中型ホイールローダ 950 GC

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

定格出力(ネット) - ISO 9249
225 HP
168 kW
運転質量
41554 lb
18849 kg
バケット容量
2.9~4.4 m³(3.75~5.75 yd³)
2.9~4.4 m³(3.75~5.75 yd³)

概要

高い信頼性、生産性、簡単な操作

Cat® 950 GCホイールローダは、マテリアルハンドリング、トラック積込みから一般土木、ストックパイルに至るまで、現場のあらゆる作業に対応できるよう設計されました。優れた車両性能があり、保有経費とオペレーティングコストが低いため、950 GCはお客様の事業に最高の選択です。

利点

時間当たりの低い保有経費

エンジンアイドリング制御システム(EIMS)、オートアイドリングストップ機能(EIS)、可変速度ファン、およびロードセンシング油圧システムにより、燃料消費量が低く抑えられます。

操作およびメンテナンスが簡単

直感的コントロールと優れた視界により、快適な作業環境が得られるため、1日を通して効率的な作業が可能です。サービスポイントとサイトゲージがまとめて配置されているため、日常的メンテナンスが容易です。

1台の機械をさまざまな作業に活用

マテリアルハンドリング、トラック積込みから一般土木に至るまで、現場のあらゆる作業に対応できるよう設計されています。毎日の作業遂行に最適な車両として開発されたものです。

