ミニ・ホイール・ローダ 914

見積りを請求する ディーラを検索する

重要な仕様

エンジンモデル
CAT C3.6
CAT C3.6
定格出力
82 kW
82 kW
運転質量
19103 lb
8668 kg

概要

成功を約束する構成

Cat® 914コンパクトホイールローダには、C3.6エンジン、最適化されたCAT Zバーローダリンケージ、多種多様なワークツール、最先端の電気油圧システム、調整済みのドライブトレーン、周囲全体を見渡せるキャブ、さらに長くなった整備間隔と優れた整備アクセス、標準装備の燃料節約機能が備わっています。

利点

10% 出力の向上

強力なオプション コンパクトローダ

9% 能力の強化*

*914アグリゲイトハンドラのみ。

製品仕様 914

エンジンモデル CAT C3.6 CAT C3.6
定格出力 82 kW 82 kW
定格出力(ネット)- 定格エンジン回転数 2200 r/min 2200 r/min
最大定格出力(グロス) - 定格エンジン回転数 1800 r/min 1800 r/min
最大定格出力(グロス) - ISO 14396(メートル単位) 112 HP 112 HP
定格出力(ネット)- SAE J1349 99 HP 74 kW
定格出力(ネット) - ISO 9249 98 HP 73 kW
最大定格トルク(グロス) - SAE J1995 335 ft·lbf 454 N·m
最大定格トルク(グロス) - ISO 14396 332 ft·lbf 450 N·m
最大正味トルク - SAE J1349 329 ft·lbf 446 N·m
最大定格出力(グロス) - ISO 14396 110 HP 82 kW
最大トルク(ネット) - ISO 9249 327 ft·lbf 443 N·m
総行程容積(排気量) 220 in³ 3.6 l
内径 3.85 in 98 mm
行程 4.72 in 120 mm
排出ガス エンジンはTier 4 Final/Stage Vの各排出ガス基準に適合しています。 エンジンはTier 4 Final/Stage Vの各排出ガス基準に適合しています。
注記 表示されている定格出力(ネット)は、エンジンにファン、エアクリーナ、マフラおよびオルタネータが装備された状態で、フライホイールとフロントドライブ作業装置ポンプで得られる出力です。 表示されている定格出力(ネット)は、エンジンにファン、エアクリーナ、マフラおよびオルタネータが装備された状態で、フライホイールとフロントドライブ作業装置ポンプで得られる出力です。
運転質量 19103 lb 8668 kg
バケット容量 1.3 ~ 1.9 m3(1.7 ~ 2.5 yd3) 1.3 ~ 1.9 m3(1.7 ~ 2.5 yd3)
バケット容量 - ライトマテリアル 2.5 ~ 3.5 m³(3.3 ~ 4.6 yd³) 2.5 ~ 3.5 m³(3.3 ~ 4.6 yd³)
バケット容量 - ゼネラルパーパス 1.3 ~ 1.9 m³(1.7 ~ 2.5 yd³) 1.3 ~ 1.9 m³(1.7 ~ 2.5 yd³)
ステアリングホイール回転数 - 左フル回転から右フル回転、または右フル回転から左フル回転 3.75 回転数 3.75 回転数
最大流量 - ステアリングポンプ 22 gal/min 82 l/min
ステアリングサイクルタイム - 左フル回転から右フル回転 - 2,350 rpm: 90 rpmのステアリングホイール回転数時 2.8 s 2.8 s
最大作動圧 - ステアリングポンプ 3263 psi 22500 kPa
ステアリングアーティキュレート角度 - 各方向 40 ° 40 °
油圧サイクルタイム - ダンプ、最大リーチ時 1.4 s 1.4 s
リリーフ圧力 - チルトシリンダ 4931 psi 34000 kPa
リリーフ圧力 - チルトシリンダ - 第3機能最大作動圧 3046 psi 21000 kPa
最大流量 - 作業装置ポンプ - 第4機能、最大流量 24 gal/min 90 l/min
油圧サイクルタイム - 浮き下げ、最大リフト位置からグラウンドレベルまで 3.7 s 3.7 s
最大流量 - 作業装置ポンプ 39 gal/min 148 l/min
最大作動圧 - 作業装置ポンプ 4061 psi 28000 kPa
油圧サイクルタイム - 合計サイクルタイム 12.5 s 12.5 s
油圧サイクルタイム - 上げ、グラウンドレベルから最大リフト位置まで 5.2 s 5.2 s
最大流量 - 作業装置ポンプ - 第3機能、最大流量、高速 32 gal/min 120 l/min
油圧サイクルタイム - ラックバック 2.2 s 2.2 s
最大流量 - 作業装置ポンプ - 第3機能、最大流量、標準 24 gal/min 90 l/min
リリーフ圧力 - チルトシリンダ - 第4機能最大作動圧 3046 psi 21000 kPa
冷却系統 5.7 gal (US) 21.5 l
燃料タンク 43.6 gal (US) 165 l
アクスル - フロントセンターディファレンシャル 2 gal (US) 7.5 l
