C7 ACERT™(乾式マニホールド)

< 戻る

ファイナンス&保険
詳細
製品カタログダウンロード
はい、Caterpillar Inc.、その全世界の関連会社や子会社、およびCatディーラネットワークから今後マーケティングに関するお知らせ(電子メールなど)を受け取ります。このマーケティングに関するお知らせを受け取っているかどうかにかかわらず、Caterpillarとのお支払いに関するメッセージを含め、サービスや取引に関するメッセージは引き続き送信されます。

C7 ACERT™(乾式マニホールド) 標準装備

エアインレットシステム
  • ターボチャージャ、エアツーエアアフタクーリング
  • エアインレット、左側部フロントフェーシング、79.0 mm(3.11 in)接続

コントロールシステム
  • 電子制御ガバナ、PTO回転数制御
  • プログラム可能な定格
  • コールドモード始動方策
  • 自動標高補正
  • 燃料温度に合わせた出力補正
  • プログラム可能な低速/高速アイドルおよびTEL
  • 電子診断と故障記録
  • プログラマブルモニタリングシステム(回転数、温度、圧力)
  • J1939ブロードキャスト(診断およびエンジンステータス)
  • 自動可変タイミング、電子制御
  • すべてのエンジンを最大定格rpm値に設定して出荷

クーリングシステム
  • サーモスタットとハウジング、垂直アウトレット
  • ジャケットウォータポンプ - ベルト駆動、遠心式
  • ウォータポンプ、インレット右側フロント垂直インレット(下向き)

排気システム
  • 排気マニホールド - 乾式
  • フロントターボ排気

燃料システム
  • ハイドロリック電子ユニット噴射(HEUI)
  • 燃料フィルタ - セカンダリ、左側フロント(高性能2ミクロン)
  • 燃料トランスファポンプ - 左側フロント
  • 燃料プライミングポンプ - 左側フロント

一般情報
  • バイブレーションダンパ
  • 塗装 - Catイエロー
  • リフティングアイ
  • 電子部品取付けキット(コネクタ、ピン、ソケット)

潤滑システム
  • クランクケースブリーザ、左側部
  • オイルクーラ、右側
  • オイルフィラ、フロント上部バルブカバー
  • オイルフィラおよびサンプリングバルブ、右側
  • オイルパン、フロントサンプ、31 L(33 qt)オイル交換容量
  • オイルレベルゲージ、左側リア
  • エンジンオイルポンプ(ギヤ駆動)
  • エンジンにはオイルを入れずに出荷

パワーテイクオフ
  • クランクシャフトドライブプーリ - 2つの溝、直径190 mm(7.5 in)、幅22.3 mm(0.88 in)

C7 ACERT™(乾式マニホールド) オプション装備品

エアコンプレッサ
  • エアコンプレッサ
  • エアコンプレッサガバナ

エアインレットシステム
  • エアクリーナ
  • プレクリーナ
  • エアインレットエルボ
  • エアシャットオフ

充電システム
  • 充電オルタネータ
  • オルタネータマウント
  • オルタネータベルトテンショナ
  • オルタネータプーリ
  • オルタネータガード

クーリングシステム
  • ラジエータ
  • ファンドライブおよびプーリ - ラジエータパッケージ用
  • ファン(ラジエータパッケージ用)
  • 冷却水レベルセンサ
  • ファンドライブマウンチング
  • ファンアダプタ
  • ファンアダプタ、ブロワーファン用
  • ファンプーリ
  • ファンの高さ指示
  • Vベルト(お客様が用意したラジエータ用)
  • サクションファンおよびブロワーファン
  • ウォータインレットエルボ
  • 乾式チャージクーラントコンディショナ

排出ガス認証
  • IMO認証

排気システム
  • フレキシブルフィッティング
  • ターボチャージャ排気アウトレットアダプタ
  • エルボ、フランジ、パイプ、クランプ
  • レインキャップ
  • マニホールド
  • マフラ

フライホイールおよびフライホイールハウジング
  • クランクシャフトシール

燃料システム
  • フレキシブル燃料ライン
  • ウォータセパレータおよび燃料フィルタ
  • 燃料クーラ

一般情報
  • 工具セット

計器類
  • ゲージおよびインストルメントパネル
  • 相互接続ハーネス
  • 電圧計
  • ゲージマウンチング
  • 電流計

潤滑システム
  • オイルパン
  • ドレーンおよびカバー
  • 燃料レベルゲージ
  • リモートオイルフィルタ
  • オイルフィラ
  • 潤滑油
  • フュームディスポーザル