製品仕様 950 GC

more_vert
これを保存します 優先する測定単位として clear
定格出力(ネット) - ISO 9249 225 HP 168 kW
排出ガス Tier 4/Stage V Tier 4/Stage V
総行程容積(排気量) 428 in³ 7.01 l
最大定格出力(ネット) - 1,700 rpm - ISO 9249 - メートル単位 228 HP 168 kW
最大出力 - 1,700 rpm - ISO 14396 240 HP 179 kW
最大出力 - 1,700 rpm - ISO 14396 - メートル単位 243 HP 179 kW
ピーク総トルク - 1,400 rpm - SAE J1995 811 ft·lbf 1099 N·m
ピーク総トルク - 1,400 rpm - ISO 14396 805 ft·lbf 1092 N·m
エンジンモデル Cat C7.1 Cat C7.1
最大定格出力(ネット) - 1,700 rpm - ISO 9249 225 HP 168 kW
最大定格出力(ネット) - 1,700 rpm - SAE J1349 225 HP 168 kW
最大出力 - 1,700 rpm - SAE J1995 241 HP 180 kW
注記 当機のエアコンディショニングシステムにはフッ素系温室効果ガス冷媒R134a(地球温暖化係数=1,430)を使用。システムに含まれている冷媒の質量は1.9 kg(4.2 lb)で、CO2換算で2.717メートルトン(2.995米トン)に相当します。 当機のエアコンディショニングシステムにはフッ素系温室効果ガス冷媒R134a(地球温暖化係数=1,430)を使用。システムに含まれている冷媒の質量は1.9 kg(4.2 lb)で、CO2換算で2.717メートルトン(2.995米トン)に相当します。
内径 4.13 in 105 mm
行程 5.31 in 135 mm
運転質量 41554 lb 18849 kg
バケット容量 2.9~4.4 m³(3.75~5.75 yd³) 2.9~4.4 m³(3.75~5.75 yd³)
後進 - 3速 14.2 mile/h 22.8 km/h
前進 - 3速 14.2 mile/h 22.8 km/h
前進 - 1速 4.5 mile/h 7.3 km/h
前進 - 2速 8 mile/h 12.8 km/h
前進 - 4速 22.4 mile/h 36 km/h
後進 - 2速 8 mile/h 12.8 km/h
後進 - 1速 4.5 mile/h 7.3 km/h
注記 旋回半径が760 mm(30 in)の標準L3タイヤが装着された標準車両で、バケットが空荷のときの最高走行速度 旋回半径が760 mm(30 in)の標準L3タイヤが装着された標準車両で、バケットが空荷のときの最高走行速度
油圧サイクル・タイム - 合計サイクル・タイム 9.4 s 9.4 s
ステアリングシステム - ポンプタイプ ピストン ピストン
作業装置システム - 最大動作圧力(50 ± 1.5 L/min(13.2 + 0.4 gal/min)) 4047 psi 27900 kPa
作業装置システム - 最大ポンプ出力(2,390 rpm時) 68 gal/min 256 l/min
尿素水タンク 4.2 gal (US) 16 l
トランスミッション 11.9 gal (US) 45 l
燃料タンク 76.6 gal (US) 290 l
冷却系統 13.2 gal (US) 50 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ - リア 10 gal (US) 38 l
ディファレンシャル - ファイナルドライブ - フロント 10.6 gal (US) 40 l
クランクケース 4.8 gal (US) 18 l
作動油タンク 29.6 gal (US) 112 l
冷却ファン速度が最大値の場合 - オペレータ音圧レベル(ISO 6396:2008) 73 dB(A) 73 dB(A)
冷却ファン速度が最大値の場合 - 周囲音響出力レベル(ISO 6395:2008) 109 dB(A) 109 dB(A)
冷却ファン速度が最大値の場合 - 周囲音圧レベル(SAE J88:2013) 76 dB(A)* 76 dB(A)*
注記(1) *距離15 m(49.2 ft)、前進2速の場合 *距離15 m(49.2 ft)、前進2速の場合
冷却ファン速度が最大値の70 %の場合: 注記(2) EU指令"2000/14/EC"("2005/88/EC"による改訂) EU指令"2000/14/EC"("2005/88/EC"による改訂)
冷却ファン速度が最大値の70 %の場合 - オペレータ音圧レベル(ISO 6396:2008)** 73 dB(A) 73 dB(A)
冷却ファン速度が最大値の70 %の場合: 注記(1) 欧州連合加盟国およびEU指令採用国向け車両の場合 欧州連合加盟国およびEU指令採用国向け車両の場合
冷却ファン速度が最大値の場合 - 注 距離15 m(49.2 ft)、前進2速の場合 距離15 m(49.2 ft)、前進2速の場合
冷却ファン速度が最大値の70 %の場合 - 周囲音響出力レベル(ISO 6395:2008)** 107 LWA*** 107 LWA***
注記(3) ***EU指令"2000/14/EC"("2005/88/EC"による改訂) ***EU指令"2000/14/EC"("2005/88/EC"による改訂)
注記(2) **欧州連合加盟国および"EU指令"採用国向け車両の場合 **欧州連合加盟国および"EU指令"採用国向け車両の場合
ラックバック - 地上時 40 ° 40 °
高さ - 排気管最上部まで 11.17 ft 3416 mm
リアアクスルの中心線からヒッチまで 5.42 ft 1650 mm
リフト・アーム・クリアランス 12 ft 3649 mm
Bピンの高さ 13.75 ft 4188 mm
リアアクスルの中心線からカウンタウエイトの端まで 6.75 ft 2055 mm
最低地上高 1.5 ft 460 mm
ラックバック - 最大リフト時 60 ° 60 °
高さ - フード最上部まで 8.75 ft 2673 mm
ホイールベース 10.83 ft 3300 mm
高さ - ROPS頂部まで 11.33 ft 3458 mm
ラックバック - 運搬時 45 ° 45 °
注記 すべての寸法は、Maxam MS302 23.5R25 L3ラジアルタイヤ装着時の概算値です。 すべての寸法は、Maxam MS302 23.5R25 L3ラジアルタイヤ装着時の概算値です。
注記(2) *ISO(2007)14397-1第1~6項に完全適合(計算と試験間に2 %検証を義務付け)。 *ISO(2007)14397-1第1~6項に完全適合(計算と試験間に2 %検証を義務付け)。
転倒荷重 - フルターン時 – タイヤたわみなし** 25875 lb 11737 kg
掘削力 34638 lbf 154 kN
転倒荷重 - フルターン時 - ISO 14397-1* 24264 lb 11006 kg
注記(3) **ISO(2007)14397-1第1~5項に適合。 **ISO(2007)14397-1第1~5項に適合。
運転質量 41554 lb 18849 kg
注記(1) BOCEを装着した3.1 m3(4 yd3)ゼネラルパーパスバケットの場合。質量は、Maxam MS302 23.5R25 L3ラジアルタイヤ、流体類満タン、オペレータ乗車、標準のカウンタウエイト、寒冷時始動、ローディングフェンダ、Product Link™、セカンダリステアリング、騒音低減を装備した車両仕様構成の場合のものです。 BOCEを装着した3.1 m3(4 yd3)ゼネラルパーパスバケットの場合。質量は、Maxam MS302 23.5R25 L3ラジアルタイヤ、流体類満タン、オペレータ乗車、標準のカウンタウエイト、寒冷時始動、ローディングフェンダ、Product Link™、セカンダリステアリング、騒音低減を装備した車両仕様構成の場合のものです。
排出ガス Tier 4/Stage IV Tier 4/Stage IV