尿素水タンク 4.8 gal (US) 18 l
アクスル - リアセンターディファレンシャル 2 gal (US) 7.5 l
トランスミッション 0.8 gal (US) 3.2 l
油圧システム - タンクを含む 25.9 gal (US) 98 l
エンジンクランクケース 2.6 gal (US) 10 l
作動油タンク 14.5 gal (US) 55 l
注記 CAT SCR(Selective Catalytic Reduction、選択式触媒還元)システムで使用する尿素水は、国際標準化機構(ISO、International Organization for Standardization)規格22241-1の要件を満たしている必要があります。 CAT SCR(Selective Catalytic Reduction、選択式触媒還元)システムで使用する尿素水は、国際標準化機構(ISO、International Organization for Standardization)規格22241-1の要件を満たしている必要があります。
注記 *クリーパコントロールでは、停止状態から10 km/h(6.3 mph)の範囲で回転数を制御できます。クリーパコントロールは速度段1でのみ動作します。 *クリーパコントロールでは、停止状態から10 km/h(6.3 mph)の範囲で回転数を制御できます。クリーパコントロールは速度段1でのみ動作します。
前進および後進 - 速度段2* 12.5 mile/h 20 km/h
前進および後進 - 速度段3 25 mile/h 40 km/h
前進および後進 - 速度段1* 6.3 mile/h 10 km/h
標準サイズ 17.5 R25 L2 XTLA 17.5 R25 L2 XTLA
その他の選択肢 17.5 R25 L3 XHA2、17.5-25 L2/L3 SGL、17.5-25 L3 HRL D/L-3A、17.5 R25 L2スノー、17.5 R25ソリッド 17.5 R25 L3 XHA2、17.5-25 L2/L3 SGL、17.5-25 L3 HRL D/L-3A、17.5 R25 L2スノー、17.5 R25ソリッド
注記(2) 用途によっては、ローダの作業能力がタイヤのトン-km/h(トン-mph)能力を超える場合があります。 用途によっては、ローダの作業能力がタイヤのトン-km/h(トン-mph)能力を超える場合があります。
注記(3) Caterpillar社では、タイヤサプライヤと相談してすべての条件をご検討の上、タイヤモデルを選択することをお勧めします。 Caterpillar社では、タイヤサプライヤと相談してすべての条件をご検討の上、タイヤモデルを選択することをお勧めします。
注記(1) 他のタイヤの選択肢もご用意しています。詳細については、Catディーラにお問い合わせください。 他のタイヤの選択肢もご用意しています。詳細については、Catディーラにお問い合わせください。
ROPS ISO 3471: 2008 ISO 3471: 2008
FOPS EN ISO 3449:2008(ISO 3449:2005) EN ISO 3449:2008(ISO 3449:2005)
注記(3) ラベル表示されているCEマーク適合コンフィギュレーションの音響出力レベル(2000/14/EC(2005/88/ECにより改定)に規定される試験方法および試験条件に従って測定した場合)は103 dB(A)です。 ラベル表示されているCEマーク適合コンフィギュレーションの音響出力レベル(2000/14/EC(2005/88/ECにより改定)に規定される試験方法および試験条件に従って測定した場合)は103 dB(A)です。
注記(4) *この測定はキャブのドアとウィンドウを閉めた状態で実施しました。 *この測定はキャブのドアとウィンドウを閉めた状態で実施しました。
注記(2) キャブが適切に取り付けられ、整備されている場合、ISO 6396:2008*に基づき公示されている動作時の運転者音圧レベルは77 dB(A)です。 キャブが適切に取り付けられ、整備されている場合、ISO 6396:2008*に基づき公示されている動作時の運転者音圧レベルは77 dB(A)です。
注記(1) キャブおよび転倒時運転者保護構造(ROPS, Rolleover Protective Structure)は、北米とヨーロッパでは標準装備です。 キャブおよび転倒時運転者保護構造(ROPS, Rolleover Protective Structure)は、北米とヨーロッパでは標準装備です。
リア 揺動角±11 °、ディファレンシャルロック(標準) 揺動角±11 °、ディファレンシャルロック(標準)
フロント 固定、ディファレンシャルロック(標準) 固定、ディファレンシャルロック(標準)

914 を、よく比較される製品と比べて、違いを確認してみてください。

ツールと各段階でのエキスパートによるサポート

製品パンフレットなどをダウンロードできます!

主要なスペック、製品のパンフレットなどをご用意しています。追加情報が必要な場合は、以下に登録してください。このフォームをスキップする.

マーケティングの同意