マウンチングシステム
  • 構造鋼製ベース
  • フロントエンジンサポート
  • リアエンジンサポート

パワーテイクオフ
  • 密閉式クラッチ
  • クラッチサポート
  • フライホイールスタブシャフト
  • 油圧ポンプドライブ
  • ハイドロリックギヤポンプ

始動システム
  • 始動補助装置
  • スタータモータ - 12 Vおよび24 V
  • バッテリセット - 12 Vおよび24 V(乾式)
  • バッテリケーブル

概要

Cat C7 ACERTエンジンは、要求の高い油田での使用に最適のソリューションです。 何十年にも及ぶ現場での作業、精力的な研究、開発により、Cat C7 ACERTエンジンは、低いオペレーティングコストおよび排出ガスで優れた性能を提供します。 C7 ACERTエンジンを利用する用途には、ポンプスキッド、酸処理ユニット、セメンチングユニット、コイル配管ユニット、油圧装置などがあります。 Catエンジンは、全世界のCatディーラネットワークがいつでも技術サポート、整備、部品、保証を提供するため安心です。 C7 ACERTエンジンの定格: 1,800~2,200 rpm時168~224 bkW(225~300 bhp)で、中国Stage IIに適合し、EPA Tier 3およびEU Stage III相当の排出ガス基準に適合。 これらの定格は、U.S. EPAおよびEU Flexibilityにより利用でき、他の規制地域や非規制地域でも利用できます。

一般仕様書

最低定格 225.0 BHP 168.0 bkW Less
最高定格 300.0 BHP 223.0 bkW Less
ガバナと保護 エレクトロニック(ADEM™ 3) エレクトロニック(ADEM™ 3) Less
吸気方式 ターボチャージャ/アフタクーラ付き ターボチャージャ/アフタクーラ付き Less
総行程容積 441.8 in³ 7.2 l Less
フライホイールおよびフライホイールハウジング SAE 1、2、3のいずれか SAE 1、2、3のいずれか Less
フライホイール歯数 156(SAE 1)、134(SAE 2)、126(SAE 3) 156(SAE 1)、134(SAE 2)、126(SAE 3) Less
回転方向(フライホイール側から見て) 反時計方向 反時計方向 Less
ストローク 5.0 in 127.0 mm Less
内径 4.3 in 110.0 mm Less

排出ガス規制

排出ガス規制 EPAおよびCARB Non-Road Tier 3、EU Stage IIIA、IMO Tier II EPAおよびCARB Non-Road Tier 3、EU Stage IIIA、IMO Tier II Less

寸法

長さ 41.4 in 1052.0 mm Less
29.9 in 759.0 mm Less
高さ 40.6 in 1031.0 mm Less
質量 1386.0 lb 629.0 kg Less

液体容量

潤滑油システム(補充) 4.8 ガロン 18.0 l Less

エンジンの設計

- エンジンの信頼性と強度 - 頑丈なディーゼル強度設計により長寿命、低所有コスト、低オペレーティングコスト - 幅広い運転スピード - 質量が重要な用途に適した高出力密度軽量エンジン - 幅広い出力範囲により優れたポンプ性能を発揮

豊富なアタッチメント

多彩な工場取付けエンジンアタッチメントにより、パッケージング時間を短縮

試験

すべてのエンジンで全負荷試験が実施され、適切なエンジン性能が確保されています。

世界のCatディーラを通じて提供される製品サポート

- 2,200を超えるディーラ販売店 - Catの工場でトレーニングを受けたディーラの整備者が、お客様の石油産業エンジンのあらゆる側面を整備 - Catの部品および工賃保証 - 故障前修理オプションが利用できる予防メンテナンス契約 - S•O•SSMプログラムにより、お客様のオイルおよびクーラントのサンプルをCaterpillarが設定した基準に照らして次を判断: - エンジン内部コンポーネントの状態 - 不要な液体の有無 - 燃焼副産物の有無 - 現場に合わせたオイル交換間隔

ウェブサイト

すべての石油産業用動力要件については、www.catoilandgasinfo.comをご覧ください。

進歩したデジタルエンジン制御

ADEM A3コントロールシステムには、イグニッション、回転数の管理、保護、制御が統合されています。爆発検出可変点火タイミングも含まれます。 ADEM A3では、ユーザインターフェイス、ディスプレイシステム、シャットダウンコントロール、システム診断が向上しています。