950 GC 標準装備

注記

  • 標準およびオプション装備品は異なる場合があります。詳細については、Catディーラにお問い合わせください。

パワートレイン

  • エンジン - Cat C7.1はTier 4 Final/Stage IV排出ガス基準に適合
  • トルクコンバータ
  • トランスミッション、自動、パワーシフト(前進4速/後進3速)、キックダウン機能、過回転保護装置
  • 油圧式密閉湿式ディスクブレーキ
  • EIMS(エンジンアイドリング制御システム)
  • EIS(オートアイドリングストップ機能)
  • ラジエータファン(電子制御、油圧駆動式、温度検出機能、オンデマンド)
  • フィルタ、燃料プライマリウォータセパレータ/セカンダリ
  • ラジエータ(ユニットコア、9.5フィン、ATAAC)
  • 始動補助機能(グロープラグ)
  • トランスミッションニュートラライザロックアウトスイッチ

油圧システム

  • ロードセンシング機能付き作業装置システム(パイロット式)
  • ロードセンシング機能付き専用ステアリングポンプ
  • ブレーキ/ファン用専用ギヤポンプ

電気系統

  • バックアップアラーム/メインディスコネクトスイッチ
  • オルタネータ(145 A、ブラシタイプ)
  • バッテリ(2個、メンテナンスフリー)
  • イグニッションキー、始動/停止スイッチ
  • 照明システム、ハロゲン(合計6個) - ハロゲン作業灯4個。ハロゲン走行ライト2個
  • 始動および充電システム(24 V)
  • スタータ(電動、ヘビーデューティ)

運転席

  • エアコン(HVAC)(吹出口10個、キャブ外にフィルタユニット)
  • バケット/ワークツール機能(油圧)ロックアウトスイッチ
  • キャブ(加圧式、騒音抑制型)
  • ハイドロフォーム製(ROPS/FOPS)構造
  • 12 V電源ソケット(10 A)
  • コートフック
  • ラジオ対応
  • リアビジョンカメラおよびディスプレイ
  • パイロット式油圧コントロール(リフト/チルト機能)
  • コンピュータモニタリングシステム
  • ゲージ類 - エンジンクーラント温度/燃料レベル。油圧/トランスミッションオイル温度。タコメータ/尿素水レベル
  • デジタルインジケータ - ギヤインジケータ。スピードメータ。サービスメータユニット。エラーコード
  • 警告インジケータ - エアインレットヒータ。電気系統不具合。エンジンインレットマニホールド温度。エンジンオイル圧力、燃料レベル。燃料圧力(高/低)。作動油レベル、パーキングブレーキ。プライマリステアリング油圧。サービスブレーキ油圧。フォールトライト、エンジン不具合。トランスミッションフィルタバイパス
  • ヒータおよびデフロスタ
  • ホーン
  • 右コンソールにカップ・ホルダとパーソナル・トレイ装備
  • シート背後の収納トレイ
  • ミラー(リアビュー、車外)
  • シート、Catコンフォートクロスシート(エアサスペンション付き)
  • シートベルト
  • ステアリングコラム(角度調整可能)
  • ワイパ/ウォッシャ(フロントおよびリア)
  • ウィンドウ(スライド式、左右)

タイヤ、リム、ホイール

  • Triangle、Maxam、ブリヂストンのタイヤをご用意しています
  • 製品は地域によって異なります。詳細については、最寄りのCatディーラにお問い合わせください。

油水類

  • -34 °C(-29 °F)までの環境で凍結防止性能を有するエクステンドライフクーラントの50 %混合液

その他の標準装備品

  • リフトおよびバケットポジショナキックアウト(電磁機械式、機械式調整)
  • カップリング(Cat Oリングフェースシール)
  • サービスアクセスドア
  • フロントフェンダ(スチール)
  • グリル(空気中の異物)
  • ドローバヒッチ(ピン付き)
  • フード(ウィングドア)
  • ホース、Cat XT
  • カウンタウエイト
  • リンケージ、Zバー、組立てクロスチューブ/チルト・レバー
  • S • O • S•O•Sオイルサンプリングバルブ
  • サイトゲージ - エンジンクーラント、作動油。トランスミッションオイルレベル
  • 診断圧力タップ
  • Product Link準備仕様

950 GC オプション装備品

注記

  • 標準およびオプション装備品は異なる場合があります。詳細については、Catディーラにお問い合わせください。

オプション装備品

  • 寒冷地始動補助(ジャケットウォータヒータ、電気式およびエーテル始動補助装置)
  • 油圧3バルブ機能(専用1軸レバー追加レベル)
  • クイックカプラコントロール
  • リミテッドスリップディファレンシャル
  • ライドコントロール
  • エアサスペンションシート
  • セコンダリステアリング(電子制御式)
  • リバース冷却ファン(自動/手動制御)
  • ツールボックス
  • リアサンバイザ
  • 大容量コンバータ、12 V/15 A
  • 警告回転灯
  • 追加作業灯(4個、ハロゲンまたはLED)
  • ラジオ
  • フェンダ エクステンション/ローディング

950 GC を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

more_vert
これを保存します 優先する測定単位として clear

Use the comparison tool to compare detailed specs of Cat and competitor models.

