適化が実現するため、サイクルタイムを削減できます。

オペレータによる オペレータのための設計

オペレータからのフィードバックを共有することによって、効率性と人間工学に配慮して設計された最新の運転席を開発することができました。体格を問わず世界中のオペレータが、快適性の向上、自動化された機能、安心感の向上を享受できるさまざまな機能が装備されています。

接続性の強化により データ転送が高速になり 情報へのアクセス性が向上

次世代のプラットフォームを採用しており、Caterpillarやサードパーティの現在と将来のテクノロジソリューションの統合が容易です。

製品仕様 785

定格出力(グロス)- SAE J1995 1600 HP 1193 kW
SAE J1349定格出力(ネット) 1509 HP 1125 kW
エンジンモデル CAT® 3512E CAT® 3512E
排出ガス定格 燃料最適化 燃料最適化
内径 6.7 in 170 mm
行程 8.5 in 215 mm
総行程容積(排気量) 3573 in³ 58.56 l
注記(1) 表示されている定格出力は、エンジンにエアインテイクシステム、排気システム、およびオルタネータが装備された状態で、フライホイール部で得られる出力です。 表示されている定格出力は、エンジンにエアインテイクシステム、排気システム、およびオルタネータが装備された状態で、フライホイール部で得られる出力です。
注記(2) 該当する市場向けに米国EPA Tier 4 Final/EU Stage Vを用意。 該当する市場向けに米国EPA Tier 4 Final/EU Stage Vを用意。
注記(3) 追加の燃料最適化された選択可能な出力定格: 1,450 hp 追加の燃料最適化された選択可能な出力定格: 1,450 hp
公称定格積載質量(33.00R51タイヤ) 153 ton (US) 139 t
定格機械総質量(33.00R51タイヤ) 550000 lb 249476 kg
公称定格積載質量(36.00R51タイヤ) 157 ton (US) 142 t
定格機械総質量(36.00R51タイヤ) 564000 lb 255826 kg
シャーシ質量(33.00R51タイヤ) 186799 lb 84731 kg
シャーシ質量(36.00R51タイヤ) 193192 lb 87631 kg
ボディ質量 57779 lb 26208 kg
注記(1) 最大タイヤ負荷については、タイヤメーカーにお問い合わせください。 最大タイヤ負荷については、タイヤメーカーにお問い合わせください。
注記(2) 標準および必須アタッチメント、ホイスト、ボディマウンチンググループ、リム、タイヤを装備した、燃料満タンおよび油水類充填時のシャーシ質量。 標準および必須アタッチメント、ホイスト、ボディマウンチンググループ、リム、タイヤを装備した、燃料満タンおよび油水類充填時のシャーシ質量。
注記(3) ボディ質量はボディの選択および構成により変わります。 ボディ質量はボディの選択および構成により変わります。
フロントアクスル - 無積載時 48% 48%
リアアクスル - 無積載時 52% 52%
フロントアクスル - 積載時 33% 33%
リアアクスル - 積載時 67% 67%
注記 質量配分をCATボディで最適化。 質量配分をCATボディで最適化。
形式 全浮動式アクスル付き2段減速プラネタリ 全浮動式アクスル付き2段減速プラネタリ
ディファレンシャルレシオ 2:10:1 2:10:1
プラネタリレシオ 10.83:1 10.83:1
総減速レシオ 22.75:1 22.75:1
前進 - 1速 7.5 mile/h 12.1 km/h
前進 - 2速 10.2 mile/h 16.3 km/h
前進 - 3速 13.8 mile/h 22.2 km/h
前進 - 4速 18.6 mile/h 29.9 km/h
前進 - 5速 25.2 mile/h 40.6 km/h
前進 - 6速 34 mile/h 54.8 km/h
後進 6.8 mile/h 11 km/h
最高速度 - 積載時 34 mile/h 54.8 km/h
注記 最高走行速度は、33.00-R51標準タイヤを使用した場合の値です。 最高走行速度は、33.00-R51標準タイヤを使用した場合の値です。
標準タイヤ 33.00R51 33.00R51
オプションタイヤ 36.00R51 36.00R51
リム 610 mm(24")リム(標準装備)。660 mm(26")リム(オプション)。 610 mm(24")リム(標準装備)。660 mm(26")リム(オプション)。
注記(1) クイック交換リムはオプションです。 クイック交換リムはオプションです。
注記(2) Caterpillarでは、すべての作業条件を検討し、タイヤメーカーとご相談の上、適切なタイヤとTKPH(TMPH)の性能を選択することをお勧めします。 Caterpillarでは、すべての作業条件を検討し、タイヤメーカーとご相談の上、適切なタイヤとTKPH(TMPH)の性能を選択することをお勧めします。
サービスブレーキ 4輪、湿式ディスク、オイル冷却式、油圧作動式 4輪、湿式ディスク、オイル冷却式、油圧作動式
フロント湿式ディスクブレーキの表面積 9487 in² 61270 cm²
リア - 湿式ディスクブレーキの表面積 13908 in² 89728 cm²
規格 サービスおよびセカンダリ: ISO 3450:2011 サービスおよびセカンダリ: ISO 3450:2011
パーキングブレーキ 4輪、マルチディスク、スプリング作動、油圧解放式 4輪、マルチディスク、スプリング作動、油圧解放式
平積み 72 m^3 / 94 yd^3 72 m^3 / 94 yd^3
山積み(SAE 2:1) 99 m^3 / 129 yd^3 99 m^3 / 129 yd^3
注記 推奨のボディについては、お近くのCatディーラにご相談ください。 推奨のボディについては、お近くのCatディーラにご相談ください。
形式 スナッビングバルブ付きツイン2段式油圧シリンダ。 スナッビングバルブ付きツイン2段式油圧シリンダ。
ポンプ流量 - 高速アイドル時 192.7 gal/min 729.6 l/min
リリーフバルブ設定 - 上げ 2500 psi 17238 kPa
ボディ上昇時間 - 高速アイドル時 15.2 s 15.2 s
ボディ下降時間 - 浮き高速アイドル時 15.9 s 15.9 s
ボディ下降時間 - 浮き低速アイドル時 16.2 s 16.2 s
ボディ出力低下 - 高速アイドル時 15.9 s 15.9 s
形式 内蔵型窒素/オイルシリンダ、ピンツーピン取付け、上下ダブルシャークレビスアタッチメント 内蔵型窒素/オイルシリンダ、ピンツーピン取付け、上下ダブルシャークレビスアタッチメント
有効シリンダストローク - フロント 12.6 in 320 mm
有効シリンダストローク - リア 6.5 in 165 mm
リアアクスル - オシレーション +/-5度 +/-5度
燃料タンク 410 gal (US) 1552 l
尿素水タンク 36 gal (US) 136 l
冷却系統 100 gal (US) 379 l
クランクケース 54 gal (US) 204 l
フロントホイール - 各個 8 gal (US) 30 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ 139 gal (US) 527 l
ステアリングタンク 29 gal (US) 110 l
ステアリングシステム - タンクを含む 45 gal (US) 170 l
ブレーキ/ホイストタンク 135 gal (US) 511 l
ブレーキホイストシステム - タンクを含む 160 gal (US) 606 l
トルクコンバータ - トランスミッションシステム - サンプを含む 46 gal (US) 175 l
エアコンディショニング HFC - 134A冷媒使用: 24,500 Btu/h HFC - 134A冷媒使用: 24,500 Btu/h
ヒータ/デフロスタ 33300 Btu/h 33300 Btu/h
注記 オペレータ音圧レベルはダイレクトドライブ使用時に77 dB(A)、オプションクラッチ使用時に75 dB(A)。ISO 6396:2008に従って試験を実施。 オペレータ音圧レベルはダイレクトドライブ使用時に77 dB(A)、オプションクラッチ使用時に75 dB(A)。ISO 6396:2008に従って試験を実施。
ROPS(標準)(1) ROPS(Rollover Protective Structure、転倒時運転者保護構造)は、運転席でISO 3471:2008、トレーナシートでISO 13459:2012を満たしています。 ROPS(Rollover Protective Structure、転倒時運転者保護構造)は、運転席でISO 3471:2008、トレーナシートでISO 13459:2012を満たしています。
FOPS規格 FOPS(Falling Objects Protective Structure、落下物保護構造)は、運転席でISO 3449:2005、トレーナシートでISO 13459:2012 Level IIを満たしています。 FOPS(Falling Objects Protective Structure、落下物保護構造)は、運転席でISO 3449:2005、トレーナシートでISO 13459:2012 Level IIを満たしています。
ステア角 36 ° 36 °
旋回半径 - ISO 7457:1997(33.00R51タイヤ) 97.75 ft 29.8 m
ステアリング基準 ISO 5010: 2007 ISO 5010: 2007
高さ - ROPS頂部まで 17.09 ft 5208 mm
ボディ全長 39.32 ft 11985 mm
内側ボディ長さ 27.29 ft 8318 mm
全長 39.23 ft 11957 mm
ホイールベース 17 ft 5180 mm
リアアクスル - テール 12.56 ft 3829 mm
最低地上高 3.29 ft 1004 mm
ダンプクリアランス 3.7 ft 1128 mm
ダンプ高さ - 空荷時 17.39 ft 5299 mm
内側ボディ深さ - 最大 9.15 ft 2790 mm
全高 - ボディを上げた状態 39.48 ft 12032 mm
運転幅 24.72 ft 7535 mm
フロントタイヤ幅の中心線 15.91 ft 4850 mm
エンジンガードクリアランス 3.41 ft 1038 mm
キャノピ全幅 24.81 ft 7562 mm
外側ボディ幅 22 ft 6714 mm
ボディ内幅 19.72 ft 6010 mm
フロントキャノピ高さ 19.8 ft 6035 mm
リアアクスル - クリアランス 3.25 ft 990 mm
リアデュアルタイヤ幅のセンターライン 14.06 ft 4285 mm
タイヤ全幅 20.59 ft 6277 mm