COMPARE ALL MODELS

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意

互換性のあるテクノロジとサービス

Caterpillarのコネクテッドデータおよびセキュリティ原則を活用することで、効率および生産性を高め、ビジネスをより収益性の高いものにすることができます。

  • ホイールローダ用後方障害物検出

    ホイールローダ用後方障害物検出は2つの部分に分かれた、死角への注意を改善するシステムです。レーダにより安全近接ゾーンに障害物が入った場合に音声と視覚で警告を発し、カメラにより後進時に車両の背後にあるものを見ることができます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

ホイールローダ用後方障害物検出は2つの部分に分かれた、死角への注意を改善するシステムです。レーダにより安全近接ゾーンに障害物が入った場合に音声と視覚で警告を発し、カメラにより後進時に車両の背後にあるものを見ることができます。

テクノロジを見る
  • CAT Inspect

    CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

  • Cat Product Link

    CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

  • CAT VisionLink

    VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

  • CATアプリ

    効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

  • ISO 15143-3 (AEMP 2.0) API

    テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

  • My.Cat.Com

    My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Inspectを使用すると、モバイルデバイスで機器データにアクセスできます。この使いやすいアプリで検査データを取得し、他のCATデータシステムと統合することによって、車両を監視できます。毎年100万件を超える検査が実施され、機器のオーナーの利便性を高め、説明責任を果たしています。

テクノロジを見る

CAT® Product Link™は、オーナーと機器をワイヤレスで接続し、車両の性能に関する有益な情報を提供します。オンラインのWebアプリケーションから車両の位置、稼働時間、燃料消費量、生産性、アイドリング時間、診断コードなどの情報を入手することで、事実に基づく決定を適時に行い、効率性を最大にし、生産性を向上させて、車両の所有コストとオペレーティングコストを低減することができます。衛星または携帯電話による接続でも利用可能です。

テクノロジを見る

VisionLinkを使用すると、車両情報をオンラインで表示できます。情報に基づいて判断できるため、生産性が大幅に高まり、コストの削減とメンテナンスの簡便化が促進され、作業現場の安全性が向上します。さまざまなサブスクリプションレベルのオプションが用意されており、車両を最適化して収益をアップするために本当に必要な設定ができるようにCatディーラがお手伝いします。

テクノロジを見る

効率的な機械管理を行うにはCATアプリが必要です。機器の位置と状態の追跡、サービスと部品の注文、テレマティクスデバイスのアクティベートを、モバイルデバイスから直接行うことができます。以前は車両の状態を24時間365日把握しておくことは容易ではありませんでした。

テクノロジを見る

テレマティクスデータをアプリケーションにインポートして、機械管理を改善できます。CaterpillerのAPIはAEMP 2.0標準とISO 15143-3標準を満たしており、複数種類の車両に最適です。

テクノロジを見る

My.Cat.Comは、複雑な情報を簡単に把握できる、デジタル機械管理のためのWebベースのハブです。コスト、稼働率、信頼性、経過時間の情報、および業務をより効率的かつ効果的に実施するために必要なその他の重要なデータをモニタリングします。機器の情報へのアクセスとCatディーラとの接続を1か所で行います。

テクノロジを見る
  • CAT Productivity

    CAT® Productivityは、任意の運転規模に拡張可能なクラウドベースのアプリケーションです。Cat Production Measurementの詳細なデータ、車両データ、作業現場データが、車載のCAT Product Link™デバイスからWebプラットフォームに直接送信されます。これらのデータには、モバイルデバイス、タブレット、デスクトップデバイスを使用してどこからでもアクセスできます。

1 - 8 / 9 Items 項目
前へ 次へ

CAT® Productivityは、任意の運転規模に拡張可能なクラウドベースのアプリケーションです。Cat Production Measurementの詳細なデータ、車両データ、作業現場データが、車載のCAT Product Link™デバイスからWebプラットフォームに直接送信されます。これらのデータには、モバイルデバイス、タブレット、デスクトップデバイスを使用してどこからでもアクセスできます。

テクノロジを見る