785 標準装備

電気系統

  • 24 V電気系統、ローメンテナンスバッテリ(2個、93アンペア時)
  • 後進警報アラーム
  • ブラシレスオルタネータ(225 A)
  • 地上からアクセス可能な電力制御ボックス: イーサネットVIMS™ポートおよびVIMSランプ、エンジンスタータ、トランスミッションおよびバッテリロックアウト
  • ジャンプスタート/バッテリ充電ソケット
  • LED積載質量インジケータランプ
  • LED照明システム: 後進ライト/ハザードライト、カーブライト(右側(1個)、左側(1個))、方向指示器(フロントおよびリア)、エンジンルームライト、ヘッドライト(ローハイビームセレクタ付き)、ラダーライトおよびサービスデッキライト、ストップライト/テールライト

油水類

  • エクステンデッドライフクーラント(—35 °C/—30 °Fまで対応)

運転席

  • 5 V USB充電ポート
  • 12 V補助電源接続
  • カップホルダ
  • 診断用接続ポートCOM3およびイーサネット
  • 遅延エンジンシャットダウン
  • ドーム型車内灯およびマップライト
  • 娯楽ラジオ対応: スピーカ、オプションアンテナ(AM/FM/WB/衛星ラジオ)、ラジオ取付け用装備および12 V電源
  • 消火用機器対応
  • フロアマット、マルチピースおよび交換可能
  • ゲージおよびインジケータパネル: オイルおよび冷却水の危険な温度、燃料および尿素水レベル(該当する場合)、エンジンシステム、ブレーキおよびトランスミッション故障インジケータ、回転式ダイヤルによりオペレータが選択可能な最大機械速度、スピードメータ、タコメータ
  • ヒーテッドミラー(左右)
  • ボディ制御用ホイスト
  • インタラクティブタッチスクリーン車両情報ディスプレイ: 昼間/夜間モード、アクションアラーム、4分割ゲージディスプレイ
  • オペレータおよびトレーナ用エアサスペンションシート
  • オペレータドアパワーウィンドウ
  • お客様のアクセサリ取り付け用設備
  • プッシュボタン式の安全な始動
  • 格納式フロントバイザ
  • ROPSキャブ(絶縁/騒音抑制型)
  • アクセス階段と通路(600 mm(24 in))
  • ステアリングホイール(チルト/伸縮機能付き)
  • AC凝縮水からキャブフロントウィンドウウォッシャ液への自動充填
  • オペレータ用装備の収納場所
  • 運転席用3点支持シートベルト
  • キャブフロントウィンドウワイパ、間欠調整/ウォッシャ
  • ユニット式油圧駆動HVAC(自動温度制御機能付き)
  • ベンチレータ付き運転席

パワートレイン

  • 33R51パワートレイン(標準リム付き)
  • CAT 3512Eエンジン: 自動エンジンおよび尿素水温度管理(該当する場合)、自動低電圧アイドリング制御、エアクリーナ(2個、プレクリーナ付き)、ターボチャージャ(4個、エアツーエアアフタクーラ付き、機械式電子ユニットインジェクタ(MEUI™-A)燃料系統、自動スタータの保護機能、自動エーテル始動補助装置
  • 油圧ブレーキシステム: リターダ自動制御(ARC、Automatic Retarder Control)(調整可能および自動)、ブレーキ解除モータ(けん引用)、エンジンの過回転防止機能、長寿命のブレーキディスク素材、坂道発進アシスト機能/後退防止戦略、オイル冷却式マルチディスク(フロントおよびリア)(サービス、制動、パーキング、セカンダリ)、ギヤセレクタに組み込まれたパーキングブレーキ
  • トランスミッション: 6速自動パワーシフト(電子制御クラッチ圧力コントロール(ECPC)付き)、アドバンストプロダクティビティエレクトロニックコントロールストラテジ(APECS、Advanced Productivity Electronic Control Strategy)、ボディアップリバースニュートラライザ、ボディアップシフトインヒビタ、ダウンシフト/リバースシフトインヒビタ、方向シフト管理、強化されたトラクションコントロールシステム、プログラム可能なトップギヤ、オイルレベルセンサ、ニュートラル時惰性走行インヒビタ、ニュートラル始動スイッチ、ロックアップ機構付きトルクコンバータ、リアアクスル連続潤滑/フィルタ
  • エアタンク付きタービンエアスタータ、エアホーン、および自動潤滑システム

その他の装備品

  • 補助“助手用”ダンピングクイックコネクト
  • 補助接続'ユーザ定義シャットダウン'
  • 補助ステアリングクイックコネクト(けん引)
  • eOMM
  • 高速充填燃料および尿素水リモート充填システム
  • 回転コンポーネント用ガード
  • 坂道発進アシスト機能
  • 油圧フィルタ(1,000時間)
  • リモートフラッシュソフトウェアおよびトラブルシューティング
  • セカンダリステアリング(自動)
  • タイオフポイント
  • けん引用フック(フロント)およびけん引用ピン(リア)
  • 作動油サイトグラス
  • S • O • S℠ポート
  • VIMS (Vital Information Management System)

CATテクノロジ製品

  • サイバーセキュリティ
  • 一体型障害物検出システム(タッチスクリーンディスプレイ付き)
  • タイヤ積載質量モニタリングシステム2(TPMS 2)
  • Product Link™ Elite:

785 オプション装備品

電気系統

  • 補助リア作業灯(左側に1個)
  • デジタル積載質量ディスプレイ
  • LED照明システム: 追加照明パッケージ、補助VIMS、ボディリア、シートおよびパーキングブレーキ
  • 工場のホーン

トラックボディ

  • MSD IIボディ: 100 m3(131 yd3)
  • デュアルスロープボディ: 78 m3(102 yd3)
  • ボディ固有のサイドウォールおよびテール伸張
  • カスタマイズ可能なボディライナパッケージ
  • ボディ熱排気
  • ロックイジェクタ
  • リアボディ照明グループ: 方向指示器、ストップライト/テールライト

油水類

  • エクステンデッドライフクーラント—50 °C(—58 °F)

運転席

  • 非常停止
  • デラックスキャブ: アドバンストキャビンフィルタシステム、リアキャブアクセスのための作業用プラットフォームおよびハンドレール、ヒータ/クーラ/ベンチレータ付きフロントシート、右側パワーウィンドウ、サスペンション付きコンパニオンシート、収納トレイ

パワートレイン

  • エアなし – 93アンペア時バッテリ(4個)による電動スタータ、電気式ホーンおよび自動潤滑システム
  • 油圧式ブレーキシステム: アンチロックブレーキシステム(ABS、Anti-lock Braking System)付きアドバンストグラウンドコントロールおよび動的安定性制御(DSC、Dynamic Stability Control)
  • 可変スピードファンドライブ
  • トランスミッション: エンジン予潤滑システム、リアアクスル連続潤滑/フィルタ(クーラ付き)

その他の装備品

  • 2,560 L(676 gal)燃料タンク(Tier 4以外)
  • ボディ熱排気
  • バンパけん引 – センターピンキット
  • 寒冷時始動(ブロックヒータ)
  • 通信アレンジメント – Minestar™無線
  • ポータブル消火器
  • 5部分クランクケースガード
  • 燃料ヒータ/燃料ウォータセパレータ
  • 燃料タンクマッドガード
  • ゲージ、ブレーキ摩耗インジケータ
  • 地上からアクセス可能なフルードサービスセンター(油圧および冷却水)
  • ハブオドメータ(キロメートル)
  • 電動アクセス階段
  • リムデフューザ
  • 車輪止め
  • ワイヤレスエレクトロニックテクニシャン(ET、Electronic Technician)
  • 高所作業用設備

CATテクノロジ製品

  • クルーズコントロール
  • 360度サラウンドビューカメラ
  • 4Gセルラー/衛星デュアルモード
  • 接続バンドル(ワイヤレスオペレータID、Bluetooth対応の始動用キーフォブを含む)
  • ドライバ安全システム(DSS)4.0対応
  • Minestar GPS
  • Minestar通信グループ(Minestar Fleet、Aux、およびTruck Spottingに対応)
  • オイル再生システム(ORS)(Tier 4以外)
  • 道路解析制御(RAC)

785 を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート